なべ こじ。 あなたはやっぱり万能調味料です

Snow Manのカップル名を教えて下さい\(^o^)/

なべ こじ

元からみんなから愛される天然タラシな康二だったが、翔太と付き合いだしてから、色気も加わり度を超えてきている気がする。 余計な輩が寄ってきて来ないかメンバーとして心配になるよ。 「えーと・・・あのな、」 「うん!」 「あの、その言いにくいんだけどな・・・」 「もう!ふっかさん何なん?歯切れ悪いな!早く言ってや!」 「分かった分かった言うから!!! えーとその・・・服、着替えた方がいいと思うぞ」 「え?」 きょとんとする康二には自分の言葉の意図は伝わらなかったようだ。 襟の部分を指先で摘んで、どうして?と問い返される。 「オレ、そんな変な服着てる?」 「いや、そうじゃなくて・・・」 ちらりと康二の首筋に目をやった。 白い首筋にひとつ、くっりきりと浮かび上がるのは誰がどう見てもキスマークに違いないだろう。 それを付けた相手が同じくメンバーにいるということに若干の苦い気分になる。 こんな少しかがんだだけで見える部分に痕を残しているなんて、翔太絶対にわざとだろ。 今までの彼女に淡白過ぎた翔太を知ってる俺としては、康二に対しての独占欲の強さに正直驚きを隠せない。 康二自身はそのこと全く気付いていないようだが。 こんなにもあからさまに翔太に思われてるのに、どこか自己肯定感が低い康二は自分ばっかり翔太のことを好きだと勘違いしてる鈍感ぶりで危機感が皆無である。 こりゃ翔太が心配になって虫除けしたくなるのも分かる。 けどな・・・・ 「ふっかさん?」 「あー、あのな、康二。 首んとこ、」 とんとん、と自分の首で『その部分』を示してやると、康二は漸く理解出来たのか真っ赤になって掌でそこを押さえた。 「ふっかさん、その、こ、これはっ」 「いやいや、分かってるから皆まで言うな! 翔太と仲よくやってるんだな」説明しようとする康二を止める 「なっ・・・!?」 「でもさ、康二もアイドルなんだからそんな目立つ所に着けられないようにしろよ?康二気付いてないだろうけど、毎回結構あちこち付けられてるぜ?」 キスマーク、と唇の動きだけで伝えると、康二の顔がさらに赤く染まる。 心なしか身体も震えているようだ。 「お・・・オレ、用事思い出したから、今日は帰る、ね・・・」 「おー。 翔太にヨロシク」 くるりと背を向けた康二からは羞恥と怒りのオーラが滲み出ているのが判る。 おぉ珍しく康二が怒ってるなぁ。 これで少しは楽屋の風紀が保たれるといいのだが。 こちらだって、康二の色気に当てられて変な気を起こしてしまうのはもう勘弁なのだ。 でも康二、結局翔太に甘いからなぁーーーちゃんと言えるだろうか?まぁ、あんだけ怒ってるし。 この時は気づかなかったのだ。 こういうのは康二に言うのではなく翔太に言うべきだってことを。 明日の朝、色気ダダ漏れ状態で気だるげに歩く康二とその真横で上機嫌な翔太の顔を見るまでは。 全くアシストしたつもりはなく、これ以上康二にドキっとして、不埒な感情を抱かないようにしただけなのだが、バカ正直に言えば翔太の恐ろしいほどの独占欲に触れてしまう危険性がある。 元はと言えば翔太のせいなのに、なんて不憫な俺なんだ、、、 そんなこと俺が思っているとはつゆ知らず、上機嫌の翔太は話を続ける 「康二さ、昨日家に帰ってきて、ふっかに指摘されたキスマークの話をしようとしてきたんだけどさ、キスマークっていう単語を中々発せないのが無茶苦茶かわいくてさぁー、 だんだんとあいつの顔が羞恥で顔が赤く染まっていって涙目で俺を見つめらた頃には、既に理性吹き飛んでたから、気づいたらあいつの唇奪って舌入れて歯を・・・」 「お、おい、ちょっと待て待て!」 どんどん話し出す翔太に、これ以上メンバー同士の夜事情を聞かされるなんて溜まったもんじゃない!と、静止させる。 本当は俺の方が翔太に言ってやりたいことが山ほどあったのだが、 「撮影で脱いだりすることもあるんだし、ライブとかでファンの子に気づかれたらマズイんだから程々にしとけよ!」というのが、グループの最年長として言える精一杯なのであった。

次の

僕らの夢に出逢う街

なべ こじ

いや3年半ぶりの記事がこれでどうよ? 3年前はまさかが東京に行ってとしてデビューするなんて夢にも思ってたなかったね。 夢をデビューと言ってくれなくて。 そう思わせてあげることができなくて。 申し訳無くて、遣る瀬無くて、悔しかった4年前。 康二くんが東京に行ってからの1年間。 正直辛かった事も悔しかった事も沢山ある。 もうデビューもするし今更言わないけどね。 康二がに加入してから本当見るに耐えないぐらい不安定だった時、側で甘えさせくれて、構ってくれてた目黒さん。 あの寂しがりで甘えたがりで、かまってちゃんの康二が懐かないわけない。 はじめは雑誌に載るか載らないか微妙なラインで2人が仲良くしてるところから始まって。 すの日常に名前が出るようになって。 本当に ホッとした。 よかったなんとか東京でやっていけてるって。 きっと目黒さんは本当純粋に康二くんを心配してくれてたと思うし、長年のおたくが見ても面倒臭い年上相手によくぞそこまで付き合ってくれてるなと感心さえしてたんだけど。 終わった頃から、 なんとなく少しずつ ビジネス感が漂い始めてて、 でもファン心理としてなんとなく認めたくなくって目逸らしてたんだけど、 サマパラでは完全にめめこじが コンテンツ化されててビジネスとして成立してなんとも言えなくなったんだけど。 なぜ〝めめこじ〟がビジネス化してしまったのか? 原因はDDで複雑怪奇なとなんでもかんでもめめこじに結びつけようとしたファン心理では?と思い至った訳で。 康二くんには過去に色んなコンビがあって。 かねこじ、しょうこじ、るたこじ。 死ぬ程重くて面倒くさくて、寂しがり屋で、甘えん坊で、意地っ張りで、喧嘩しても中々謝らない、でも肝心な所で遠慮しちゃうを理解してくれてる素晴らしき御三方。 紫耀は双子感あったけど。 柊真と龍太くんは もはや菩薩の域。 を最後は甘やかして、折れてくれる大人だったんだよね。 でもそれは半年一年の付き合いじゃなくて本当何年も一緒にいたからこそ。 目黒さんはジャニフワ (懐かしい)の時共演して、康二くんが後輩指導するお兄ちゃんの面を見てたからの本性 (言い方)を知らなかった (と思われる)のに、 まだグループになって一年も満たない相手におたくは求め過ぎて騒ぎすぎた。 これは真面目に反省。 さて、ここからが本題。 康二ファンお手紙感覚で普通にファンレ書くし。 それっぽいこと目黒さんすの日常で書いてたし。 割と本気での保育日記感覚で見てた時期ありました。 ごめんなさい。 土下座。 ビジネスとして見てなくても、ファンが喜ぶコンビとしての認識はあったと思うのよ。 目黒さんも康二くんも。 加入前の目黒さんのことは詳しく知らないけど、康二くんはファンがどうすれば喜ぶか?何が好きか?何を求めてるか?を理解して行動する人だと思ってる。 目黒さんもファンが喜んでくれるし。 ぐらいの感覚だったとおもうのよ。 その反響が本人の想像以上だったんだろうけど。 何度 金一封と菓子折り送ろうと思ったことか。 思い留まってよかった。 東京公演始まってから康二くんは「構ってくれない」と嘆いてたけど、それは、年下ラウールがから加わって構うべき、気にかけるべき相手がからラウールになったから。 貴方、ホテルまで送ってもらってるでしょ。 子供みたいな遊びに付き合ってもらってるでしょ?と何度心で呟いたか…。 ホテル住まいから本格的に上京準備始めた頃、 東京だしホテル住まいだし心細いだろうと心配して送ってくれていた時期が終わって、 東京に家借りて康二がいろんな人と出歩く (言い方)ようになってから。 目黒さん的には、 メンバーとしては気にかけるけど、加入当初みたいに気にしなくても いい大人なんだから大丈夫でしょ?って思ったと思うんだよ。 仮にも年上だし。 知らんけど。 それがにはまずかった (だから言い方) ただでさえ距離感馬鹿の関西で育って、構われたがりの康二には冷たくなった!に感じたんじゃないかな? まぁ知らんけど。 おたく思考的に話すと の隣にはいつだってシンメと呼ばれる相方がいた。 でもずっとは続かなくて。 グループに置いてのシンメがいかに重要で大切かイヤってほどわかってるから。 大西畑との取材で孤独過ぎて死にかけた (本人談)さんだから。 に加入してやっと見つけた最後の居場所で笑ってる姿が嬉しかった。 そこにプラスしてシンメになるかも知れない目黒さんが登場。 康二くんの隣に目黒さんが居て嬉しかったし。 めめこじが定着するのも嬉しかった。 だけど、や、すのちゅーぶコメにめめこじが増えて嬉しい反面、この頃から勝手にこの状態がいつまで続くのかビビりはじめる。 あのレポ読んで、 ダメだよ本人が口にしちゃ。 まだ早い。 あれはおたくが勝手に盛り上がるからこそ楽しみがあって、人気が出る。 本人が口に出すと途端に薄っぺらく、軽く感じちゃうんだよ。 と叫びそうになった。 ウソ叫んだ。 あれを機にめめこじをビジネスとして捉えて一線引いた人と、本人達が認知したと盛り上がる人に綺麗に別れたんだと思うの。 今考えてもあれは言うべきではなかった。 ー 目黒さんって すの日常の内容や誌面での発言も全て踏まえた上で言うと、すっごいしてるな。 って感じる事多くて。 たぶんどう見られてるのか勉強も兼ねてるんだろうけど、そこでいかに〝めめこじ〟が組み合わせとして需要あると気付いたのかな?と踏んでいる。 ー 「 お前の彼氏じゃねぇから」とお互いを「 彼氏彼女」と言い合い始めた辺りもその頃。 ダメだよ。 どうしても受け入れれなくなる一定数は居るから。 仲良しの延長戦上にメンバーとしての絆と信頼が見えるからこそコンビ、シンメ売りが成立する訳であって、本人達が口に出すとどうしてもビジネス感漂っちゃうんだよ。 誰目線? あとはそれに比例して浮上しためめラウ超仲良し。 とある方が【 めめラウはほんとの仲良しって感じだけど、めめこじはビジネスっぽいから、めめこじ派はめめラウが仲良くしてると、 んーっておもうんでしょ?】って呟いてて。 ごもっとも。 ぐうの音も出ねぇ。 正論だよ。 べつに巻き込まれてるラウールは悪くない。 なにも。 可愛いから。 少年たち〜少クラで目黒さんが書いてた「俺とラウールにとっては憧れの場所」がなんとなくずっと心に残ってて。 どうすれば良くなるか?をお互いに試行錯誤してたこの期間で目黒さんとラウールは共有する思いがあって仲良しが深まったのねと勝手に思った。 知らんけど。 ラウール普通に可愛いし。 可愛がりたくもなるわ。 間違いなく可愛い。 素直だし。 拗らせてないし。 ここでも目黒さんは康二くんの名前を個人で出してくれてる。 ただこれになぜか距離を感じた。 目黒さん本当にごめん。 めめラウこじ三人でぎゅっとくっついてくれてれば満足なんだけどね。 確実にめめこじをビジネスとして捉える人が増えたのはサマパラ以降。 なにかとめめこじに結びつけようとする人が増えたのもサマパラ以降。 やっぱどう考えてあれは、ダメ。 全然良くない。 コンテンツ。 めめこじ。 別に不仲だとはこれっぽっちも思ってないし 目黒さんは相変わらず、康二くんの名前を出してくれてるし、仲はいいんだろうけど。 それはあくまでもグループとして、メンバーとしてであって。 それが康二くんにはどうしても冷たく感じたんだろし。 おたくが求めるめめこじ像 (なんだそれは)とは違ってきてたんだろうな。 加入当初はあれだけ構ってくれてたのに!。 ご飯も誘っても断ってくる!って。 よく聞く〜 ただこれに関しては一言。 は じゃないからな。 ご飯断られる件については康二くんを優先し過ぎ。 先約は大事にしないと。 後々大変だよ。 は菩薩。 悟りの域に達した人だから。 メンバーも流星の名前出して「あー」って リアクションされるって事は一度や二度じゃないだろうし。 これに関しては康二くんが改めないと。 折角ご飯行っても、流星と会うって早く切り上げられたり、ドタキャンされると、相手としてはいい気分しないからね。 そりゃ次行く気もなくなるよ。 優しさは時に優柔不断に見えるし、身勝手に思えるし、人を傷つける。 その優しさがの良さでもあるし、きっとどっちかを断るわ出来なかったんだろうけど。 まぁさんは断られたんですけど。 同じグループ・メンバーだから次のチャンスはあるって思った故の事であっても、先約は大事にしよう。 これは本当に気をつけようね。 そして一番の原因。 寂しがり屋でかまってちゃんな の元々ぶっ壊れてる距離感 もうこれに尽きる。 関西の距離感想像以上にぶっ壊れてた。 素顔4見てびっくりした。 兎にも角にもメンバーとして 普通に仲良くする目黒さんを距離感馬鹿パーソナルスペース0の康二くんはどうしても冷たいと思っちゃって拗らせた上に構ってくれなくなって寂しくて、構って欲しくて蹴り喰らわしてるんだろうけど。 もう一度言う。 はじゃない。 あと、蹴りくらわす以外に気になったのが 「自然体でいたいのにガミガミ言ってくる」これ気になる。 目黒さんとしては至って普通。 が、康二くん的には加入当初はあれだけ構ってくれてたのに!冷たい! (世間的には至って普通の距離感) が総じて「 クールぶってる」の表現になったんだろうけど。 シュッとしてるのちょい嫌味版的な。 「クールぶってる」だけをさすがにガミガミと表現はせんだろう。 はになにを言った。 お兄ちゃん気質がどっかで出たのか? なんかアドしたのが煩いと捉えられたのか? それとも「クールぶってる」のワードがシンプルに嫌いなのか? さんについてまたまだ知らない事が多すぎてなんとも言えないけど、甘やかされたいらしいから、あんましやんや、やんや言われるのが好きじゃないんだろうね。 知らんけど。 これはあくまでも勝手な個人的な意見だけど。 目黒さん。 おたくにあんまめめこじ言われるのも、なにかとめめこじ結びつけられるのもイヤだったんじゃないかな?んー、 イヤってゆうか、めんどくさ。 みたいな? まぁ、ビジネスコンテンツ化した上に自ら「めめこじ」や「お前の彼氏じゃない」発言したからなんとも言えんけど。 とそのおたくの重さに疲れたんだろうな。 知らんけど。 まぁ康二宅でしゃぶしゃぶした事、目黒さんインタビューで普通に話してるから。 きっとおたくが思ってるほど深刻ではないだろうし。 そこまで深刻なら誌面では言わんだろうと思ってるのと、本当に深刻ならおたくが知らないところでちゃんと話し合ってねって気持ち半々。 加入当初のベタベタ期から普通の仲良しのメンバーへ。 でもちょっと書いたけど。 距離感馬鹿家族関西で育って。 それこそちっさい時から一緒に距離感馬鹿で育って最終的には折れて甘やかしてくれる 精神年齢高めの人が圧倒的に多かったにとって さんはきっと今まで接することが少なかった部類の人だろうし。 それはさんも然り。 いい年した自分よりも年上がベタベタひっついてくる事も、ちょっとしたこで拗ねて落ち込む様な拗らせた人も今までにいなかったタイプの人だと思うから。 なんとなくまだ距離感模索中なんだろうな。 そういう事にしておこう。 今はまだ探り探りでいい。 お互いにとって一番いい距離感が見つかればいい。 と言うわけでめめこじがちょうど良い距離感掴んで落ち着くまでおたく暫くめめこじ抑えます。 その間はふかこじ、だてこじ、さくこじ、あべこじ、なべこじ、岩本兄弟に沸きます。 (治らぬ悪癖) まずは康二くん。 蹴りくらわすのやめてちゃんとさんにごめんなさいしてね。 naaachanman.

次の

あなたはやっぱり万能調味料です

なべ こじ

こんな方じゃないのに、、、 と思いつつせっかくだから上げる。 こんだけ?って感じです。 好かれてるってことは。 何となくそうなのかなって気づいてから、確信に変わるのは早かった って、言うか。 判り易すぎなんだもん、あいつ。 康二もプロだし、言葉とか態度とか、表層に出てくる方には一応周りに隠すように気を使ってるらしいけど、一番バレバレなところを忘れてる。 目は口ほどにモノを言う、ってね。 康二らしいっちゃらしいけど、それで隠せてると思ってる康二って天然記念物並みに鈍感だと思わない? 今も楽屋で静かに雑誌チェックしているオレをキラキラした目で見つめているであろう康二を鏡の角度を使ってバレないように横目で確認する。 あんな熱烈な視線見つめられて、いつか焦げちゃわないだろうか? 最初はさ、俺も職業柄好意を持たれる事になれてたから、康二みたいな子に純粋に好意を持ってもらえるのは、嫌な気はしないなってくらいだった。 けれど、相手は康二だ。 そんもんでは済まなかったみたいだ。 誰からも愛されてて、笑うとその場の雰囲気が明るくふんわりと代わる、そんな力を持った康二にハマっていってるのはむしろ俺の方だった。 康二が気になりだすと分かってしまうのが、 ライバルが多いってこと。 いや、多過ぎると言ってもいい。 年上の余裕をかましてないで、早く伝えればいいのに。 って何もかもお見通しの涼太には諭される。 でも、康二って憧れと、恋愛の区別付いてんのかなー、と、疑がり深い俺はついつい康二の様子見をしてしまう。 だってさ、俺ばっかり本気になって、やっぱり翔太くんへの好きは憧れでした、ごめんなさいって言われたらたまんないでしょ? だから、つい康二の前では、康二の気持ちに気付かない振りをしようとしてしまうのが俺の悪い癖だ。 まだそれだけならいいけど…… 照れて、つい思っても見ない冷たい言葉で遠ざけてしまったりなんて・・・・・・何やってんだろ? 好きな子イジメたい小学生じゃあるまいし。 どうやら俺は康二に出会ってから恋愛初心者に逆戻りしてしまったみたいだ。 ・・・だけど、ほんとうにね、 誰よりも、何よりも。 お前のことが大好きって素直に伝えたいんだよ。 どうか、明日こそ素直になれますように。 そう願う俺を月明かりだけが優しく照らしていた。

次の