七つの大罪作画崩壊なぜ。 七つの大罪 (ななつのたいざい)とは【ピクシブ百科事典】

どうしてこうなった!?特に評判の悪いアニメ実写化映画を集めてみた

七つの大罪作画崩壊なぜ

七つの大罪の作画崩壊がひどいと話題! これはもう、作画の大罪やん — 鷹翔 ei29suki 大人気作品七つの大罪のアニメはすでに3期、しかし現在、作画について話題になっています。 一体何が起こったのでしょうか。 作画崩壊がやばい? アニメ版七つの大罪3期の作画崩壊が話題ですが、1期2期共に「ちょっと作画崩壊していない?」と言うシーンも見受けられました。 それでもそこまで話題にならない程度。 しかし今回は「なぜこうなった」「作画どうした」など、驚きと心配の声が上がっています。 どんなアニメでも多少の作画の崩れはあるものですが、今期はなぜここまで話題になってしまったのでしょうか。 それではまずその崩壊シーンから検証してみましょう。 作画崩壊がツイッターでも話題に! 七つの大罪 作画崩壊 とか言われてるけど アニメーターさん絶対大変だろうな… — マサ(masa ポケモン実況者 ポケモン剣盾実況(ソードシールド)マニューラ大好き masaYouTube1218 以下は3期のアニメを見た視聴者の反応の一部です。 七つの大罪の3期の作画やばい。 あんまり無理せずにがんばってほしいです。。 人気の七つの大罪の様な素晴らしい原作のマンガが有るアニメは特に注目されてます。 テレビアニメ七つの大罪は作画崩壊しておりクオリティが低いです。 七つの大罪3期作画どうした? エスカノールとか完全にルイージやんけ。 — あべのまる Us4L5TVsmWMUHmX ここまで見るとさすがにファンも戸惑ってしまうレベルですね。 問題となる13話はエスカノールvsメリオダスの戦闘が描かれた「最強vs最凶」。 怒りの感情が制御できなくなり魔神化した「最凶」のメリオダスを止めるべく、立ち向かったのは七つの大罪「最強」の男、エスカノール。 原作でも熱いバトルシーンに加え、正午になったエスカノールの真の力が発揮される場面でもあり、ファンからは根強い人気があるお話です。 アニメでこのバトルが見れるとなるとやはりファンは期待が高まりますよね。 しかし残念なことに、今回の作画で最もショックだったのがこちらのバトルシーンだと言えます。 しかもこの崩壊には海外のファンからも悲鳴が! 崩壊ショックは海をも渡ってしまったということですね。 皆さまの画像を元に、比較していきましょう。 改めて違和感がフル回転で仕事する💦何故七つの大罪こんなに作画崩壊してしまったんだ…😭 1期、2期、そして今回のメリオダスの比較 — 瑞季 amafFjEJXMYgk3J やばいです、完全に別人レベルです。 1期2期に比べると3期のメリオダスの表情や描き込みが圧倒的に違うのがわかりますね。 うん・・・こちらもやばい・・・。 ただこちらは正面のそこまで動きがない場面なので、動きまくっているバトルシーンとはまた違っても仕方がない・・・とも言えます。 しかし3期である今回の制作会社はスタジオディーンが作っています。 アニメの会社が変わっても作画陣営は変わらないというケースもあるのですが、今回はA-1picturesの頃から引き継いで担当しているスタッフがいないというケースが挙げられます。 引き継ぐ人がいないとなると、作画も一変してしまいますね。 それに会社が変わるだけでなく、作画監督や総作画監督も全話担当するというわけでもありません。 スタッフのクレジットまで細かく見るとわかりますが、ストーリーごとに担当が変わったりします。 つまりシャッフルですね。 このシャッフルは七つの大罪だけではなく、他のアニメでもよく見かけます。 七つの大罪アニメ 作画崩壊以前にキャラの顔が違うと思う所以 俯瞰の構図なんだけど、わたしはこう描いてた トレスのラクガキだけどキングちゃんの眼が違うと思うんだ 形と下まつ毛な — 蒼衣海子 祝・刀剣乱舞五周年 aoiumiko こちらの画像のキングは、パッと見は何も問題のないようなカットですが、このように細かなところでも前作との相違点が生まれます。 上記で解説したように、担当も違うと各話数で作画陣営も監督も違うため、全体的に作画が不安定になってしまうのではないでしょうか。 まとめ 今回のアニメ「七つの大罪」の「やばい作画崩壊」。 視聴者のツイートの比較画像を引用し、考察した結果のまとめとしては。 アニメの制作会社が変わり、作画の陣営も変わる。 各話数で作画監督も変わる。 担当が毎回変わるため、作風に不安定さが残り作画崩壊となる。 という理由ではないでしょうか。 とは言え、アニメを作るということはかなり大変な作業です。 作画崩壊をしていても制作スタッフが一生懸命作ったことに変わりはないですのであまり責めることなく、温かく見守りましょう。 ただ今回挙げた13話のようにファンが期待しているシーンでは、もう少し安定してるともっと嬉しいですね。 以上「七つの大罪の作画崩壊がひどいと話題!スタジオディーンが担当した3期と今までの画像と比較」と題しお届けしました。

次の

【アニメ】『七つの大罪』3期の作画崩壊が酷すぎると海外で話題に (ヤシガニ画像あり): ベア速

七つの大罪作画崩壊なぜ

2020年3月4日 水 発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の七つの大罪本誌343話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では、キャスの強さが前面に出た回でした。 未来の幻を見せるという驚異的な力を持っており、死や滅亡を超越しているという規格外なキャス。 メリオダスとアーサー以外の仲間達はみんな幻に囚われてしまい、かなりピンチな状況ですが、アーサーはキャスを倒す方法が思いついたそうです。 それは一体どのような方法なのでしょうか? 今回は「【七つの大罪本誌ネタバレ343話最新話確定速報】キャスの倒し方とアーサーの考えとは?」と題し紹介していきます。 最終回となりこれまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 キャスを倒す方法とは? メリオダスのフルカウンターをもろにくらっても見事に再生してしまったキャスですが、一体どういった方法で倒すのでしょうか? 現在意識を取り戻しているのはメリオダスとアーサーだけです。 この二人だけでキャスを倒すことが出来るのかと考えると正直怪しいと思います。 ですが、前話を見る限りどうやらアーサーは倒す方法を思いついたそうですが、どういった方法なのでしょうか? 恐らくですが、キャスが前に発言した言葉がカギを握っていそうです。 「アーサーは自分に食べられて、混沌と一体化してすべてを呑み込むのだ」 この言葉から考えると、 アーサーは逆にキャスを自分自身に取り込もうとしているのではないでしょうか? ですがこれは非常に危険な賭けであると言えます。 アーサーの片腕を喰らったキャスがここまで強くなってしまったことを考えると、仮にアーサーの全てをキャスが取り込んでしまったら間違いなくメリオダス達に勝ち目はありません。 しかも、キャスを逆に取り込めたとしてアーサーはその後正気を保っていられるのかも疑問です。 アーサーは一体何を考えているのでしょうか? 仲間達が意識を戻す可能性は? 現在意識を取り戻しているのはメリオダスとアーサーだけですが、他の仲間達は今後意識を取り戻してくれるのでしょうか? 特にマーリンには意識を取り戻して欲しいですね。 「アーサーを今後も守っていく」とメリオダスと約束したばかりなのに、アーサーが戦っている時に意識がないままというのは本末転倒です。 今後仲間達がいつ意識を取り戻してくれるのかにも注目して見ていきたいですね。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 吸収を試みるアーサー キャスを倒す方法を思いついたアーサーがキャスに飛び掛かります。 キャスは「お前が僕を倒す前に食べてやる」と余裕の表情を見せます。 すると、アーサーは空間を巨大な口の形に変え、「お前は食われるんだ」とキャスに言いました。 その時、仲間達はキャスの幻から目が覚めますが、目の前の大口を開けて襲い掛かるキャスと巨大な口に変形した周囲の空間に驚きます。 そして巨大な口の空間がキャスの背中を引っ張り、舌を伸ばしてキャスの身体に巻き付きました。 「倒せないのならば吸収すればいい!」と叫ぶアーサー。 「そして、お前に奪われた混沌の一部を返してもらうぞ!」と言い放って、キャスに向かって剣を突きつけました。 破壊を望むキャス 巨大な口の空間に呑み込まれそうになるキャス。 「混沌の直系である僕が混沌の力を持つべきなんだ」と必死に抵抗します。 そして、「混沌の力が何故欲しいんだ」と問うアーサーに対してキャスは答えました。 「 全てを破壊するためだよ! 形があるものはいずれ消えてなくなる。 それならば、僕が全部壊すべきなんだ!」 その言葉を聞いたマーリンは、キャスは混沌が生んだ破壊衝動の具現化だと言いました。 永遠なる平和な王国 今度はキャスがアーサーに対して問いました。 「お前こそ混沌の力で何がしたいんだ? また王国を作るつもりなのか? どうせ消えてなくなるのに! 死んだ民衆達はお前を恨んでいるだろうよ! 何も守れない無能な王だってね!」 しかし、その時アーサーはメリオダスに言われたある言葉を思い出しました。 「大事なのは、相手にどう思われるかではなく、相手をどう思うかだ」 そしてアーサーはキャスに言い放ちました。 「みんなに素晴らしい王だと思われたいわけじゃない! 私の願いはみんなが幸せに生きて欲しいということだけだ!! 例え笑われても、馬鹿にされてもかまわない。 それでも私は、 誰も苦しまず、誰も悲しまず、誰も脅威に脅かされることがない、永遠なる平和な王国を作る!」 混沌の王アーサー アーサーの言葉を聞いたキャスは笑います。 「永遠なんて幻想だ! そんな世界は混沌だ!」 その直後、キャスは自分が「混沌だ!」と言ってしまったことに気づきます。 アーサー、もといアーサーの望みが「混沌そのものである」ことを認めてしまったのです。 そしてアーサーは堂々と言いました。 「そう、私こそが混沌の王だ!」 その瞬間、キャスは叫びながら巨大な口の中に吸い込まれ、噛み潰されながら呑み込まれてしまいました。 その光景に思わず目を塞いでいたエリザベスですが、ふと目を開けると元の空間に戻っていました。 仲間達の存在 キャスを吸収したアーサーは、混沌の力が完全に戻っており、聖剣が完全体へと変貌を遂げていました。 「永遠なる王にふさわしい剣だ」と言うメリオダスにアーサーは言いました。 「恥ずかしいです。 自分でも熱くなって思わぬことを言ってしまいました」 するとメリオダスはアーサーの背中を叩きながら言いました。 「男なら一度口にした言葉は撤回なんてするな! 目標が極端な方がやりがいがあっていいじゃないか! それに、 例えお前が道を踏み外したとしても、俺達が助けてやるからさ!」 メリオダスの熱い言葉、そして七つの大罪達の存在に、アーサーは心から感謝するのでした。 七つの大罪最新話343話ネタバレ最新話確定速報まとめ 七つの大罪本誌の では、一瞬キャスを倒せたかと思わされるという意表を突いた面白い展開でした。 未来の幻を見せるという驚異的な力を持っており、死や滅亡を超越していて何度倒しても再生してしまうという規格外な能力を持つキャス。 メリオダスとアーサー以外の仲間達はみんな幻に囚われてしまい、かなりピンチな状況ですが、アーサーはキャスを倒す方法が思いついたそうです。 そんな気になる倒す方法が343話で明らかになりました。 キャスはアーサーに吸収されるという形で幕を閉じましたね。 そして混沌の力を取り戻して永遠なる王国を作ると決めたアーサー。 七つの大罪達も応援してくれて、とても熱い展開でした。 この後の展開は、新章へ進むのか、それともこの章で終わるのか。 次回も気になって仕方がありませんね! 344話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。 以上「【七つの大罪本誌ネタバレ343話最新話確定速報】キャスの倒し方とアーサーの考えとは?」と題しお届けしました。

次の

#七つの大罪 X 作画崩壊

七つの大罪作画崩壊なぜ

七つの大罪の作画崩壊がひどいと話題! これはもう、作画の大罪やん — 鷹翔 ei29suki 大人気作品七つの大罪のアニメはすでに3期、しかし現在、作画について話題になっています。 一体何が起こったのでしょうか。 作画崩壊がやばい? アニメ版七つの大罪3期の作画崩壊が話題ですが、1期2期共に「ちょっと作画崩壊していない?」と言うシーンも見受けられました。 それでもそこまで話題にならない程度。 しかし今回は「なぜこうなった」「作画どうした」など、驚きと心配の声が上がっています。 どんなアニメでも多少の作画の崩れはあるものですが、今期はなぜここまで話題になってしまったのでしょうか。 それではまずその崩壊シーンから検証してみましょう。 作画崩壊がツイッターでも話題に! 七つの大罪 作画崩壊 とか言われてるけど アニメーターさん絶対大変だろうな… — マサ(masa ポケモン実況者 ポケモン剣盾実況(ソードシールド)マニューラ大好き masaYouTube1218 以下は3期のアニメを見た視聴者の反応の一部です。 七つの大罪の3期の作画やばい。 あんまり無理せずにがんばってほしいです。。 人気の七つの大罪の様な素晴らしい原作のマンガが有るアニメは特に注目されてます。 テレビアニメ七つの大罪は作画崩壊しておりクオリティが低いです。 七つの大罪3期作画どうした? エスカノールとか完全にルイージやんけ。 — あべのまる Us4L5TVsmWMUHmX ここまで見るとさすがにファンも戸惑ってしまうレベルですね。 問題となる13話はエスカノールvsメリオダスの戦闘が描かれた「最強vs最凶」。 怒りの感情が制御できなくなり魔神化した「最凶」のメリオダスを止めるべく、立ち向かったのは七つの大罪「最強」の男、エスカノール。 原作でも熱いバトルシーンに加え、正午になったエスカノールの真の力が発揮される場面でもあり、ファンからは根強い人気があるお話です。 アニメでこのバトルが見れるとなるとやはりファンは期待が高まりますよね。 しかし残念なことに、今回の作画で最もショックだったのがこちらのバトルシーンだと言えます。 しかもこの崩壊には海外のファンからも悲鳴が! 崩壊ショックは海をも渡ってしまったということですね。 皆さまの画像を元に、比較していきましょう。 改めて違和感がフル回転で仕事する💦何故七つの大罪こんなに作画崩壊してしまったんだ…😭 1期、2期、そして今回のメリオダスの比較 — 瑞季 amafFjEJXMYgk3J やばいです、完全に別人レベルです。 1期2期に比べると3期のメリオダスの表情や描き込みが圧倒的に違うのがわかりますね。 うん・・・こちらもやばい・・・。 ただこちらは正面のそこまで動きがない場面なので、動きまくっているバトルシーンとはまた違っても仕方がない・・・とも言えます。 しかし3期である今回の制作会社はスタジオディーンが作っています。 アニメの会社が変わっても作画陣営は変わらないというケースもあるのですが、今回はA-1picturesの頃から引き継いで担当しているスタッフがいないというケースが挙げられます。 引き継ぐ人がいないとなると、作画も一変してしまいますね。 それに会社が変わるだけでなく、作画監督や総作画監督も全話担当するというわけでもありません。 スタッフのクレジットまで細かく見るとわかりますが、ストーリーごとに担当が変わったりします。 つまりシャッフルですね。 このシャッフルは七つの大罪だけではなく、他のアニメでもよく見かけます。 七つの大罪アニメ 作画崩壊以前にキャラの顔が違うと思う所以 俯瞰の構図なんだけど、わたしはこう描いてた トレスのラクガキだけどキングちゃんの眼が違うと思うんだ 形と下まつ毛な — 蒼衣海子 祝・刀剣乱舞五周年 aoiumiko こちらの画像のキングは、パッと見は何も問題のないようなカットですが、このように細かなところでも前作との相違点が生まれます。 上記で解説したように、担当も違うと各話数で作画陣営も監督も違うため、全体的に作画が不安定になってしまうのではないでしょうか。 まとめ 今回のアニメ「七つの大罪」の「やばい作画崩壊」。 視聴者のツイートの比較画像を引用し、考察した結果のまとめとしては。 アニメの制作会社が変わり、作画の陣営も変わる。 各話数で作画監督も変わる。 担当が毎回変わるため、作風に不安定さが残り作画崩壊となる。 という理由ではないでしょうか。 とは言え、アニメを作るということはかなり大変な作業です。 作画崩壊をしていても制作スタッフが一生懸命作ったことに変わりはないですのであまり責めることなく、温かく見守りましょう。 ただ今回挙げた13話のようにファンが期待しているシーンでは、もう少し安定してるともっと嬉しいですね。 以上「七つの大罪の作画崩壊がひどいと話題!スタジオディーンが担当した3期と今までの画像と比較」と題しお届けしました。

次の