高校野球なん j。 プロ野球アンテナ

[B!] 【画像】木村沙織の身体wwwwwwwww : なんJ 高校野球まとめ速報

高校野球なん j

ヤクルト山田哲人内野手(25)が19日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、20%減(7000万円)の2億8000万円でサインした。 今季は143試合でフルイニング出場をするも、レギュラーに定着した14年以降、打率2割4分7厘、130安打、24本塁打とここ4年で最低の数字となった。 「今年の成績というのは年俸にあった数字じゃない。 歴史的大敗もしましたし大減俸は当たり前と納得してはんこを押しました」とした。 今季を振り返り「今年はあまり感情がなかった。 今年に関しては緊張せずに、ただ単に野球をしてた」とモチベーションの低下があったとする。 来季に向けては「3回目のトリプルスリーを達成したいですし、早く来年になってほしいという気持ちが強い。 早くやりたい。 なぜか分からないけど、やる気に満ちあふれています」と巻き返しを誓った。 (金額は推定).

次の

野球お絵かきまとめ@なんJ : 高校野球

高校野球なん j

私も星稜高校の野球部OBです。 1992年、夏の甲子園に出場しました。 2年生でした。 松井秀喜さんが5連続敬遠された「星稜VS. 明徳義塾」の試合もスタメンでした。 しかし私は92年の敬遠より、今回のサイン盗みのほうが許せません。 敬遠はルールで認められていますが、サイン盗みは禁止されています。 当時、世論は明徳義塾を大バッシングし、その影響があったのか、次戦は敗れました。 一方の習志野さんは市立和歌山との次戦に勝利されました。 彼らが正常な状態で野球をできたことは良かったと思っています。 そうしたチームを作り上げた小林監督の人徳も素晴らしいと思います。 もし市立和歌山戦で、習志野さんが本来の実力を出せずに負けていたら 騒動を引き起こした当事者として申し訳なく感じたと思います。 昭和の高校野球で、サイン盗みは当たり前の戦術でした。 相手に読まれないようサインを複雑化するなどの対策も普通に行われており 各チームが駆け引きを繰り広げていました。 それが変わったのが1998年の横浜とPLの試合で 3塁コーチの指示が問題になり、高野連はサイン盗みを禁止しました。 (編集部註:98年8月20日、第80回全国高等学校野球選手権大会の準々決勝第1試合で 横浜高校はPL学園と対戦。 横浜は先発の松坂大輔が、延長17回、250球を1人で投げ切り 9-7で完投勝利した。 ちなみにPLのエースは上重聡だった。 問題となったサイン盗みは、PLの3塁ベースコーチが捕手の構えから松坂の球種を盗み 外角の時は「いけいけ」、内角の時は「狙え狙え」、変化球の時は「絞れ絞れ」と大声を出していた) そりゃ、部員も監督も試合に勝ちたいです。 甲子園で優勝したいです。 でも、そのためにルール違反を指導していいのでしょうか? 生徒に違反を強要することで、彼らの心にどんな悪影響が及んでしまうのかを考えれば 私はサイン盗みを許すことはできません。 根絶しなくてはならないと考えています。 林の所業一覧 ・試合前に審判にサイン盗みの話が通ってると主張するも審判側は否定 本当に話が通ってるなら試合前に有利になるよう圧力かけたように受け取られても致し方ない ・試合中に選手経由でなくサイン盗みアピールし試合中断 ・審判4人体制で確認するもサイン盗み認定ならず両チームとも疑わしいことはしないよう通達 試合後にその後に怪しい動きはないと林監督に説明するも怒りが収まらない ・収まらないのでストレッチ中の相手控室にカチコミし記者らに追い出される ・それでも再燃する怒りに2度目のカチコミし記者らにつまみだされる ・まだまだ怒り収まらずメディア相手にぶちまける ・星稜側のおえらいさんと自分を推してくれた前監督が高野連に謝罪(相手ではない) ・自分のために謝罪いってくれたのに週刊誌にベラベラ これで処分ないならなんだよ.

次の

プロ野球アンテナ

高校野球なん j

鹿児島城西の佐々木監督が、うれしい初甲子園に笑みを浮かべた。 グラウンドでは校長に続き佐々木監督が胴上げされた。 生徒から、お守りのクマのぬいぐるみが贈られ、OBからはグラウンドをかたどった大きな手作りケーキも贈られた。 就任して3年目。 佐々木監督は「選手たちに厳しいテーマを与えた。 自分で考えてよく頑張ってくれた。 チームが1つになれたからと思う。 勝ちたい、悔しい思いをしたくないという強い気持ちがあった。 甲子園出場は自分が思ってたより2年くらい早い」。 丸刈りをやめ、練習中に音楽をかけるなど改革も行った。 「たくさん苦しい思いをして、結果、野球が嫌いになる子が多いけど、もっと野球をやりたい、好きって思ってもらうことが大切。 好きで終われる環境つくりが大事」とセンバツ出場という成果が出たことを喜んだ。 Foorinの楽曲「パプリカ」が、3月19日に開幕する「第92回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲に決定した。 米津玄師が作詞作曲を手がけた「パプリカ」は「<NHK>2020応援ソング プロジェクト」の楽曲として発表され、「2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する」という主旨のもと、 東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けた「東京2020参画プログラム」の公認プログラムとしても認証を得ている。 今回行進曲に選ばれたことについて、Foorinのメンバーは「すごく嬉しいし、 ありがたいことだと思います。 『パプリカ』に合わせ、球児のみなさんが甲子園を行進する様子を想像するだけでワクワクします」とコメントしている。 「パプリカ」に合わせ、球児のみなさんが甲子園を行進する様子を想像するだけでワクワクします。 甲子園という 大舞台に緊張するかもしれませんが、曲に合わせて、踊るような気持ちで行進してほしいと思います。 球児のみなさんが行進しているところを見るのが楽しみです。 音楽ナタリー.

次の