いいや 押すね。 【Tkinter】ボタン(Button)の使い方

トラフィック・ジャム

いいや 押すね

概要 「」終盤ののセリフ。 スラングとしては押してはいけないもの 挑戦者、など を押すシチュエーションで用いられる事が多く、特に「」の返しや単純に「」と大差ない用法として扱われやすい。 その他にも美少女キャラのを押すシチュエーションのイラストにも使われている。 元ネタ原形 「来るか! …『』はおまえに出会いたくない「一心」で発現した能力だ!…近づいて来いッ! 「時」を止めてみろッ! 何秒 止められる? このわたしをもっと追いつめるがいい! その限界の「ギリギリさ」が再び きっと!! 『バイツァ・ダスト』を発現させるのだッ! 」 「承太郎さん! 「時」を止めろッ! 『』の「スイッチ」を押させるなッ! 」 吉影「『今だッ』! いいや! 「限界」だッ! 押すねッ! 」 の賭けに敗れを強制解除させられ、に実父で共犯者でもあるを葬り去られ、にを奪われ、さらに・・という最も出会いたくなかった3人に正体を悟られ追い詰められた吉良。 しかし自分の怪我を治療するため不用意に近づいてきたという「人質」にするためのカモ、正体を悟られたくない天敵が一ヶ所に集まった状況、そして何より現在の絶望的な心理状態という絶好の条件が揃った事から吉良は看護師に自らのを打ち明けた後、再び 「」を発現する賭けに出る。 吉良が絶望すればするほど成功率は上がるため自らの元へ近づく承太郎をギリギリ近くまでおびき寄せる。 そして、タイミングを見計らって「バイツァ・ダスト」のスイッチを押した時に吉良が言ったのがこのセリフである。 しかし冒頭の「今だッ! 」がぶった切られて定着してしまったのは、本編では吉良の死亡が確認したあとフラッシュバックで同じセリフが 「いいや! 限界だ押すね! 今だッ! 」となぜか倒置して描き直されネットではこちらの方が一般的に広まってしまったためである。 関連イラスト.

次の

いいや!限界だ押すね! [ニコニコあっぷる]

いいや 押すね

Tkinterのボタン(Button)ウィジェットの使い方について解説します。 ボタン(Button)は文字や画像を表示し、その名の通りユーザーがマウスでクリックすることでそのボタンを「オン」にすることができるウィジェットです。 ボタン(Button)ウィジェットの生成 ButtonはTkinterのウィジェットクラスの1つで、マウスでクリックすることで状態を「オン」にすることができるボタンを生成できます。 Buttonウィジェットを生成して配置するには他のウィジェット同様次のように記述します。 import tkinter as tk tk. Frameを継承したApplicationクラスを作成 class Application tk. master. title "ウィンドウのタイトル" 実行内容 self. pack self. label1. pack button1ウィジェットを作成 self. button1. mainloop このように出っ張っていて押すとへこむボタンを作成することができます。 ボタン(Button)が押された時の処理 このボタンにはまだ「押された時の処理」を定義していないため、押すとへこむ以外の機能はありません。 ボタンを押した時の処理を追加するにはButtonを作成する際、command引数に処理内容を渡すよう記述します。 import tkinter as tk tk. Frameを継承したApplicationクラスを作成 class Application tk. master. title "ウィンドウのタイトル" 実行内容 self. pack self. label1. quit メインループの終了 self. button1. 24行目で使用しているquit は全てのウィジェットに実装されているユニバーサルメソッドのひとつです。 表示されるウィンドウは先ほどとおなじですが、今度はボタンをクリックするとアプリケーションが終了します。 ボタン(Button)で使えるオプション引数 Buttonウィジェットを作成する際は次のオプション引数を使用することができます。 属性 説明 値 anchor ボタン上のテキストの位置 tk. CENTER(中央) tk. W(左寄せ) tk. E(右寄せ) tk. N(上寄せ) tk. S(下寄せ) tk. NW(左上) tk. SW(左下) tk. NE(右上) tk. SE(右下) bd or borderwidth ボーダーの幅を指定します 数値(ピクセル単位) bg or background ボタンの背景色を指定します red,blue,grayなど bitmap ボタンに表示する bitmap を指定します command ボタンを押した時に呼ばれる関数を指定します 関数名 cursor カーソルの形を指定します default ボタンの状態の初期値 tk. NORMAL(通常) tk. DISABLED(押せないボタン) disabledforeground ボタンが押せない状態のときの文字色 red,blue,grayなど fg or foreground フォントの色を指定します font テキストのフォントの種類や大きさを指定します フォント名、文字の大きさ(数値)など height ボタンの高さを指定します 数値(テキストの場合は行単位、画像の場合はピクセル単位) image ボタンに貼る画像ファイルを指定します 画像ファイルへのパス justify テキストが複数行にわたる場合、左寄せ、右寄せ、中央寄せを指定します padx 横の余白 数値(ピクセル単位) pady 縦の余白 数値(ピクセル単位) relief ボーダー部分の浮き彫りを指定します flat,raised,sunken,groove,ridge state ボタンの状態を指定 tk. NORMAL(通常) tk. DISABLED(押せないボタン) tk. pressed(押したまま) text 表示する文字列を指定します 任意の文字列 textvariable ボタン上に表示する tk. StringVar 変数名 underline 下線をつける文字の位置を指定 数値(n文字目に付ける) width button の幅 数値(テキストの場合は行単位、画像の場合はピクセル単位) wraplength 改行幅 数値(ピクセル単位) 試しにいくつかのオプションを使って先ほどのコードを変更してみましょう。 import tkinter as tk tk. Frameを継承したApplicationクラスを作成 class Application tk. master. title "ウィンドウのタイトル" 実行内容 self. pack self. label1. pack button1ウィジェット self. button1. mainloop.

次の

いいや!限界だ押すね!

いいや 押すね

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の