山梨行方意不明女の子。 小倉美咲ちゃんの父親が顔だしNG?隠すのはなぜだろうとネットで話題に!記者会見についても

山梨の女児不明 「事件だと断定できるような情報ない」:朝日新聞デジタル

山梨行方意不明女の子

写真の中央付近、キャンプ場内の広場から続く道で目撃されたのを最後に、美咲ちゃんは行方不明になった 現場は背の高いマツやスギ、ヒノキがどこまでも生い茂っていた。 山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」。 この場所で、小倉美咲ちゃん 7歳 が行方不明となって、3週間以上が過ぎた。 自衛隊や山梨県警、消防など、のべ1700人以上が捜索活動を行っても手がかり一つ見つかっていない。 10月5日、本誌もこの地を訪れた。 美咲ちゃんは母親と離れて、友達が待っている沢に向かう途中で、姿が消えてしまった。 最後に目撃された地点から、わずかに数十mほど緩やかな坂を下ると、すぐに沢は見えてくる。 小川も流れこそやや早いが水深は浅く、大きな岩も多いため、下流まで流されていくとは思えない。 群馬県からボランティアで捜索活動に参加していた40代男性はこう語る。 「もしかしたら見落としがあるかもしれないという気持ちで、もう一度、付近の森の中を見回っているんです。 私は先週末も捜索に加わりましたが、ボランティアの数は、そのときより明らかに減っています。 今はキャンプ場やその周囲でボランティアを見つけることが難しいくらいになってしまった。 この件が風化してしまわないかと、とても心配です」 10月6日夜には現場に設置されていた山梨県警の本部テントが撤去され、大規模な捜索は打ち切りとなった。 かつて誘拐事件を担当したこともある元埼玉県警捜査一課刑事で、一般社団法人『スクールポリス』理事である佐々木成三 なるみ 氏はこう指摘する。 「美咲さんが行方不明になってから、私は現場を3度訪れています。 このキャンプ場の中には駐車場が点在しており、道路も通っているため、どこに車が止まっていても何ら不審に思われることはありません。 またキャンプ場周辺は木々に覆われているので死角が多いうえ、沢の近くは川の流れで音がかき消される。 少し山のほうに登ると廃車が捨ててあるような荒れた場所もありました。 外部からの出入りが比較的自由で、防犯カメラもない。 美咲さんが何らかの事件に巻き込まれ、第三者に連れ去られた可能性は否定できません。 今後、警察は寄せられた目撃情報を精査して捜査員が聞き込みを行う。 加えて、国道沿いの監視カメラなど、デジタル証拠の解析がポイントになると思われます。 当然、警察は誘拐を視野に入れて捜査を進めているでしょう」 森の中のキャンプ場は、夕方になると木の影が伸び、一気にどんより薄暗くなった。 辺りには外灯は少なく、日が落ちるとそれこそ真っ暗になる。 美咲ちゃんの無事を祈るばかりだ。 千葉県成田市在住で小学1年生の小倉美咲ちゃんは、7家族・27人でキャンプ場を利用していた この日(10月5日)の翌日に捜索本部は撤去された。 警察官や消防隊員が5~6人常駐し、標高の高いエリアを中心に捜索が続いた 『FRIDAY』2019年10月25日号より• 撮影(キャンプ場):結束武郎.

次の

美咲ちゃん母が犯人でない理由は?髪を切る・募金・旦那が顔出ししない理由も明らかに【道志村 不明女児】

山梨行方意不明女の子

時事 2019. 09 2020. 15 niconews55 美咲ちゃん母が犯人でない理由は?髪を切る・募金・旦那が顔出ししない理由も明らかに【道志村 不明女児】 今年9月21日から、山梨県道志村で行方不明になっている千葉県成田市の小学1年生、小倉美咲ちゃんが行方不明になってから2カ月が経過した現在。 小倉美咲ちゃんの足取りは依然つかめず、母のとも子さんらは今月7日にも美咲ちゃんの特徴を乗せたチラシを配布するなどして情報提供を呼びかけています。 一方で、美咲ちゃんの母・智子さんの一挙一動が根も葉もない噂を呼び、とも子さんのSNSには非難の声が寄せられ続けています。 これに対し、とも子さんの義理の姉が噂を否定するコメントを発表。 とも子さんが犯人でないことを裏付ける発言として、話題になりました。 【道志村 不明女児】美咲ちゃん母が犯人でない理由は? 「美咲ちゃんの母が犯人ではない」理由は、広まってしまった悪い噂の多くが嘘である為。 これまで様々な噂が持ち上がっていた美咲ちゃん母・とも子さんについて、智子さんの夫の姉は次のように答えています。 行方不明の理由について 現時点で 警察は事件と事故両面の可能性で捜査をしている。 しかし山にいる可能性は低く、行方不明に気づきど捜索するまでの20分の間に不明となったことが「不思議」な状況。 「警察は事件と事故両面の可能性をにらみ、大規模な捜索が16日間で終わってからは、 聞き込みを続けています。 ただ、 あの山に美咲ちゃんがいる可能性は低いでしょう。 彼女がいなくなったのは、わずか20分の間で、周囲にはちょろちょろと流れる沢しかなく、下流に流されるなど考えにくい。 それでも、下流の道志ダムまで自衛隊が捜索したのに、遺留品のかけらも見つからないのだから、本当に不思議なことが起きた、という感じなんです」 出典: とも子さんの挙動について 「ハッシュタグで店の宣伝は嘘」・・インスタグラムにハッシュタグを付け、店舗の名前を入れていたことについては 知り合いがすぐに気づいてくれるようにしたかったから。 「SNSで知り合った他人とキャンプも嘘」・・ 一緒に行った家族も成田市の地域の集まりで、そのなかで仲がいい家族とはこれまでもキャンプに行ったことがある。 「美容院にいったは嘘」・・ 知り合いに頼み、自宅で美咲ちゃんが不明になった時の髪の長さにした。 カラーリングはしている。 チラシを配ったり呼び掛けをしたときに娘と同じ髪型だと声をかけやすくするため。 「募金は詐欺は嘘」・・とも子さんの大阪の知人が善意で始めたこと。 悪意があるように受け取られてしまった。 このほか、「涙を流していなかった・会見の時にカンペを見ていた・友達から嫌われていた・テントからほとんど出てこなかった・不明中SNSをしていた」などの噂がありますが、 裏付ける情報はなく信用には足りません。 家庭について とも子さんの夫、雅さんについて 「夫が顔出しをしなかったのは「別居しているから」は嘘」・・家を買い、一緒に住んでいる。 顔を出さなかったのは、会社の方々や顧客に迷惑をかけたくないから。 だからインスタなどで顔を出していた母親だけにした。 夫の雅さんの姉は、 別居疑惑に対し 「家を買ってから、ずっと一緒に住んでいます」 「雅が顔を出さなかったのは、会社の方々や顧客に迷惑をかけたくないから。 だからインスタなどで顔を出していた母親だけにしたんです。 ネットで母親が批判されているのは本当につらい。 2人の娘に愛情を注いできたのに、父親がいないときにこんなことになって、責任を感じて、ほとんど寝ずに警察の方々と一生懸命探し回っていました。 ハッシュタグだって、心配して連絡してくださった友人やお客さんに自分のインスタがすぐわかるように、と思ってやったこと。 一緒に行った家族も成田市の地域の集まりで、そのなかで仲がいい家族とはこれまでもキャンプに行ったと言っていました」 出典: とも子さん自身はインスタで説明 ともこさんも同様に、「様々な噂」について否定。 当時の状況について説明しています。 美咲がいない今、自分のことなんてどうでもいいです。 私が何かなってみつかるならそれでいいです。 家を売ればみつかるなら喜んで売ります。 美咲が見つかるなら何でもできます 今、自分のことを考えてる余裕ないです。 Instagramのコメントが荒れてるのは知っていました。 でもそんなこと気にしてる時間が勿体なかったんです。 でも、私を応援してくれる方もたくさんいます。 その方々がSNS上で心ない人たちとぶつかってしまう、その人達が責められてしまう それが本当に辛くて、申し訳なくて。 その方々への謝罪と恩返しのつもりで昨日Instagram更新しました。 出典: 美咲ちゃん母「今、自分のこと考えてる余裕ないです。 」 今は自分のことを考えている余裕はない、とも子さん。 またとも子さんの儀姉は「ネット社会って本当に怖いです。 夫婦仲が悪いとか、母親が殺したとか、美咲はあの場所に行っていなかったとか、すべてウソ。 世の中、暇人や冷たい人が多いんだと思いました」と世間に対する不信感もあらわにしています。 一方で、1日も早い発見を祈り続けている人々も。 美咲ちゃんに関する情報提供については、下記まで。 大月警察署:0554-22-0110 ネットの反応 山梨のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲ちゃんを捜すチラシが遠く離れた我が家の新聞の折り込みに入っている。 親御さんの必死さがひしひしと伝わる。 一日も早く無事で見つかって欲しい! — くじら KUJIRAJP 道志村で行方不明になっている小倉美咲ちゃんのその後の報道が全くされなくなてしまったことに対する報道に対しての危機感を強く感じる。 正直台風の被害より、マラソンの札幌開催に対する話よりこの話の方がよっぽど大事だと個人的には思うんですけどね。 世の中が冷たすぎる。 — Bee Bee98803345 ニュースで報道されなくなりましたが、未だ見つかっていません。 何が力になれるかわかりませんが、SNSで地道に拡散し続ければ、何かしらの手がかりがあるかもしれないと思い発信しています。 些細な手がかりでも見つかりますように🙏 — ミウ 風一族 miu1308.

次の

美咲ちゃん母が犯人でない理由は?髪を切る・募金・旦那が顔出ししない理由も明らかに【道志村 不明女児】

山梨行方意不明女の子

千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が行方不明になった山梨県道志村のキャンプ場が、台風19号で壊滅的被害を受けた。 現場周辺にとどまっていた美咲さんの母、とも子さん(36)は山を下りて同市に帰った。 とも子さんは18日、産経新聞の取材に応じ、「美咲は山にいると信じていたが、惨状を見たら、いてほしくないと思った」とジレンマを語った。 (渡辺浩) 美咲さんが行方不明になった「椿荘オートキャンプ場」は、12日の豪雨でキャンプ場内を流れる椿沢が氾濫。 斜面の崩落も起き、大量の岩や土砂、倒木などが流れ込んだ。 18日に記者が取材に向かったところ、国道413号から最短距離でキャンプ場につながる林道は舗装がめくれ上がり、通れなかった。 別ルートでたどり着いたが、キャンプ場は大きく姿を変えていた。 同日午後3時40分ごろ、小川へ先に遊びに行った子供たちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。 とも子さんら家族はそれから1週間ほど、テントを張ったまま美咲さんを捜し、その後は近くの旅館に滞在して捜索活動を見守ってきた。 県警などは今月6日、大規模な捜索を打ち切り、ボランティアが捜し続けてきた。 台風19号の接近でいったん成田に帰っていたとも子さんは、14日朝に現場に戻って、あまりの被害の大きさに驚いた。

次の