がん保険 一時金 いくら。 がん保険の診断給付金(一時金)は必要? 最適な金額はいくら?|楽天保険の総合窓口

がん保険の診断一時金は50~100万円が目安である理由|保険レシピ

がん保険 一時金 いくら

がんになったときのシミュレーション ひとことで『がん』といっても、がんを患っている部位により治療の仕方が違います。 また、進行度合いによってもかかる治療費が異なります。 ここでは、実際にかかる費用についてみてみましょう。 気になる治療費と入院費 がん治療には、手術・化学療法(抗がん剤やホルモン剤)・放射線治療・免疫療法・先進医療などの治療があります。 がん治療は、がんの種類や治療方法によって、費用に大きな差がでます。 厚生労働省保険局の『』により、がんの中で死亡率が高い種類の入院費を確認すると、以下のとおりです。 がんの種類 入院費(全額) 入院費(3割負担) 胃がん 61万3,638円 18万4,092円 結腸がん 59万4,476円 17万8,343円 直腸がん 72万7,702円 21万8,311円 肝がん 58万3,923円 17万5,177円 肺がん 64万2,603円 19万2,781円 乳がん 55万1,845円 16万5,554円 入院費の自己負担額をみると、20万円前後で済みそうですが、全額自己負担となった場合は、おおよそ55~72万円の治療費が必要となります。 保険適用外の治療とリハビリでの出費 がん治療は、保険適用外の治療が少なくありません。 国内未承認の抗がん剤を使用した化学療法などは、1カ月で100万円以上と高額になることもあり、すべて自己負担になります。 また最近では、治療後のがん患者に対して痛みやだるさを和らげ、生活の質を上げるために『外来リハビリ』の必要性が挙げられています。 外来リハビリの費用は一部を除き公的保険の適用外になります。 再発しやすいガンとは がんの種類によっては、再発しやすいがんや 転移しやすいがんというものがあります。 転移・浸潤しやすいがんには、乳がん・すい臓がん・卵巣がん・スキルス胃がんなどがあげられます。 転移・浸潤しやすいがんは、再発しやすいがんでもあります。 上記の他、肝臓がんや食道がん・膀胱がんなどが再発しやすいと言われています。 がん保険の一時金の必要性 一時金はがん保険の中で基本となる保障で、がんと診断された場合に受け取れる給付金です。 一般的には『がん診断給付金』と呼ばれことが多いです。 がんと診断されたときに受け取れるお金 がん診断給付金は支払基準が明確で、一時金で受け取れることが利点です。 がんと診断確定された時点で給付金が下りるので、他の給付金より早い段階で受け取ることができます。 また、使い道に決まりはないので、治療費以外のものにあてたり、収入が減った場合の補てんに使ったりすることもできます。 一時金は最低でもいくら必要? 上記『平成27年度医療給付実態調査報告』より、治療費の自己負担額は20万前後です。 治療費以外の費用も考えると最低50万円は必要です。 ただし、がんは手術などを終えた後に、抗がん剤治療などを継続する場合も少なくありません。 このようなことから、一時金は100万円程度を目安にするとよいでしょう。 一時金を見据えたおすすめのがん保険 がんの一時金保障は、がん保険によって主契約の場合と、特約で付加する場合がありますが、ほぼすべてのがん保険に付いています。 100万円を設定できるがん保険 がんの一時金は100万円を基本プランとして扱っているところが多く、保険料水準も月数千円と手ごろです。 できれば、上皮内新生物(初期がん)も悪性新生物(がん)と同額保障されるところを検討してみるとよいでしょう。 オリックス生命『』は主契約の診断一時金に、入院給付や手術給付などが付いたパッケージタイプで、上皮内新生物も同額保障されます。 また、保険料が比較的安く、がんと診断されてから入退院までの保障が手厚いので、保険料のコストを抑えつつ、がん保障を備えたい人におすすめです。 300万円を設定できるがん保険 一時金は100万円が目安と先述しましたが、高度な治療は保険が使えず高額になる恐れがあります。 そのため、100万円で不安な場合は、300万円程度まで視野に入れておいてもよいでしょう。 FWD富士生命『』は、悪性新生物初回診断一時金特約があり、主契約である悪性新生物診断給付金と合わせて、300万円の範囲内で設定できます。 2回目以降や受け取れる回数に注意 保険商品によっては、1回しか一時金が支払われないものもあれば、無制限に支払われるものもあります。 また、2回目以降の給付条件が異なるものもあります。 この違いは、実際がんになったときの給付の受けやすさにつながります。 がんは一度治っても再発する恐れがある病気です。 一時金の支払回数が多いものや無制限のものは、備えとしてはかなり安心です。 まとめ がんの一時金は、がんと診断確定すれば受け取れるシンプルな保障です。 支払基準がわかりやすく、使い道も自分で選択できます。 治療費とその他の費用を考え、100万円程度を目安に一時金を設定してみるとよいでしょう。 より保障を充実させたい場合は、一時金を増額するのもひとつの方法です。

次の

がん保険の診断一時金は50~100万円が目安である理由|保険レシピ

がん保険 一時金 いくら

がん保険の「一時金」とは? がん保険の「一時金」とは、医師からがんと診断されるだけで、一括で100万円などのお金を受け取れる保障です。 お金の使い道は限定されておらず、入院や手術のための費用として使っても結構ですし、その他の治療の費用として使っても構いません。 また、がん治療と直接的な関係がない生活費の一部に回すことも可能です。 自由に使えるお金なので、非常に柔軟で使い勝手のよい保障といえます。 ただし、受け取れる回数・頻度や、2回目に受け取れる条件は、保険会社・保険商品ごとに差があります。 また、古いタイプのがん保険だと「上皮がん」が保障対象外となっていることがあります。 補足|がん保険の診断一時金以外の保障 なお、比較対象として、がん保険の一時金以外の保障についても簡単に紹介します。 がん診断一時金と比べると、保険料は割安になっています。 がん入院給付金 がんで入院した場合に、1日5,000円、1日10,000円といったかたちで保険金が受け取れるタイプの保障です。 がん手術給付金 がんで手術をした場合に、1回5万円・1回10万円といった保険金を給付するタイプの保障です。 「入院を伴う手術の場合は10万円」「外来の場合は2. 5万円」のように保険金額を分けるタイプが多くなっています。 がん通院給付金 がん治療を目的として通院した場合に、1日5,000円などといったかたちで保険金が支給されるタイプの保障です。 ただし、「通院」には条件があり、退院後の通院に限られているものがほとんどです。 また、所定の治療を行った場合の通院のみが保障対象となっていることもあります。 たとえば、検査や経過観察、簡単な診察と薬剤の受け取り等のための通院は対象外だったりします。 先進医療特約 先進医療とは、厚生労働省が健康保険の対象にしていないものの、安全性と治療効果を認めた治療法のことを指します。 先進医療と指定されたものは「技術料」が全額自己負担になります。 医師が必要と認める場合にしか行われないため、がんになっても必ずしも先進医療を受ける機会が多いとは言えません。 ただし、先進医療の技術料は数百万円と非常に高額になることが多い代わりに、保険料は月額100円程度と少額です。 がん治療をとりまく状況 以上を踏まえ、がん保険では、一時金を含め、どんな保障が有効かを考えてみましょう。 まず、そもそもがん治療を取り巻く状況が、以前と今とでは大きく変わっていることをおさえておく必要があります。 2-1. がん治療は多様化している どんな治療が行われるかによって、かかる費用の種類も変わるからです。 以前のがん治療といえば、手術を行いながら長い間入院するというのが一般的でした。 しかし、昨今では入院期間が短くなってきている一方で、在宅・通院での抗がん剤・放射線治療等の比重が大きくなっています。 たとえば、抗がん剤の治療では、在宅でも毎月数十万円かかることもあります。 なお、私の叔父は抗がん剤治療のために、毎月窓口で20~30万円程度のお金を支払っていました。 また、公的な保険が一切きかない自由診療 厚生労働省が承認していない治療や薬を使った治療 を受けるケースも少なくありません。 この自由診療の中には、海外では効果が認められ実用化されていても、日本での承認に時間がかかっているというケースもあります。 がんの進行は待ってくれないので、日本での承認がされる前に「自由診療でもいいから試したい」という方もいらっしゃいます。 2-2. 治療の種類によって費用が高額になることも 特に前述の自由診療は全額自己負担となるため、非常に高額な費用が必要となることがあります。 そんな中で、がんの治療費用は非常に高額になることも少なくありません。 アフラックが行ったアンケート調査(『』)によれば、がん治療全般にかかわる総費用(入院・食事・交通費等も含む)について、がん経験のある方の回答は以下の通りだったとのことです。 50万円程度:215人(36. 3%)• 100万円程度:175人(29. 5%)• 200万円程度:120人(20. 2%)• 300万円程度:41人(6. 9%)• 300万円より多い:31人(5. 2%)• その他:11人(1. 9%) この調査では、「50万円程度」と答える方が最も多かった一方で、100万円程度より多くの金額を回答している割合が61. このように、がんにかかったら、治療費用の負担が大きくなる可能性があるのです。 したがって、がん保険では、 どんな治療を受ける時も保障がきくように設定しておく必要があります。 2-3. 治療期間が長期化して経済的に困窮する可能性もある また、治療期間が長期化することも十分にあり得ます。 メットライフ生命が行った調査によると、がん治療期間の割合は以下のようになっています(参照:「」)。 半年未満:55. 半年~1年未満:15. 1年~2年未満:9. 2年~5年未満:7. 5年以上:9. 3% 「半年未満」が過半数ですが、「半年以上」が4割以上(44. 1%)に及んでいます。 「1年以上」が全体の4分の1以上(26. 1%)となっている点も見逃せません。 このように、がんになったときの治療期間は長期化する可能性があるのです。 国の健康保険には、医療費の負担を抑える制度として、1か月ごとの自己負担額の上限を設けるがありますが、治療が長引けば、自己負担額がかさんでいくことになります。 2-3-1. がんが長期化するとその間の生活費の捻出も大変になる さらに、がんになると、治療費用に高額なお金がかかる上に、その間は働けず収入が途絶える可能性も高くなります。 結局、貯金を切り崩しながら生活をすることになりかねません。 しかも、自営業者・個人事業主の方には傷病手当金のような制度もありません。 参考までに、総務省がまとめた「」によれば、2人世帯以上における1ヵ月あたりの平均消費支出(生活費全般の支出)は246,399円、単身世帯では162,833円だったとのことです。 仮に1年働けないとして、その間の生活費は2人以上なら平均約300万円、一人暮らしであれば平均約200万円必要という計算になります。 いずれにしろ、がんになって治療が長期化するような場合、「その間の生活費はどうやって補うか」という問題が発生するのです。 以上、まとめると、近年ではがんの治療法が多様化しています。 また、その中には国の公的医療保険が使えず高額な費用を自己負担しなければならないものもあります。 さらに、治療が長引けば、高額療養費制度のような公的保障を利用しても、自己負担額がかさんでしまうリスクがあるのです。 したがって、がん保険でどのような保障内容を選ぶべきかは、これらのことを踏まえて考える必要があります。 がん診断一時金がもっとも使い勝手がよい では、以上を踏まえ、がん保険でどのような保障を付けるのがおすすめなのか、検討していきます。 3-1. がん診断一時金が最優先 がん保険の保障内容の中で最も使い勝手が良くお勧めできるのは、「がん診断一時金」です。 なぜなら、がんと診断されるだけでまとまったお金が支払われる上に、使い道が自由であるためです。 公的医療保険が使えない自由診療にも対応できます。 また、治療費以外にも、がんで仕事ができない間の収入をカバーするのに使うこともできます。 ただし、がん診断保険金は保険料が比較的高額なので、特に50代以降の方にとっては経済的負担が重くなることがあります。 3-2. 保険料の負担を抑えたいならば「治療給付金」も検討する その次に有効なのが、「治療給付金」です。 最近では抗がん剤・放射線・ホルモン剤治療の比重が高くなっていますし、これらは入院・通院を問わず受け取れます。 また、治療が長期化することも多いので、その都度保険料を受け取れる「治療給付金」の保障が有効だと言えます。 なお、保険料も「がん診断一時金」と比べて割安になっています。 がん診断一時金の保障を付けたいが保険料の負担が重くて迷っているという方にはおすすめな保障です。 3-3. 必ず付けるべき「先進医療特約」 先進医療特約については、先進医療を受ける可能性自体が高くないため主となる保障とはいえませんが、保険料月額100円前後と非常に安いのに対し万が一のときには数百万円という高額な治療にも備えられることから必ずつけることをおすすめします。 仮に医師から「先進医療を受けた方がよい」と勧められても、この特約がないばかりに経済的な理由で「受けられなかった」といった事態になるのは避けたいところです。 3-4. 優先度が低い「入院」「手術」「通院」の保障 「がん入院給付金」は入院期間自体が短くなっていますし、「がん手術給付金」によって保障されるのは手術のみです。 しかも、長期化しなければ高額療養費制度によってかなりカバーできます。 また、「がん通院給付金」は、入院の後の通院に限られたり、検査や経過観察等が除外されていたりしますし、「治療給付金」で大部分カバーされるので、敢えて付ける必要性は乏しいと言えます。 がん診断一時金の金額はどのくらいに設定するとよいか。 がん診断一時金の金額は50万円か100万円のことが多いです。 基本的には100万円を選ぶと良いでしょう。 なぜなら、上で紹介したアフラックのアンケート調査の結果にもあるように、がん治療の総費用として100万円程度までと回答されている方の割合が最も高くなっています。 また、100万円あれば、治療期間中の当座の生活費の補てんにもある程度役立つからです。 一時金の受け取りの条件に注意 がん診断一時金を受け取れる条件は、保険会社・保険商品によって異なるので、要注意です。 たとえば、初めてがんと診断され時だけ受け取れるタイプと、2回以上受け取れるタイプがあります。 2回以上受け取れるタイプにも、「1年に1回が限度」「2年に1回が限度」のものがあります。 また、2回目以降は入院が条件となっているタイプもあります。 可能であれば「1年に1回が限度」で「2回以上受け取れるタイプ」かつ「2回目以降は入院・通院を問わず受け取れるタイプ」を選ぶことをおすすめします。 なお、次にお伝えするA生命の契約例では、これらの条件を全て満たしています。 おすすめする保障内容を含めたがん保険の例 最後に、以上を踏まえて、おすすめできる保障内容を備えたA生命のがん保険の例を参考までに紹介します。 契約者:40歳男性• 保険期間・保険料払込期間:終身• また、抗がん剤・ホルモン剤治療、放射線治療を受けたらその月に「がん診断給付金」を10万円受け取れる上に、「先進医療特約」も付けています。 まとめ がんの治療は長期化することが多い上に、まとまったお金が必要になることも少なくありません。 公的医療保険の高額療養費制度を活用してもまかない切れない可能性があります。 また、治療が長期化し、働けなくなった期間の生活費をどう賄うかという点についても考慮する必要があります。 サラリーマンであれば公的保障として傷病手当金の制度がありますが、治療費と生活費の両方をまかなえるとは限りません。 そういった事情を考えると、がんと診断されるだけでまとまったお金を受け取れる「がん診断一時金」の保障は最も使い勝手の良いものです。 使い道も自由なので、どんな治療にも使えますし、働けない期間の収入を補てんするのにも役立ちます。 なお、特に50代以降の方にとっては保険料が割高になることがあるので、その場合は、「がん治療給付金」を選ぶことも考えていただければと思います。

次の

がん保険の診断一時金(診断給付金)の必要性と有効性

がん保険 一時金 いくら

入院給付金はいくら必要なのか? 加入済みの医療保険と重複するのでは? 通院治療の増加傾向から入院給付金は不要? 等々を悩まれる方も多いかと考えます。 たしかに、現在は医療事情では入院が短縮傾向にあり、通院治療が多くなっています。 これは一般的に長期化する傾向にあるがん治療に関しても同様です。 こうした背景からがん保険に加入する方のニーズも多様化しており、これらの要望に対応できるようがん保険の種類も多数存在します。 もし仮にご自身のお考えからがん保険に入院給付金が不要と考えるのであればがん保険に入院給付金を付加しない契約を選択する事も可能です。 そこでこのページでは改めてがん保険における入院給付金の詳細とがんの治療を考慮した上での必要な入院給付金の金額やその必要性について解説していきます。 がん保険の入院給付金について がん保険における「入院給付金」は、がん 悪性新生物 や上皮内新生物の治療を目的とした入院に対して契約内容にある入院給付金日額を受け取ることが可能です。 医療保険のようにすべての病気ケガが対象にはならずあくまでがんのみに特化しています。 治療を目的としていない検査入院は支払の対象外となります。 検査の結果、がんという事が診断されれば遡って検査入院の分も入院給付金を支払うがん保険もあります。 この指定した日数を入院にて消費した場合は180日間のリセット期間までは入院給付金は復活しません。 ただしがん保険はあくまでがんの治療に特化しているという事もあり、 ほとんどのがん保険で入院給付金の支払日数は無制限となっております。 その為、長期間の入院でも、入退院を繰り返すような場合でも入院給付金が支払われるという仕組みです。 入院給付金の加入限度について がん保険では加入できる入院給付金額にも一応制限があり一般的には最低5000円から最大で5万円か6万円を組むことが可能です。 当然入院給付金が高くなればそれだけ毎月の保険料も割高になります。 そこで一部のがん保険を検討している方の中には 「がん保険の入院給付金はいくらに設定すればよいのか?」 「そもそもがん保険に入院給付金は必要なのか?」 と疑問が生まれます。 多様化するがん保険の種類 このようにがん治療が入院メインから通院がメインに変る事にも合わせて昨今ではがん保険もその保障内容が多様化しています。 オーソドックスながん保険 以前よりある一般的ながん保険での保障内容は診断給付金・入院・通院・手術・放射線。 特約で抗がん剤も保障といった形でがん治療における治療行為をまんべんなく保障しています。 この場合大まかな保障内容を決定する軸は入院給付金の額になりそれに応じて関連する保障額が決定していく事が一般的です。 がん保険の入院給付金額をいくらに設定するかというよりも、医療保障としての入院給付金をいくらに設定するかと言う部分が焦点になります。 以下参考として過去5年以内での入院経験者への1入院にかかった費用のアンケートになります。 出典生命保険文化センター「」 1日辺り10,000円~15,000円が最も多い事がわかります。 例えばがん保険以外にも医療保険などに加入している方であればがん保険の入院給付金は5000円~1万円程度の設定が妥当という考えもできるかと思います。 入院給付金の必要額についてはこちらでも紹介しています。 診断給付金メインのがん保険 診断給付金メインのがん保険は主契約が診断給付金のみでそれ以外の保障は特約にて追加するという極めて合理的な保険になります。 がん治療においては当然、入院や通院。 手術などの治療を行う可能性は高いですが、これらの治療は行った回数に応じて給付金が支払われます。 それぞれの治療回数が少なければ給付金受け取りの可能性も下がります。 対して診断給付金メインのがん保険であれば、初回の診断時にまとまった 一時金をその後の使用用途は自由に受け取る事が出来る為、 合理的かつ柔軟性が高いがん保険という事できます。 がん保険に入院給付金は不要と言う方であれば診断給付金メインのがん保険がおすすめです。 以下は参考として過去にがんを経験された方の治療にかかった費用の総額になります。 出典 診断給付金の保障金額を設定する際の参考にしていただいても良いかと思います。 がん診断給付金の必要性についてはこちらでも紹介しています。 このページのまとめ がん保険の入院給付金に対しては確かに昨今の短縮傾向にある平均入院日数を踏まえればそこまで重視する必要はないかもしれません。 既に医療保険ではまんべんなく治療に対する保障がされているという事であればがん保険は診断時の一時金に特化したタイプを選択するのも一つかと考えます。 当サイトではこれらのニーズを踏まえて種類別にがん保険のおすすめをランキング形式にて紹介しています。 がん保険に必要と考えられるポイントを抑えつつ保険料が割安なバランスの取れたランキングにしていますので是非ご確認ください。 その他の がん保険の保障内容に関しても以下のページで各項目毎に必要性なども含めて解説しています。

次の