質問させていただく 敬語。 「ご連絡させていただきました」は正しい敬語?電話やメールの類語は?

ビジネスメールでの質問・問い合わせ|書き方のポイントと例文

質問させていただく 敬語

「回答」という言葉だけでは、当然のように敬語として扱われないので注意してください。 利用する際は「ご回答」という言葉を利用することになります。 頭にちょっとした部分を付けることによって、敬語として見てもらえるようになるので、このいい方なら安心して利用することができます。 しかし、「ご回答」という言葉には罠が潜んでおり、そのまま使うと失敗することがありますので注意が必要です。 「ご回答」の後に続く言葉に注意が必要 「ご回答」という言葉を利用する際、その後に続く言葉が重要であり、この言葉がおかしいと敬語として認められないことがありますので注意してください。 敬語として利用する場合は、「ご回答」の後に続く言葉をしっかり考えて、明らかに違和感が出ないようにしなければなりません。 繋がる言葉によって変化するのが敬語と言われていますが、「ご回答」はその典型例と言える言葉なので、注意が必要です。 敬語として利用する場合は「ご回答申し上げます」にしよう 「ご回答」を敬語として利用する場合は、「ご回答申し上げます」というのが正しい使い方となります。 なので、それ以外の使い方はおかしいと思われてしまいますので注意してください。 「申し上げます」は、「致します」の敬語表現となりますので、こちらの方がへりくだったいい方をすることとなります。 間違った使い方をしないためにも、「ご回答」の後には「申し上げます」という形をすることが一般的です。 相手に回答を求める場合は「お願い申し上げます」にしよう 相手の方に回答を求める場合、「ご回答申し上げます」という言葉は利用できないので注意が必要です。 なので、「ご回答」を「お願い申し上げます」という言葉を利用することになります。 もう少しカジュアルにしたいなら、「ご回答お願いします」でも構いませんが、本当に硬い印象にするなら「申し上げます」になります。 相手の方に伝える際にも、「ご回答」の後に繋がる言葉が非常に重要となります。 間違った使い方の典型例:「ご回答致します」 「ご回答」という言葉を、間違った敬語に直している方が多く、よく敬語の使い方で間違っているとされていることがあります。 特に多いのが、「ご回答致します」や、「ご回答ください」といった言葉であり、これらは全く敬語として利用することができません。 このような使い方は、一見すると正しいように思われますが、実は全く表現としては違っていることになります。 「ご回答」の後ろの言葉が非常に大事 上記に書かれている表現というのは、「ご回答」の後に繋がる言葉に違和感があり、敬語として認められていないのです。 敬語として利用したいのであれば、後ろの部分の敬語表現は非常に重要なこととなりますから、後に続く言葉をよく考えるのです。 失敗すると大きな迷惑をかけてしまうこともありますし、相手の方から指摘を受けることもあるので注意してください。 ご回答を敬語にするにはその後が大事な注意点となる 「ご回答」という言葉自体は敬語としても利用できますが、その後に繋がる言葉をしっかり考えないと失敗することとなります。 いい表現にするためには、「申し上げます」という言葉を上手く利用して、敬語として使えるようにしてください。 それ以外の表現をすると、一見間違っていないように見えますが、「ご回答」に繋がる言葉としては間違っていることになります。 間違えやすい点なので注意して利用してください。

次の

ビジネスメールでの例文集|質問・返答の方法・件名の書き方

質問させていただく 敬語

コンテンツ目次• まずは敬語の基本である、尊敬語、謙譲語、丁寧語について解説します。 基本をおさらいして面接でも活かせるようにしましょう。 ・尊敬語 尊敬語は、目上の相手に敬意を表し、相手を立てるために使用する言語表現です。 面接時の面接官や会社の上司、取引先の方などが使う対象になります。 使い方は、動詞に対して「れる」、「られる」などの言葉を付け加えることです。 また、動詞に「お」や「ご」を使用する場合は、「れる」、「られる」は使用しません。 例えば、「話す」という動詞を尊敬語で表現すると「社長が話される」、または「社長がお話しになりました」といった風になります。 他にも「来る」という動詞を尊敬語にすると、「おいでになる」、「お越しになる」、「お見えになる」などの表現になり、「社長がおいでになります」といった風に述べることができます。 ・謙譲語 謙譲語は、自分がへりくだることで間接的に目上の相手を立てる言語表現です。 尊敬語と区別がつけにくいため難しく思われがちですが、この2つが見分けられるようになれば正しい言葉遣いができるようになるでしょう。 謙譲語と尊敬語の見分けるポイントは、主体となる対象の違いです。 「私が、お迎えにあがります」のように自分が主体となるのが謙譲語、「相手が、いらっしゃいます」のように相手が主体となるのが尊敬語と覚えるとわかりやすいでしょう。 なので、「申し上げる」、「参る」、「させていただく」といった謙譲語を「お客様が申していました」や「相手が参られました」のように相手の行為に対して使うのは間違っています。 ・丁寧語 丁寧語とは、言い回しを丁寧にすることで相手に敬意を表す言語表現です。 先輩や知人など、上下関係に関係なく使われており、尊敬語を使うには少々大げさになってしまう間柄の方に利用されています。 使い方は、語尾に「です」や「ます」、名詞に「お」、「ご」をつけるのが特徴。 特に「お」は訓読みの名詞に、「ご」は音読みの名詞に使用します。 例えば「お」はお電話、お時間、お車、お手伝いなど。 「ご」はご在宅、ご登録、ご心配、ご返事などです。 また、「ございます」は謙譲語だと誤解されやすいですが、これも丁寧語の一つです。 「お時間はございますか?」や「ご在宅でございますか?」は正しい表現なのです。 <関連記事>• 実際「伺わせていただく」というフレーズはよく使われており、仕事をしていると「お伺い致します」、「お伺いさせていただきます」といった言葉をよく耳にします。 一般的には定着している敬語なので違和感を持つ方が少なくなってきていますが、どれも正しい敬語ではありません。 「伺う」という言葉は、それだけで敬意を表現できる謙譲語です。 冒頭に「お」をつけたり、「致します」や「いただく」などの謙譲語をつけると二重敬語になってしまいます。 冒頭に「お」を付けないと丁寧さに欠けると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シンプルに「伺います」と伝えるのがベストなのです。 二重敬語だから絶対に使ってはいけない、という訳ではありませんが、あまりにも気を使いすぎると却って「敬語が使えない」と思われてしまうので注意しましょう。 また、「お伺いさせていただきます」という言葉は、「サ入れ言葉」と言う、よくある間違いの一つ。 「させていただく」という言葉自体が過剰表現になりやすいので、「話させていただきます」、「行かさせていただきます」、「送らさせていただきます」など、おかしな敬語を使わないよう気をつけましょう。 ですが敬語というものは紛らわしかったり間違えやすかったりして、気付かずに間違った敬語を使ってしまっていることがあります。 こちらでは間違えやすい敬語をいくつかピックアップしたので、今のうちに正しい敬語をおさらいしましょう。 ・「ご苦労さまです」 「ご苦労さま」は、目上から目下に対してかけるねぎらいの言葉です。 目上の方に対して用いるなら「お疲れさまです」が適切でしょう。 ・「了解しました」 「了解」は同僚、もしくは目下に対して使う言葉です。 尊敬語ではないので、目上の方やお客様に対して用いるのは失礼に当たります。 「しました」をつければ丁寧語になりますが、「承知しました」、「かしこまりました」を使ったほうが無難でしょう。 ・「しばらくぶりです」 「しばらくぶりです」も、同僚もしくは目下に対して使う言葉です。 「お久しぶりです」なら相手の立場に関係なく使えますが、大分くだけた表現なので目上の方に使うのはやめておきましょう。 敬意を表すには「ご無沙汰しておりました」と言うのがオススメです。 ・「いつもお世話さまです」 「お世話さまです」は、「ご苦労さま」と同じで、目上の方に対して使うのは失礼に当たります。 お世話になった相手に対して敬意を表す言葉にしては敬意は軽いので、「いつもお世話になっております」と言いましょう。 ・「ご一緒します」 一見問題なさそうですが、「一緒」という言葉は対等な関係を表すものです。 目上の方に対して使用するのは失礼に当たるので、「お供いたします」、「お供させていただきます」が正しい返事の仕方です。 ・「大変参考になりました」 「参考」という言葉は、「自分の考えを決める際の足しにする」という意味を持っています。 そのため、目上の方に使うのは失礼なので、「大変勉強になりました」と返すのが無難でしょう。 ・「すいません」 「すいません」や「すみません」は、謝罪の気持ちを表す表現ですが、口語として定着したくだけた言い方です。 目上の方に使うと失礼に当たるだけでなく、ビジネスシーンでは使うことさえNGだという意見もあります。 「申し訳ございません」や「恐れ入ります」が正しい敬語です。 ・「私には役不足です」 「役不足」とは、自分に相応しくない仕事を与えられ、満足できない時に不満を表すために使う言葉です。 与えられた仕事に対して充分な能力が足りていない、ということを言いたいのであれば「力量不足」、または「私には力不足です」が正しい表現です。 ・「わが社」 「わが社」とは社内で使われる言葉で、敬語ではありません。 社外で使ってしまうと、偉そうな印象を与えてしまうので注意が必要です。 対外的には「弊社」及び「当社」を使い、それぞれの場面に応じて使い分けましょう。 ・「なるほどですね」 「なるほどですね」とは「なるほど、そうですね」の省略形の言葉です。 相手に納得した気持ちを表すためについつい使ってしまいますが、「なるほど」という言葉自体は目下の人に使うものです。 ですので、目上の方に使ってしまうと少々見下しているように思われてしまいます。 目上の方やお客さまには「おっしゃる通りですね」などと返すと良いでしょう。 ・「おわかりいただけたでしょうか」 「おわかりいただけたでしょうか」とは、「わかりましたか?」という意味なので、目上の方に対して使うのは失礼な表現です。 同僚や目上の方を試したり、評価したりしているような印象を持たれてしまうので、できることなら「ご理解いただけたでしょうか?」や「ご質問はありませんか?」などを用いるのが適切です。 ・「お座りください」 「お座りください」は、「座ってください」の尊敬表現なので、敬語として間違ってはいません。 しかし、犬の「おすわり」を連想させてしまう言葉なので、ビジネスシーンでの使用はNGです。 同じ意味を持つ「お掛けください」と言うのが無難でしょう。 ・「どちら様でしょうか」 「どちら様でしょうか」は、相手が誰かを確認するための言葉として使われており、丁寧な印象があります。 しかし、実際は「誰ですか?」と直接的に聞いているのとまったく変わらない言い回しので、目上の方には大変失礼な表現なのです。 お客さまには使用しないように注意し、「お名前を聞かせいただけますでしょうか?」などと伺いましょう。 ・「どうしますか」 「どうしますか」は、日常会話で使用する分には問題ありませんが、「どうする」という言葉には敬意が含まれていません。 ですので、目上の方には使わないほうが良いでしょう。 「いかがなさいますか」や「いかが致しますか」が適切です。 ・「させていただいております」 「させていただく」という言葉は、相手から依頼されたり、許可を受けたり、相手の要望を受けたりする場面で使われます。 「紹介させていただきます」や「ご案内させていただきます」など、様々なシーンで利用されていますが、頼んでもいない状況で「紹介させていただきます」と言われると少々強引な印象になってしまいます。 この場合、「紹介いたします」だけで十分です。

次の

面接で気をつけたい敬語マナー(間違えやすい尊敬語と謙譲語 編)

質問させていただく 敬語

「連絡させていただく」という言葉は「相手に連絡してあげる」という要素がある言い回しになります。 そのためたとえそれを丁寧に伝わる敬語表現に直したとしても失礼に当たるのです。 「お電話差し上げる」というような表現もあるのですが、この表現も同じ理由でNGな敬語表現であると言われています。 「ご連絡させていただきました」一般的に耳慣れた敬語ではあるものの、失礼だと感じる人が少なくない表現であることは意識する必要があるでしょう。 「ご連絡させていただきました」には「相手にお願いされて連絡してあげる」というニュアンスが含まれており、相手に対して遜る謙譲語を使うにあたってそのようなニュアンスを込めることはできません。 そのため、「ご連絡させていただきました」が謙譲語である限り、この表現は敬語として間違った表現であることになるのです。 このように「ご連絡させていただきました」は敬語として間違っており、相手に対して失礼な印象を与える言い回しなので、使わないのが賢明であると言えます。 この表現は「ご連絡させていただきました」に比べると丁寧さに欠ける表現と感じる人もいるかもしれませんが、「ご連絡させていただきました」に一番近い、正しい敬語表現になります。 新規プロジェクトの件でご連絡申し上げます。 この表現は「連絡」という表現を丁寧に言い直した表現になります。 「お知らせ」も「ご一報」と同じように軽いニュアンスの連絡事項を指す言葉です。 「ご一報」よりも肩の力を抜いて使うことができる敬語表現であり、距離が近い人に対しては「お知らせ」を使った方がいいでしょう。 この表現はビジネスライクな表現であり、会社内や組織内での連絡を指して使う言い回しになります。 この表現が使われる場合には基本的に業務連絡であり、連絡の重要度は高くなります。 特に電話で使われる表現になります。 「ご連絡させていただきました」の正しい英語の使い方は? 「ご連絡させていただきました」の英語訳3選 「ご連絡いたしました」の英語訳を紹介します。 「連絡する」というニュアンスを伝える動詞としては主に「inform」を使います。 しかしながら「伝える」「教える」といったニュアンスが強い場合は「tell(過去形はtold)」を使います。 状況に応じて動詞を使い分けるとニュアンスが細かく表現できます。 また、3つ目の例文は「情報を提供する」という日本語を英語に翻訳したものですが「ご連絡いたしました」というニュアンスで日本語に訳すことができる表現です。 中学や高校の英語で習った単語の意味が拡大解釈されることが多くなっているので、その点を認識しておくと英文翻訳を手掛けやすくなることでしょう。 「ご連絡いたしました」の英語訳• ・I informed you that ~. (~についてご連絡いたしました)• ・I told you that ~. (~についてあなたにお伝えしました)• ・I gave you some information about ~. (~についてお伝えしました) 「ご連絡させていただきました」の英語は状況に応じて翻訳する 「ご連絡いたしました」の英語は状況に応じて翻訳する必要があります。 3つの英文翻訳の例をお伝えしていますが、これ以外の表現でも「連絡いたしました」に代わる表現は翻訳できます。 例えばそれを電話で伝えた場合は「call」という動詞を使います。 メールは「send」という動詞を使います。 日本語における「ご連絡」というワードが非常に幅広いものを意味しているので、英語では様々な動詞で「ご連絡」という言葉を表現することになります。 慣れないうちは難しいかもしれませんが、一般的な動詞を日ごろ深く突き詰めていくことで英文翻訳の幅が広がっていきますので意識しましょう。 この表現は頼まれておらず、そちら側から連絡をするのが当たり前の状況で恩着せがましく「差し上げる」という言い回しを使っているために失礼だと感じる人が少なくない言い回しになっていますので使用は控えるようにしましょう。 何故この表現が間違っているのかは下記の「お電話差し上げる」という表現についてまとめた関連記事を見ると分かりやすいかと思います。 こちらの記事と併せて読むことで、敬語表現に対してのより深い理解を可能とすることでしょう。 この表現も「ご連絡させていただきました」の「ご連絡」が「お話」にすり替えられている表現であり、使用を控えた方がいい言い回しです。 「させていただく」という表現は多くの場合、失礼に当たる敬語になります。 「ご連絡させていただきました」という表現は非常に丁寧な言い回しに見えるかもしれませんが、先述したように差し出がましい印象を与えるリスクと敬語の使い方として間違っているリスクがあります。 その表現が失礼に受け取られたり、間違った日本語表現を使っているとしてビジネスパーソンとしての資質に欠けていると判断されたらせっかく相手を気遣って丁寧な言葉遣いを選んだにもかかわらず本末転倒となってしまいます。 正しい敬語の使用を心がけるようにしましょう。 会話や電話、そしてメールや文書において「連絡する」の敬語表現をどのように使うか、そのバリエーションについては先述しましたがそれらを使い分けることで相手に意図と敬意が十分に伝わることでしょう。 「ご連絡いたしました」という表現にこだわらず、状況に応じて類語や言い換えの表現を使い分けることでビジネスのシーンにおいてより良いコミュニケーションが実現することでしょう。 前後の文脈にも気を付けながら適切な表現を選択していくことで、より相手に意図が伝わりやすい文章になることでしょう。 ご連絡させていただきましたという敬語の使い方を見直そう! 「ご連絡させていただきました」という敬語表現は使わずに、その類語や言い換えの表現を、正しい敬語を意識しながら使った方が良さそうです。 こういった間違った敬語が一般的に使われている例はあるものの、やはり日本人として正しい日本語を意識した方がお互いに気持ちのいいコミュニケーションが取れることでしょう。 「ご連絡させていただきました」という言い回しを電話等で使っていると注意されることがあるかもしれませんし逆に自分が部下に注意をするシチュエーションもあるかもしれません。 そういった機会を一つ一つ大事にして日ごろから正しい日本語を意識することで、ビジネスパーソンとしてステップアップしていけることでしょう!.

次の