ウォンドル 相場。 ウォン対ドル相場は韓国政府ウォン防衛ライン1210を突破し、13日午後1223.51に達...

韓国は財政危機ですが1ドルが何ウォンになったときが韓国が財政...

ウォンドル 相場

ウォン相場がむなしく急落している。 先月初め1ドル=1130ウォン台序盤水準だったウォンの対ドル相場は1カ月で50ウォン以上のウォン安ドル高となる1ドル=1180ウォンに達した。 10日には取引時間中に1182.90ウォンまでドル高が進んだ。 2017年1月17日以降2年4カ月来のウォン安水準だ。 最近の上昇幅だけ見ると経済危機に直面したアルゼンチンなどと同水準だ。 ウォン相場は昨年7月からの9カ月間にわたり1115~1135ウォン水準のボックス相場を守り横ばいだった姿と180度変わった。 9日と10日にはわずか数分で3~4ウォンの急騰落を見せる不安な様相を見せた。 為替差損を懸念した外国系資金が韓国市場から離脱することにならないかとの懸念が頭を上げている。 為替相場をめぐる3種類の争点を探ってみた。 (1)ウォン下落だけが速い理由 ウォン相場は9日に1179.80ウォンまでウォン安ドル高が進みウォンは年初来安値を記録した。 4月以降の下落率は4.06%だ。 同じ期間に主要先進国と新興国のうち韓国より対ドル相場下落幅が大きい国は深刻な高物価と経済難に苦しめられるトルコ、アルゼンチン程度にすぎない。 米国と貿易紛争を行う当事国である中国も下落幅は1.72%にとどまった。 ウォン下落が米中貿易摩擦の影響だけとみるのは厳しいという話だ。 専門家らは対外変数のほかに国内景気沈滞の懸念が反映された影響とみている。 淑明女子大学経済学科のシン・セドン教授は、「輸出不振が長期化するという見通しからドルを先取りしようとする需要が増えウォン下落幅を拡大した」と解釈した。 KEBハナ銀行のソ・ジョンフン首席研究委員は「1-3月期のマイナス成長がグローバル投資家に相当な不安感を抱かせウォン急落につながった」と説明した。 この1カ月間でウォン相場が最も大きく下がった時期は1-3月期の成長率が発表された先月25日を前後した3日間だった。 ここにしばらく水面下にあった対北朝鮮リスクが再び浮上した点もウォン安をあおったと分析される。 (2)ウォン相場あとどれだけ下がるか 為替相場は短期的に米中貿易交渉の進展状況に沿って動く見通しだ。 専門家らは交渉妥結が不透明になる場合、1ドル=1190ウォンも突破すると予想している。 この場合1200ウォンが1次抵抗線の役割をするものとみられる。 ウリィ銀行のミン・ギョンウォン研究員は「これまでウォンが下がるたびに輸出業者のドル売りが出てこれを押さえたが最近では輸出企業も『さらにウォン安が進むだろう』という認識で観望している。 交渉結果により短期的に1200ウォンをタッチする可能性が大きい」と話す。 ソ研究委員は「米国が結局関税を引き上げたが、ここに中国の報復措置が現実化されるならば貿易摩擦は全面戦争になりウォン安は手のほどこしようもない状況になる可能性もある」と予想した。 専門家らは「反対に貿易交渉が妥結の兆しを見せるならば為替相場が短期的にウォン上昇傾向に転じるだろう。 だが中長期的には国内景気懸念のため為替相場がウォン安基調を維持する可能性が高い」と予想した。 (3)資金流出の可能性はないか 今年に入り韓米間の市場金利逆転幅が大きくなった中で為替相場までウォン安が進み外国人資金が韓国から流出しないかとの懸念も出ている。 外国人投資家は10日の有価証券市場で今年に入り最大規模で株式を処分した。 シン教授は「市場から資金を引き上げるからとすぐに韓国を離れるとみることはできない。 大規模離脱の兆候は見当たらない」とした。 ソウル大学経済学部のキム・ソヨン教授も「韓国債券に投資する外国人投資家の中には政府系ファンドなど長期投資家の割合が高く短期的な為替相場の動きや米中貿易対立に敏感に反応したりはしないだろう」と話す。 韓国景気に対する懸念がさらに拡大すれば資金離脱が現れる可能性を排除できないという分析も出ている。 キム教授は「4月の経常収支まで赤字に転落すれば外国人投資家が韓国経済は深刻だというシグナルと受け止めポートフォリオを調整する可能性がある」と話した。

次の

韓国 ウォン に対する 米 ドル の為替レートのグラフ: 過去の為替レート (180 日グラフ)

ウォンドル 相場

18時過ぎにウォンドル相場を見てビックリです。 (12時に1235ウォン、日本円は12時から対ドルで1円の円高) 韓国株式総合指数KOSPIも1,591. 20(-81. 24)と日経平均を超える下落率です。 ここ数日米ウォール街が先に主張…「韓国などと通貨スワップ必要」と例によって希望的観測の記事があり、外貨準備高が過去最高を更新しているはずが「ドル資金不足の対応策を18日発表」となっていますが、現実はジャンク債の比率が高く真水は少なかったように思えます。 今月中に1300ウォン突破、さらに株式市場も大幅下げとなるのでしょうか? 補足翌日19日木曜日にはKOSPIが1,457. 64(-133. 56)と日経平均にすれば1500円の下げで、1292ウォンまで行きました。 そして20日金曜日(日本は祝日)に「韓米600億ドルの通貨スワップ」という見出しがあり、1240ウォンまで戻しています。 よくよく見るとこれは通貨スワップではなく為替スワップで外為市場で介入のための実弾(米ドル)としては使えず、米韓の貿易決済で韓国側が支払えない事態が起きないようにドルを融通するもので今の経済状態を考えるとアメリカ側にもメリットがあるので結んだだけで、ドルを引き出せば半年後には低いながらも金利を付けて全額返済するものです。 ないよりかはマシというだけでコロナショックが長引けば、市場での介入資金は底を尽き半年経たない内に再びウォンが売られ1400とか1500ウォンもありえます。 週末のNY市場が期待に反しダウが913ドル安だけに、週明けは波乱があるかもしれません。 韓国だけではないハズですが、アメリカと韓国は限定的に通貨スワップしましたけどね。 まぁ、スワップ終了の9月以降は、韓国はヤバいと思いますが。 最近の記事で見ましたが、コレはアメリカが間接的な感染を止める為に、アジア圏に流通するドル紙幣を止めるとか書いていたので、一時的にアメリカへ流れ込むのを阻止すると同時に世界に流れているドル紙幣の除菌 物理的に殺菌するのか?潜伏期間以上に流通を止めて保管させ死滅するのを待つのか?分かりませんが を行うのが狙いだとか。 各国がドル紙幣を求めないよつに一時的な通貨スワップをさせて、自国の紙幣で経済活動が出来るようにさせたのだと思いますよ。 アメリカの保証となれば、弱い通貨でも貿易活動が出来るでしょうから。 ただし、半年後の9月までですがね。 もう、新型ウイルスはアメリカへ上陸して猛威をふるってますけどね。

次の

韓国ウォン両替レート:ドル、円リアルタイムチャート推移

ウォンドル 相場

039994 4. 289000 4. 810971 0. 781595 2. 942254 0. 605842 5. 290910 0. 003560 2. 754825 3. 076758 0. 138668 0. 145134 0. 248782 3. 132486 0. 625401 0. 553391 4. 522830 0. 185965 0. 085763 0. 056710 0. 000300 0. 061377 0. 459567 0. 440507 0. 645603 1. 167551 0. 005218 0. 000021 13. 932110 1. 143185 0. 992962 0. 000631 0. 264427 0. 001142 6. 040845 1. 214911 0. 002824 107. 210000 120. 257457 19. 537130 73. 546060 15. 143939 132. 254256 0. 088989 68. 860983 76. 908178 3. 466214 3. 627842 6. 218677 78. 301198 15. 632838 13. 832834 113. 054940 24. 973212 4. 648471 2. 143771 1. 417559 0. 007497 1. 534201 11. 487565 11. 011144 16. 137821 29. 184701 0. 130429 0. 000530 348. 254020 28. 575617 24. 820577 0. 015775 6. 609741 0. 028557 151. 000000 30. 368524 0. 070603 情報提供元:.

次の