アンゴラウサギ 寿命。 アンゴラウサギとは

もふもふがたまらない。アンゴラウサギにせまる。

アンゴラウサギ 寿命

ヨーロッパの「」とは異なります。 東に、南に、北にと国境を接し、西はに面している。 コンゴ民主共和国を挟んでのが存在し、カビンダは北にと国境を接す。 はである。 旧植民地であり、1961年からを戦い1975年に独立を達成した。 独立後も1975年から2002年までが続いたが、内戦終結後はやなどの豊富な資源を背景に急激な経済発展を続けている。 しかし、1,000万を越える敷設や首都のルアンダのが世界一高い など課題も多い。 、の加盟国であり、アフリカ最大の人口を擁する国でもある。 通称、 Angola。 日本語にすると アンゴーラが近い。 公式の英語の名称は、 Republic of Angola( 発音: リパブリック・オブ・アンゴウラ)。 通称、 Angola( アンゴウラ)。 日本語の表記は、 アンゴラ共和国。 通称、 アンゴラ。 国名はかつてこの地を支配していたの王号ンゴラ(: Ngola)に由来する。 独立時のからまでは正式名称は だったが、1992年の憲法改正により現在の アンゴラ共和国となった。 歴史 [ ] の総督との和平交渉に臨む、 ()の ()(1657年)。 ンジンガ女王を見下していたポルトガル人は女王のために椅子を用意しなかったため、側近が椅子に代わって対等の立場での交渉を繰り広げた。 ンドンゴ王国はポルトガル人に敗れたが、ンジンガ女王は今日も多くのアンゴラ人との抵抗の象徴となっている。 にポルトガル人が河口に到着し、1485年にカンは ()との間に両国の対等な立場の下でとの国交を結んだ。 1506年に即位したの時代にコンゴ王国は積極的にの文化やを採り入れ、ンジンガ・ムベンバは首都ンバンザ・コンゴをのと改名した。 その後、ポルトガル人はコンゴに代わって南のアンゴラを新たなと、に期待されていたの供給源とみなし 、1575年にアンゴラに到達したが ()( - )を、翌1576年にを建設したあと、ポルトガルはルアンダを拠点にさらなる奴隷の供給を求めて徐々にアンゴラ内陸部に進出していった。 以降、アンゴラはや、、などやへの黒人供給地となった。 1617年にが建設されると奴隷貿易はさらに拡大し、1576年から1836年までの間に、300万人の奴隷が大西洋の一環としてアンゴラからに連行された。 ポルトガル支配に対し、や ()は激しい抵抗を繰り広げた。 特に1623年に権力を握った ()は数十年にわたって反ポルトガル戦争を続け、一時はポルトガルと戦争状態にあった と同盟してポルトガルと戦ったが、最終的に (、)率いる ()から派遣された軍隊が在アンゴラのオランダ軍に勝利したことによって、1648年にアンゴラはポルトガルに征服され、ンジンガ女王は1657年にポルトガルと平和条約を結んだ。 ポルトガルはオランダとの間に結ばれた1661年ので、400万クルザードの賠償金と引き換えにアンゴラと ()(現・北東部)領有を国際的に認められた。 一方、アンゴラからブラジルに送られた黒人奴隷は脱走して逃亡奴隷()となり、ブラジル各地にアンゴラ・ジャンガ(小アンゴラ)と呼ばれる ()(逃亡奴隷集落)を築いた。 の ()で滅ぼされたブラジル最大の逃亡奴隷国家は、 ()と呼ばれる。 、 ()をきっかけに( - )が始まる。 1884年から1885年のでのの結果、ポルトガルは以外の流域を失った。 この時期のポルトガルは大西洋岸のアンゴラと岸のを結ぶ「 ()」構想を打ち出し、アフリカ大陸を横断することを植民地政策の目標としたが、この政策はからまでアフリカ大陸を縦断しようとしていたの植民地政策と衝突したため、1890年にポルトガルはイギリスの圧力によって内陸部の、、から撤退し、翌1891年の条約によって ()はほぼ現在のアンゴラの形に再編された。 20世紀に入ると、事実上の強制労働制度とやの資本により、植民地開発が進められた。 この時期にベルギー・イギリス系の ()社によって鉱山の開発が始まり、インフラにおいては1907年にイギリス系の社(: Tanganyika Concessions Ltd. )によりの建設が着工され、1929年に完成した。 アンゴラ独立戦争 [ ] を戦う。 1961年から10年以上続いた各植民地でのは、ポルトガルと植民地の双方を大きく疲弊させた。 が終結し、時代に入るとアフリカ諸国の諸国からの独立の波がアンゴラにも押し寄せた。 アンゴラやは形式上本国ポルトガルと同等の立場であるとされ、1959年のポルトガルの開発計画により、アンゴラには5,000万ポンドが投資された。 アンゴラには多数のポルトガル人の入植が奨励され、ポルトガル人農園主の経営するで栽培されたはアンゴラ最大の輸出品目となった。 しかし、形式上の本国との対等の地位と、事実上の植民地政策の矛盾は隠せるものではなく、アンゴラではに、、によって率いられた(MPLA)が政治犯の解放を求めて首都ルアンダの刑務所を襲撃し、()が始まった。 1960年代を通じてMPLAによる解放区の拡大は続き、独立派と(現地採用の黒人兵も多かった)とのの末に、ポルトガル本国で1974年に勃発したにより、独立三派の紆余曲折を経てMPLAはにルアンダでの独立を宣言した。 アンゴラ内戦 [ ] の構図。 アンゴラ内の赤はMPLA政府支配地域。 アンゴラ内の青と赤の斜線は南アフリカ=UNITA連合軍の最大介入地域。 1979年9月にネト議長が死去し、第2代にが就任した。 アンゴラ政府はやキューバなど陣営との結びつきを強め、MPLAによる建設のためにを敷いた。 さらに戦闘やで負傷してしまった人々も多く発生した。 アンゴラ内戦は、政府・反政府勢力がそれぞれ米ソの後援と、それぞれの勢力の代理人であった(時代)と(政権)の直接介入を受けていたことから、のと言われている。 FNLAは1980年代には弱体化し、南アフリカとキューバも1988年に南アフリカが ()でアンゴラ=キューバ連合軍に侵攻を阻止されたあとに、当時南アフリカ領だったの独立とキューバ軍のアンゴラ撤退を交換条件に撤退した。 外国軍の撤退後、冷戦体制が終結を迎う国際情勢に呼応してMPLA政権はに社会主義路線を放棄し、翌年にはの導入を決めた。 ポルトガル政府の仲介で5月、MPLAとUNITAがで和平協定()に調印。 しかしの大統領選および議会選をめぐる対立から再び武力衝突に突入した。 にの仲介でが締結され和平が成立したが、 ()と呼ばれるによるアンゴラ反政府勢力への武器密輸スキャンダルからUNITAの武装解除に失敗した。 「 ()」、「」、および「」も参照 5月、 アンゴラ政府軍がに出兵(、11月 - 5月)。 にUNITAの再蜂起によりが再燃した。 議長の私兵勢力と化したUNITAは、の密輸を資金源にアンゴラ政府軍と衝突を続けた()。 2月にUNITAのサヴィンビ議長は(PMC)の攻撃で戦死し、和平機運が高まったため、に双方は休戦で合意した。 に()が結ばれ、27年間の内戦に終止符が打たれ、飛地の( ())を除いた全土で1961年以来初めての恒久的な平和がアンゴラに築かれた。 内戦終結後、ダイヤモンドや石油の輸出によってアンゴラ経済は急速に拡大しており、周辺国との友好も続いている。 しかし、世界一ともいわれるの敷設や政権の腐敗など、課題は多い。 、政府の地雷除去委員会は、2006年から今年半ばまでの地雷での死亡者は166人、負傷者は313人であることを明らかにした。 国連の推定によると、アンゴラ全土に残されている地雷は数百万発であるといわれている。 カビンダ紛争 [ ] 詳細は「」を参照 アンゴラ軍は陸海空の三軍と、緊急即応警察軍から構成される。 独立直後に始まったアンゴラ内戦のため、アンゴラ政府軍はソ連とキューバの支援を受けて南アフリカや中華人民共和国が支援する反政府ゲリラ(UNITA、FNLA)との戦いを繰り広げた。 1988年にが撤退したあとも2002年にUNITAが降伏するまで内戦は続いた。 現在もアンゴラ軍の任務はおもに国内の組織との戦闘であり、内戦終結後も飛地のの独立を志向する ()(FLEC)との戦い()が続いており、2010年1月にはFLECによるへの襲撃事件()が発生した。 対外的な軍事介入においてはとの関わりが大きく、では反政府ゲリラを支援していたに出兵し、体制崩壊を助けた。 (、)においても、父子の新政府支援のために軍を送っている。 兵器体系は旧に準ずる。 2006年の軍事支出はGDPの5. 兵力:10万人• 兵力:1,000人• 兵力:6,000人• 緊急即応警察軍:1万人 国際関係 [ ] アンゴラが外交使節を派遣している諸国の一覧図 独立時に主導権を握ったのがを掲げるMPLAだったために、中は国内の内戦の状況がそのまま親政策に結びつき、反政府ゲリラを支援する南アフリカ、、中国、ザイールなどとは敵対政策が続いたが冷戦終結後はとの友好関係を深め、全方位外交を行っている。 アンゴラはの一員であり、や、、などポルトガル語圏の国々()とは深い絆を保っている。 内戦中に現MPLA政府はの援軍と医療援助や教育援助を受けたため、現在もとは友好関係が続いており、キューバの医師団を受け入れている。 党旗を南ベトナム解放民族戦線のものに似せるなど、ベトナムとアンゴラは共に欧米諸国や中国の侵略に立ち向かう同盟国同士であった。 ベトナムも少数ながらアンゴラに軍事顧問団を送るなどして支援を行った。 そのため、両国は現在でも良好な関係にある。 勃発以来、隣国のコンゴ民主共和国が不安定な情勢であるためか、アンゴラもカビラ側での軍事介入を行い、国内にはコンゴ民主共和国人の難民も流入している。 中国との関係 [ ] 詳細は「 ()」を参照 内戦中、MPLAと対立したUNITAやFNLAをアメリカやザイールなどと連携 して支援していたはMPLAのネト政権からを非難 されたように敵対関係にあったが、1983年にMPLAのサントス政権と国交を樹立した。 冷戦終結後、中国は整備を行い ()のような巨大なゴーストタウン()もできた。 2007年までに1兆5,000億円の資金援助をした。 アンゴラは原油の4分の1を中国に輸出しており、最大の輸出先となり、アンゴラに利益を還流しない中国の方法にはアンゴラ人からの批判もあり、2004年には反中デモも起きたが、MPLA政権はこれを弾圧した。 2014年には内戦で破壊されたを中国の援助で再建した。 日本との関係 [ ] との対日関係は1990年代以前は希薄であったが、内戦の終結や豊富な資源等の発見などにより次第に関係を深めている。 2005年には日本大使館が開設された。 民間からもなどのNGOが現地で援助活動をしていた。 在留日本人数 - 35人(2018年8月現在)• 石油産業の支配はアンゴラ政府が所有するコングロマリット、()によって強化される。 また、にはに加盟した。 アンゴラの石油資源の大半は飛地のカビンダ州に埋蔵されている。 石油セクターは急速に成長している部門であり、経済活動全体の向上の原動力であるが、それにもかかわらず貧困は依然として拡散している。 腐敗の監視人たるは、2005年にアンゴラをもっとも腐敗した国家のワースト10にランクした。 が、採掘権料を腐敗した役人から政府の歳入に入るようにしたときは、他の石油会社はそれに賛同しなかった。 首都はもっとも開発され、同国で言及すべき唯一の経済センターだが、ムセーケス( musseques)と呼ばれるがルアンダの周囲を1マイルにわたって取り巻いている。 アメリカの保守的なであるによれば、アンゴラからの石油生産はアンゴラが現在中国にとって最大の石油供給国であるため著しく増加している。 内戦の影響で依然としてアンゴラ国内各地に地雷が放置されており、開発の大きな障害となっている。 各国のNGOや日本のなどの技術により、地雷の除去が進められている。 CIAワールドファクトブックによれば、実質GDP成長率は2006年に18. 近年の急速な経済成長により、2009年現在の首都ルアンダのは世界一高くなっている。 国内総生産: 946億ドル(2019年)- 調べ• また、アンゴラ内戦時に派遣され、現在も帰れないまま残留している兵が1万人ほど残っている。 その他のマイノリティとしては()など。 北部のコンゴ人はかつてコンゴ王国の担い手だった民族であり、国境を越えたコンゴ民主共和国やコンゴ共和国にもまとまった数の集団が存在する。 アンゴラは2007年末で1万2,100人の難民と、2,900人の亡命希望者を抱えていると推測されている。 2008年には40万人のコンゴ民主共和国人の移民労働者が存在したと見積もられ 、少なくとも3万人のポルトガル系アンゴラ人 、少なくとも2万人の中国人がアンゴラに住んでいる。 独立前の1975年には約50万人のポルトガル人のコミュニティを抱えていた。 アンゴラの学校 法律ではの8年間は必修かつ無料であるが、政府の報告によれば、学校施設と教員の不足によりかなりの生徒が学校に出席していない。 生徒はしばしば教科書や学用品など学校関連の追加支出を負担しなければならない。 総就学率、純就学率は共に公式に初等学校に登録された生徒の数を基にしており、それゆえ出席実態は実際には反映されていない。 また都市と地方の就学状況は顕著な差が開いたままである。 1995年には、7歳から14歳までの71. 男子の方が女子よりも出席率が高い傾向が報告されている。 アンゴラ内戦(1975年 - 2002年)の間、半数近い学校が略奪、破壊されたことが報告されており、現在の学校過密の問題を招いている。 教育省は2005年に2万人の新教員を雇い、教員研修を実施している。 教員は薄給、研修不足、過重労働の傾向がある。 また生徒からの直接の支払いや賄賂に要求する教員もいると報告されている。 その他に児童が定期的に学校に通うことができなくなっている理由として、地雷の存在、予算の不足、身分証明書類の不備、劣悪な健康状態などが挙げられる。 2004年に教育予算の分配は増加したにもかかわらず、アンゴラの教育システムは依然として極度に資金不足である。 2001年の推計によれば、15歳以上の国民のでのは67. 植民地時代のの率は96. 2005年の支出はGDPの2. おもな高等教育機関としては(1962)や(1999)が挙げられる。 また1975年のポルトガルからの独立以降、アンゴラのエリート層の子女は高等学校、工業専門学校、ポルトガル、、の大学などにも協定によって入学している。 保健 [ ] 詳細は「」を参照 キンブンド人の音楽だったアンゴラのは、ブラジルに渡ってサンバとなった。 1947年にが中心となって結成されたは新たなセンバを創始し、アンゴラのポピュラー音楽の方向を決定づけた。 ンゴラ・リトモスによって方向づけられたアンゴラのポピュラー音楽は、1960年代から独立後を通してセンバが主流となり、、、のように、国際的な成功を収めたミュージシャンも現れた。 センバ以外にアンゴラ発祥の音楽のジャンルには、フランス語圏の()とセンバのクロスオーバーであるが存在し、アンゴラ発祥のミュージックであるも、の活躍の影響などもあって近年世界的に注目を集めている。 近年は、同国初のバンドであるや、キゾンバの()が活動している。 文学 [ ] 『』(1980年)の著者、 文字によるアンゴラの文学は、ポルトガル語によって19世紀半ばに始まった。 これは、カーボ・ヴェルデの文学の成立と同時期であり、モザンビークに半世紀先駆けたものであった。 文学において、はとの差異を強調する傾向があり、この傾向は独立以前の文学において、ポルトガル文学に対するこだわりを強く持たなかったとの差となった。 アンゴラの詩は1960年代の独立戦争のころに大きく高揚した。 独立戦争の指導者である、、や、亡命者のなど、多くの政治的な人物によりポルトガル語詩が作られた。 小説においては、20世紀前半にポルトガル人行政官としてアンゴラに駐在し作品を著したや、『ルーアンダ』(1961)などで知られ、とポルトガル語を巧みに融合してノーベル文学賞受賞も取り沙汰され 、現地の口承文学などを取り入れてポルトガルによる植民地支配を描いた、における解放軍の戦士の心情描写を通してアンゴラ人の心を描いた『』(1980) で知られ、1997年にを受賞した、ジャーナリストであり、伝記文学や 『過去の売人』 (O Vendedor de Passados, 2004)で2007年の英紙を受賞したらがアンゴラの著名な作家の名として挙げられる。 285-286• 86-87。 福井英一郎編『世界地理10 アフリカII』朝倉書店、1998年。 136。 は ()(—)の利権でポルトガルと対立していた。 22-24。 75-76。 62-63。 36-40。 Gwu. edu. 2019年2月28日閲覧。 Winrow, Gareth M. 1990. The Foreign Policy of the GDR in Africa. 115. "China in Angola: An emerging energy partnership". The Jamestown Foundation. 2006. 2012年7月3日. 2019年2月20日閲覧。 松本仁一『アフリカ・レポート 壊れる国、生きる人々』岩波書店(岩波新書)、2008年8月 pp. 121-123• 日本経済新聞(2014年08月14日)2018年07月23日閲覧• 2009年8月23日閲覧• 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p157 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷• Power and Interest Report 2006年3月20日. 2009年12月13日閲覧。 スティグリッツ教授の経済教室 p-99• 2009年8月23日閲覧• , UNHCR• , U. Department of State• , The Economist , August 16, 1975• 寺尾智史「南部アフリカ・アンゴラにおける多言語政策試行」• warc. html• wcc-coe. pdf• , 2006. This article incorporates text from this source, which is in the. デ・オリヴェイラ・マルケス 『ポルトガル3』 金七紀男訳、ほるぷ出版〈世界の教科書=歴史〉、東京、1981年11月1日、初版、163頁。 Seal AJ, Creeke PI, Dibari F, et al. January 2007. Clin. Nutr. 85 1 : 218—24. 日本語未訳のため、葡語のタイトルから独自に訳した 参考文献 [ ]• 『アンゴラ内戦と国際政治の力学』、東京、2001年2月。 「アンゴラ人でしか書けないアンゴラの根っこ」『社会思想史の窓第118号 クレオル文化』編、、東京、1997年5月。 「アンゴラの多様な民族の生活」『朝倉世界地理講座 アフリカII』、、編、、2008年4月。 『ポルトガルの世界-海洋帝国の夢のゆくえ』、東京、2001年12月。 「モザンビーク文学と公用語問題」『モザンビーク 「救われるべき」国の過去・現在・未来』「モザンビーク」刊行チーム、、東京、1994年11月。 『アフリカの歴史-侵略と抵抗の軌跡』、東京、2001年1月。 『アフリカ現代史III』〈世界現代史15〉、東京、1991年9月第2版。 「第七章アンゴラ革命」『世界の革命』革命史研究会編、、1987年2月。 編『アフリカ史』〈新版世界各国史10〉、東京、2009年8月。 『ポルトガル史(増補版)』、東京、2003年4月増補版。 「」『国際文化学』32、pp. 33-66、神戸大学大学院国際文化学研究科、2009年7月。 『アンゴラ解放戦争』〈岩波新書〉、東京、1976年1月。 編『アフリカII』〈世界地理10〉、東京、1998年11月。 、『アフリカ現代史I-総説・南部アフリカ』〈世界現代史13〉、東京、1978年12月。 『アフリカ・レポート-壊れる国、生きる人々』〈岩波新書〉、東京、2008年8月。 関連項目 [ ]• - アンゴラに因んで命名された。 - アンゴラ共和国と直接の繋がりはない。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 アンゴラに関連する および があります。 には、 に関する旅行情報があります。 (ポルトガル語)• (日本語)• 日本政府• (日本語)• (日本語)• その他• (英語)• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (日本語)• に関連する地理データ -•

次の

残念な動物たち。世界には面白い動物がたくさん存在します

アンゴラウサギ 寿命

アンゴラウサギ 全身が長い毛で覆われたアンゴラウサギ、見た目にはとても可愛いですがモフモフすぎて命があぶないというざんねんな生き物です。 ウサギの腸は細くて長いため、胃腸が弱っている時に長い毛を飲み込んでしまうと詰まって死んでしまう可能性があるそうです。 ウサギは自分で毛を切る事は出来ませんからとてもざんねんです。 コイシガエル 体調わずか4cmのコイシガエル、標高3000メートルのギアナ高地に生息しています。 エサを探してどんどん山を登って行くのですが天敵のタランチュラに会った瞬間に手足を丸めて何十メートルも転落していってしまいます。 体重が軽いので高い所から落ちても無事なのですが、登っても登ってもタランチュラに会った瞬間にふりだしに戻ると言うとてもざんねんな生き物です。 アードウルフ アフリカのサバンナに住む獰猛なハイエナの仲間ですがそのざんねんなポイントは歯がほとんど無いという所、歯が無いので固い肉などは一切食べることが出来ずにシロアリを主食として生きているようです。 しかもシロアリを食べるのには歯を使う必要が無いので歯はどんどん退化していってしまっているそうです、ハイエナなのに歯が無いなんてざんねんです… ドウケツエビ ドウケツエビはカイロウドウケツという別の生き物の中で一生を暮らすとてもざんねんな生き物です。 小さい頃に外敵から身を守るためにカイロウドウケツの中に入ったのは良いのですがそのまま成長して大きくなり、カイロウドウケツから出ることが出来ずに一生を終えていきます。 なぜかオスとメスの2匹が対になって入っているという事なので子孫を残すのには問題ないですがかなりざんねんな一生ですね。 オウサマペンギン 南極周辺に生息するオウサマペンギン、最大で10万羽を超える群れを作る事で有名です。 このオウサマペンギンのヒナは親よりも大きいというとてもざんなんな姿をしています、親よりも体重が重くなるヒナですが魚が取れにくくなる冬になると3ヵ月は絶食することになり毛もどんどん抜け落ちていってしまいます。 この時点で約半数のヒナは飢えで死んでいってしまうと言うからさらにざんねんな事になります、親よりも大きくなるヒナはこの最初の冬を乗り越えるために大きな体になるのだそうです。 ダイオウサソリ アフリカのジャングルに住むダイオウサソリはサソリの中で一番大きくなるサソリですが毒はミツバチ程度というこの部分ですでにざんねんな生き物です。 しかしこれだけではありません、このダイオウサソリが最もざんねんな点は暗闇で無意味に光ってしまうという点です。 無意味に光る事で敵に見つかりやすくなって食べられてしまう危険性もありますし、良い所はひとつもありません。 一説によるとサソリは夜行性ですが、先祖が昼間活動していた時に持っていた有害な紫外線を反射する機能が残ってしまったのではないかという事でした。 ゲラダヒヒ エチオピアの高原に住む心優しいヒヒですが、そのざんねんなポイントは怒ったときの顔。 上唇がめくれあがり歯茎が丸出しになります、威嚇のポーズとしてやっているようですが見た目はなんともざんねんな感じです。 コアリクイ パンダのような白黒の姿が愛らしいコアリクイ、ざんねんなのはゲラダヒヒと同じ威嚇のポーズです。 二本足で立って両足を精一杯伸ばして威嚇しようとしているのですが全く怖くありません。 実際、他の動物も威嚇されるような事は無いそうな。 キリン みんなの人気者で首が長いキリンですが、実は舌も長く50センチほどもあります。 ざんねんなポイントはこの長い舌で鼻をほじる事です、その姿を見るとやはりざんねんですね。 キリンは鼻でしか息が出来ないので鼻くそが詰まってしまうと死に至る危険性があります、そのために長い舌で鼻くそをキレイになめとっているのです。

次の

アンゴラ

アンゴラウサギ 寿命

アンゴラウサギにはどんな特徴があるの? アンゴラウサギは、トルコのアンカラ地方を原産とするウサギです。 最近では、品種改良によって4種類のアンゴラウサギが存在しています。 イギリスで品種改良された イングリッシュアンゴラ、 フランスで品種改良された フレンチアンゴラ、 アメリカで品種改良された ジャイアントアンゴラ、 カナダで改良された サテンアンゴラがあります。 日本でペットとして飼われているアンゴラウサギのほとんどが、ペット用にと品種改良されてるイングリッシュアンゴラがほとんどだと言われています。 アンゴラウサギの特徴 アンゴラウサギは 長毛種で、もこもことした被毛が特徴的です。 毎日のブラッシングや、定期的なカットなどが必要とされてくるので、飼育をするのは比較的大変だと言われています。 温度管理なども必要になってくるので、ある程度上級かつ、お金に余裕のある人に向いていると言われています。 スポンサードリンク アンゴラウサギの寿命はどのくらい? アンゴラウサギの平均寿命は 基本的に約5年とされていますが、 上手に飼育することによって、倍近く生きることも可能だと言われています。 温度管理やケージのこまめな掃除、毎日のブラッシングなど、飼育をすることはすごく大変ですが、それ以上の癒しの時間も体感することが出来ますよ。 まとめ アンゴラウサギはすごく可愛らしいうさぎとして有名です。 ペットとして品種改良されたイングリッシュアンゴラは、日本では主流になっています。 しかし、普通のウサギのように飼育をするのは簡単ではないようです。 こまめな掃除や、ブラッシング、定期的なカットや温度管理など、気を付けなければいけないことがたくさんあるので、飼育上級者の人向けと言われています。 また、金銭的にも5~10万が相場と言われており、安価で購入することが出来るウサギではありません。 飼育をするにしても費用は掛かるので、そのあたりも踏まえて、飼育にチャレンジすることをおススメします。 今すぐチェック スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の