浜崎あゆみ妊婦写真。 浜崎あゆみは代理出産?時系列で妊娠画像を探ると驚きの事実が…!

【画像あり】浜崎あゆみは妊娠してた!出産前のお腹ぽっこり写真!代理出産も代理母もなし?

浜崎あゆみ妊婦写真

浜崎あゆみ代理出産は嘘?ピーチ・ジョン創業者・野口美佳にセルフィー写真! 下着販売会社「ピーチ・ジョン」の創業者である野口美佳さんが5日夜、インスタグラムを更新。 昨年末に第1子男児を極秘出産していた歌手・浜崎あゆみ(41)から「大きなお腹」をした妊娠中の自撮り写真が送られてきたこと、浜崎本人は出産について「最初は一生秘密にするつもりだった」ことなどを明かした。 浜崎とは20年ほど前まで本当の母娘のようでもあり、姉妹でもあり、親友のような関係で、浜崎からは「ママ」と呼ばれていた。 近年は事業から引退し、遠くから活躍を見守っていたという。 今回の出産については、ニュースで知り、「いったいいつ妊婦してていつ産んだっていうわけ?どういうこと?」「もしや代理出産???」と驚いたという。 その夜に浜崎にLINEしたところ、「なんと彼女から返ってきたのは グリグリに大きな目をしたなんとも可愛い赤ちゃんの写真と 大きなお腹をした妊娠中のセルフィー(しかも下着姿笑)であった」と説明。 「ほんとに産んだんか!!まじか!信じられない!よくぞ隠し通したもんだ」と極秘出産に改めて驚いたことをつづった。 妊娠、出産を知っていたのは「ごくごく身内とわずかなスタッフだけ」だったことも伝えた。 また「本人は最初は一生秘密するつもりだったそうだ(無理がある)」と極秘にしていた理由を伝え、自身の2度の出産経験を重ねながら「いざ産んでみたら気持ちが揺れ出し(それはわかる)子供の未来のことを考えたら お母さんであることを隠すわけにはいかないと思ったのでしょう」と胸中を推察した。 そして「あゆがお母さんになっただなんて!これを書いている今も信じられない なんだかとても嬉しくて何かがじわじわと胸にくる」とつづっている。

次の

浜崎あゆみの妊娠中の臨月写真を入手!お腹のシルエットが妊婦ぽい…

浜崎あゆみ妊婦写真

【目次】• 私、昨年末に天使を産みママになりました。 まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんありますが、ひとりの人間としての子供の人生や未来の為に、静かに見守っていてもらえると嬉しいです。 いつもこんな私の事を理解して受けとめてくれる皆には感謝しかありません。 本当に本当にいつもありがとう!! そして最後の最後にもう一言だけ! 自分の母親をはじめ、全てのお母さん達、改めて心から大大大リスペクトです!!!!!!! いやぁなんてめでたいんだ! 未来に残る子供ができた!!!! 父親とあゆは結婚せず、入籍も今後はしないでやっていくことになりそうなのですが、あゆの口からはまだ聞けていないので何とも言えませんね。 どちらにしても あゆがお母さんになったんだね😊 びっくりです! お子さんと共に新しいあゆの人生が始まっていくね。 一般的に 最終生理日:0週0日 受精~着床:2019年3月 つわりの症状ピーク:2019年3~4月 安定期:2019年5月~ お腹のふくらみが外観で気づきやすい:2018年5月~ 出産:2019年11月 大体こんな感じになるのかな?? これを見て、ファンの人ならピンっ!とくると思うのですが、妊娠~出産の期間、実はあゆのライブ日程とまるかぶりなのです!!! 2019年に開催されていたツアー 「ayumi hamasaki TROUBLE TOUR2019-2020-misunderstood-」 開催が発表されたのが2018年3月15日。 そこから、5月、6月、7月、8月と一応安定期に入ってはいそうな期間ですが、4カ月にわたって計25か所で全国ツアーを開催している…!! 3日間連続してライブしている日もあったりして、本当に大丈夫なのか…?? これってつまり、代理出産の可能性大?? 妊婦・出産後写真を時系列で見比べる では、ツアーなどのあゆの写真を見比べながら、お腹が膨らんできているのかなど調査してみましょう! 2020年1月1日 — 2019年 8月月7日午後8時40分PDT 九州講演なので、8月8日位。 一般的にはこの時期にはお腹が膨らんでいてもおかしくなさそうなのですが、写真を見る限りわかりませんね……。 洋服のふっくらした感じがカモフラージュしている?? 妊娠中でこのヒールの高さにチャレンジできるとしたら、さすが慣れている芸能人だな。 笑 私は、妊娠してなくても転ぶわ。 笑 まとめ あゆの極秘出産ニュース。 写真を時系列で見てみると、妊娠している期間はやはり体つきは少しふっくらしているような感じはしますが、お腹のふくらみは全然めだちませんでした。 もし、本当にあゆ自身が出産されたとしたら、これはもう、すごいとしか言いようがない。 妊娠・出産の間に、ライブも変わらずする。 これがアーティスト魂なのか。 どうか、赤ちゃんも、あゆも、身体大事にしてください!!.

次の

【浜崎あゆみ】体型変化のまとめ!妊娠初期から出産後まで!

浜崎あゆみ妊婦写真

浜崎あゆみInstagramより 浜崎あゆみが昨年11月に極秘に出産していたことを明かし、ファンは驚きに包まれた。 浜崎はカウントダウンライブを終えた1月1日深夜、公式ファンクラブサイトにて出産していたことを報告した。 子どもの父親について一部では年下の一般人男性と報道されており、熱愛報道のあった年下ダンサーと見る向きが強い。 ただ現状、浜崎側はそれを公表する意図はないようだ。 浜崎あゆみの突然の出産報告が驚かれたのは、彼女が昨年5~8月に全国ツアーを行い、大みそかにはカウントダウンライブを開催、そして今年も2月から8月にかけて38公演の全国ツアーを予定しているからだ。 頻繁に更新してきたInstagramでも、妊娠の片鱗を伺わせるような写真や動画は一切見られない。 一体いつのまに妊娠し、産んでいたのか? ということだ。 だが彼女はたしかに、我が子を出産していたようだ。 「もしや代理出産???」「一生秘密するつもりだったそうだ」 ネット上には、祝福や浜崎あゆみの体調を気遣うコメントも多いが、妊娠・出産の気配を一切見せなかったことから「代理出産」を疑う声も散見された。 浜崎の盟友として知られる野口美佳氏も5日、Instagramで浜崎の出産について言及し、代理出産を疑ってしまったと明かした。 浜崎の出産はニュースを見て知り、あまりに驚いて本人に直接、連絡したのだという。 <いったいいつ妊婦してていつ産んだっていうわけ? どういうこと? ハテナハテナ?? もしや代理出産??? (実はわたしはそう思ってしまっていた)> <ニュースを聞いた日の夜は 自然にあゆにLINEしていた 久しぶりのやりとりは懐かしい言葉遣いとともに なんと彼女から返ってきたのは グリグリに大きな目をしたなんとも可愛い赤ちゃんの写真と 大きなお腹をした妊娠中のセルフィー(しかも下着姿笑)であった (ハッキングされたらどうしよ…) ほんとに産んだんか!!まじか!> また、それによれば浜崎は子どもを産んだことを「最初は一生秘密するつもりだった」そうだが、実際に出産したことで気持ちに変化があり、公表に踏み切ったのだという。 すっかり疎遠になってしまっていた浜崎と、「子育て」というライフスタイルの重なりが生まれたことを、野口氏は<彼女がどんなふうに子供と向き合っていくのか見守っていきたい また一緒に共感できることが始まった気がする>と喜びをもって綴っている。 「産後すぐに動けるという事の証明ではありません」 とはいえ妊娠初期から中期まで、ハイヒールでダンスをし、コルセットで腹を締め付けながら全力で歌っていた浜崎あゆみの妊娠と出産に、驚かない人はいない。 産後すぐのカウントダウンライブも、驚異的な体力だ。 Twitterでは、産後間もない身体で見事なパフォーマンスを披露した浜崎を賞賛し「産後も頑張ればすぐに動ける」「妻にも見習ってほしい」といったツイートもわずかながら見られ、そうした向きに警鐘を鳴らす意見も多い。 産褥期は母体の安静がとても重要だからだ。 産後にスピード復帰する芸能人は少なくない。 2017年に第3子を出産したモデルの土屋アンナは、わずか19日間後に「東京ガールズコレクション」で仕事復帰を果たした。 芸能人のスピード復帰が伝えられる度に、ネット上では「産後もすぐに動ける」という誤解が噴出する。 しかし基本的には、産後はなるべく体を休めたほうが良い。 そのための周囲のサポートは必須だ。 産後は身体的な負担だけでなく、ホルモンバランスが大きく変化すること、睡眠不足などから産後うつにかかるなど、精神的にも不安定になりやすい。 「あの人はできたのだから」などと、無理強いしてはいけない。 浜崎あゆみは3日更新のInstagramで、自分には<24時間体制のサポート>をしてくれるチームがあるから、妊娠中も産後すぐも活動することが可能だったのだと種明かしをしている。 <私には、夢のような魔法をかけてくれる衣装チーム、メイクアップアーティスト、ヘアスタイリストさん達が居て下さり、全力ですべてから守り通して下さるスタッフさん達が居て下さり、それこそ24時間態勢でサポートをして下さる病院の先生方、助産師さん達も居て下さいました> <そんな環境だからこそ何とか実現出来たステージであって、女性が産後すぐに動けるという事の証明では決してありません 肉体的にも精神的にも難しい産褥期を身をもって実感している今、誰よりも側で支えてくれる家族と友人達に感謝の気持ちと共に、日本中の妊婦さん達、お母さん達が休まる時間を十分に持てますようにと心から願っています> (文=WEZZY編集部).

次の