虫歯 建設。 茂森あゆみ・速水けんたろう 虫歯建設株式会社 歌詞&動画視聴

観たよ!「おかあさんといっしょファミリーコンサート大分県・宇佐公演」TV放送|「もくもくふゆーん」に「虫歯建設株式会社」だとぉ!?【可愛さ警報発令】

虫歯 建設

ガラピコぷ〜のオープニングテーマ曲が歌われました。 番組の中の人形劇のオープニングを思い出してきっと大興奮するんでしょうね! 毎回思いますが、ガラピコたちの動きが可愛いです!3人それぞれの個性が感じられます。 お兄さん・お姉さん登場! 大きな声でお兄さん・お姉さんを呼ぶよ! 「はーい!」と返事をして、ゆういちろうお兄さん・あつこお姉さん・よしお兄さん・りさお姉さん4人が舞台下の左右から登場しました。 さっそくこの曲を歌います。 客席をまわると歓声が湧きます。 りさお姉さんとよしお兄さんはけっこう後ろまで行っていたようですね。 『地球まるごとコンサート』は、2017年5月に開催されたゆういちろうお兄さん初のファミリーコンサート《音楽博士のうららかコンサート》の冒頭でも歌われた曲です。 その後も何度かファミリーコンサートでもうたわれていて、2017年度のコンサートを象徴する曲のひとつと言えるのではないでしょうか。 ゆういちろうお兄さん 「花田ゆういちろうです。 今日はいっぱい歌ってもりあがろう!よろしくねー!(グーにした片手を高ーく上にしたあと、ニッコリ両手を振る)」 あつこお姉さん 「小野あつこです。 みんなに会えるのを楽しみにしてきました。 たくさん遊びましょうね〜(周りを見渡しながら両手を振る)」 よしお兄さん 「(ひときわ大きな声で)小林よしひさです!あとで「ブンバ・ボーン!」元気にやろうねーー!」 りさお姉さん 「上原りさです。 おとうさん、おかあさんもいっしょに楽しんでくださーい!(手を交互にあげて元気いっぱい)」 お兄さん、お姉さんにつづいてチョロミー、ムームー、ガラピコもそれぞれ自己紹介しました。 かーわーいーいー! よしお兄さん、りさお姉さんはいつもの衣装を着ていますが、ふわふわにした髪を2つ結びにしてパッツン前髪のりさお姉さんの髪型も似合っていました。 『おしりフリフリ』 スタジオ歌われていたこの曲。 ゆういちろうお兄さん 「ねぇ、あつこお姉さん。 特に塩味が好きだそうです。 よしお兄さんが「渋いですね。 お兄さんもラーメン大好きです」と応えていました(笑)。 味まで応えられるなんてしっかりしている子だなぁ〜。 2017年度の新コーナー!ガラピコぷ〜の「ガラライザークイズ」 2016年度までは「かぞえてんぐ」がお馴染みでしたが、卒業後は当然てんぐさんのコーナーは終了してしまいました。 2017年度に新しく始まったコーナーが 「ガラライザークイズ」です! ロボットのガラピコは「ガラライザー」という装置を目にとりつけると、物と話すことができることをご存知ですか?人形劇〈ガラピコぷ〜〉の中では、ガラライザーをつかってスキッパーさんが落とした鍵とお話したり、2016年春のファミリーコンサート「しりとりじまでだいぼうけん」でも、しりとりで活躍できない名前に「ん」がつく物たちとお話をして友達になるシーンがありました。 何が入っているかはガラピコも知りません。 「スイッチョン!」してヒントを聞いてみよう! ガラライザーボックスについている3つのボタンを順番に押して、ヒントを聞いていきます。 大きすぎてこのボックスの中には入らないよ、とムームーから指摘されます。 そんなムームーの予想の「スプーン」もハズレでした。 さて、2つめのヒント! (ある物)「わたしは、楽器の仲間です」 (ムームー)「銀色で、楽器の仲間か〜」 (チョロミー)「わかった!ラッパだね!」 (ある物)「オシイ!銀色の楽器ですが、ちがいま〜す」 (ムームー)「なんだろう〜?みんなはわかった?」 会場の子どもたちも賑やかな声で予想を叫んでいます。 さてさて、なんでしょうね? 最後のヒントは? (ガラピコ)「ガラライザークイズ、ヒント その3。 お、この特徴的な形は・・・アレですね! 会場のみんなと声をあわせていっしょに答えます。 「トライアングル!」。 小さい子には少し難しかったかな? 3人はガラライザーボックスを片付けながら「バイバーイ!」と去って行きました。 ゆういちろうお兄さんはオレンジのパイピングがされたグリーン系の大柄チェックのジャケットを、あつこお姉さんもオレンジのボレロ(襟や袖口があったかボア系素材)を着て登場。 1月の〈今月のうた〉として記憶に新しいこの曲が歌われました。 ステージではどんな風に歌われるかと気になっていたのですが、これがもう・・・ 終始かわいすぎるんだな!!!! あつこお姉さんが歌っているパートでは、ゆういちろうお兄さんがハーッとお手々に息をふきかけて「ちっちゃなくも」を作るんですよ。 横山だいすけお兄さん・三谷たくみお姉さん時代の2015年秋のファミリーコンサート《わくわく!ゆめのおしごとらんど》ではだいすけお兄さんが虫歯菌、たくみお姉さんがナース役で歌われ、そのダンスというか振り付けは観ているほうをちょっとドキドキさせるものがありましたっけ。 まわりに小さいお友だちがいない時のよしお兄さんの一人ブンバボーンはダイナミックですよね!テレビ越しでも、我が家の子どもたちも歓声をあげていました。 エンディング『べるがなる』 最後はガラピコがベルをふり、番組と同じく、この曲。 (ムームー)「みんなとお友だちになれて嬉しかったよ〜」 (チョロミー)「キュン!また一緒にあそぼーねー!」 (ガラピコ)「ピピッ!みなさん、お元気で」 (よしお兄さん)「元気に体操、ありがとう!」 (りさお姉さん)「お父さん、お母さんも楽しかったですか~!?」 (あつこお姉さん)「みんなに会えて、とっても嬉しかったでーす!」 (ゆういちろうお兄さん)「宇佐のみんなー!ありがとーーう!」 ゆういちろうお兄さんの「そろそろ、おしまーい!」のコールで曲が終盤へ。 コンサートのワクワクした時間をギュッとつめこんでプレゼントしてくれるような素敵な曲です! ちょ、ちょっと待ってくれ!あの曲は?この曲は!? 1時間の公演が24分に短縮するのだから、プログラムの曲全部が放送されないのは当然こと。 今井ゆうぞうお兄さん・はいだしょうこお姉さん時代の『ふしぎはすてき』がセトリにあったようなんですが、実際は歌われたんでしょうか? ミニミュージカル内で歌われているという『シンデレラのスープ』と『まほうのくつ』『魔法のピンク』も、毎度しつこいですが早く聴きたいです!年度末にあると思われるテレビ放送を待つしかないですね。 ただ、場合によっては月末の再放送週にもう一度流れることもあります。 今回流れなかった曲は、2016年度の場合は年末と年度末にファミリーコンサート未放送曲の特集があったので、2017年度も同様の企画で放送されるのではないかと期待しています。

次の

院長ブログ Vol.23 「虫歯建設株式会社」

虫歯 建設

———————————————————————— 院長ブログ 「虫歯建設株式会社」 六月四日は、虫歯予防の日です。 この時期になると毎年、学校から歯科検診の紙を持った子供さんが、来院されます。 虫歯の検診に来られた、子供さんの口を診ていると NHK みんなのうた「虫歯建設株式会社」(作詞 田中みほ 作曲 小林保夫) という歌を思い出します。 アイドルマスター 「虫歯建設株式会社」 IM S ALLSTARS さて我々が日々、戦っている虫歯ですが、遺伝と思われるかたもおられるかも 知れませんが、実は、虫歯菌による感染症で、人から人にうつるのです。 生後まもない赤ちゃんの口の中には、虫歯菌(ミュータンス菌など)は いません。 もし、そのまま成長すれば虫歯で悩まされることはないわけです。 しかし、実際は3歳児の30~50%(地域差があるので数字に 幅があります)に、虫歯ができています。 それでは、いつ、どこから、この虫歯菌はやってきて子供達の口に住み着くのでしょうか? それは、最も身近にいるお母さんの口からやってきます。 赤ちゃんの使うスプーンやお箸をお母さんがなめたり、 逆にお母さんのお箸や、スプーンで赤ちゃんに口移しで 食べさせたりするときに、虫歯菌もいっしょにうつっていきます。 現実的に、いろいろなものを口に入れ、なめたりする赤ちゃんに 感染を防ぐことは不可能に近いと思われます。 しかし、お母さんの口の中の、虫歯菌の数を減らすことによりリスクを減らすことはできます。 これからお母さんになる予定のかたも、既になられたかたも虫歯の治療をして、 毎日の歯磨きを徹底したり口に住み着いている虫歯菌の数を減らすことをお勧めします。 また、お母さんになられたかたは、赤ちゃんを出産された後、3ヶ月から2年までの間 一日2、3回を摂取することで感染率を低くできます。 赤ちゃんにたいしては、上手にものがなめることができるようになれば、 子供用のラムネタイプのキシリトールのタブレットをなめさせてあげるのも 良い方法だと思います。 それでも、子供さんの虫歯が心配なかたは、歯医者さんでを行い、 その結果に対しやフッ素塗布などを行えば、 さらに効果があると考えます。 子供さんの「虫歯建設株式会社の虫歯建設」に反対するのには 我々歯科医の力より、お母さんの力のほうが強力です お母さんの愛が子供の歯を救うのです。 もちろん、大人のかたも食べたら歯磨きを忘れず そして、半年に一度は、歯医者さんでチェックをしてもらってください。

次の

茂森あゆみ・速水けんたろう 虫歯建設株式会社 歌詞

虫歯 建設

ガラピコぷ〜のオープニングテーマ曲が歌われました。 番組の中の人形劇のオープニングを思い出してきっと大興奮するんでしょうね! 毎回思いますが、ガラピコたちの動きが可愛いです!3人それぞれの個性が感じられます。 お兄さん・お姉さん登場! 大きな声でお兄さん・お姉さんを呼ぶよ! 「はーい!」と返事をして、ゆういちろうお兄さん・あつこお姉さん・よしお兄さん・りさお姉さん4人が舞台下の左右から登場しました。 さっそくこの曲を歌います。 客席をまわると歓声が湧きます。 りさお姉さんとよしお兄さんはけっこう後ろまで行っていたようですね。 『地球まるごとコンサート』は、2017年5月に開催されたゆういちろうお兄さん初のファミリーコンサート《音楽博士のうららかコンサート》の冒頭でも歌われた曲です。 その後も何度かファミリーコンサートでもうたわれていて、2017年度のコンサートを象徴する曲のひとつと言えるのではないでしょうか。 ゆういちろうお兄さん 「花田ゆういちろうです。 今日はいっぱい歌ってもりあがろう!よろしくねー!(グーにした片手を高ーく上にしたあと、ニッコリ両手を振る)」 あつこお姉さん 「小野あつこです。 みんなに会えるのを楽しみにしてきました。 たくさん遊びましょうね〜(周りを見渡しながら両手を振る)」 よしお兄さん 「(ひときわ大きな声で)小林よしひさです!あとで「ブンバ・ボーン!」元気にやろうねーー!」 りさお姉さん 「上原りさです。 おとうさん、おかあさんもいっしょに楽しんでくださーい!(手を交互にあげて元気いっぱい)」 お兄さん、お姉さんにつづいてチョロミー、ムームー、ガラピコもそれぞれ自己紹介しました。 かーわーいーいー! よしお兄さん、りさお姉さんはいつもの衣装を着ていますが、ふわふわにした髪を2つ結びにしてパッツン前髪のりさお姉さんの髪型も似合っていました。 『おしりフリフリ』 スタジオ歌われていたこの曲。 ゆういちろうお兄さん 「ねぇ、あつこお姉さん。 特に塩味が好きだそうです。 よしお兄さんが「渋いですね。 お兄さんもラーメン大好きです」と応えていました(笑)。 味まで応えられるなんてしっかりしている子だなぁ〜。 2017年度の新コーナー!ガラピコぷ〜の「ガラライザークイズ」 2016年度までは「かぞえてんぐ」がお馴染みでしたが、卒業後は当然てんぐさんのコーナーは終了してしまいました。 2017年度に新しく始まったコーナーが 「ガラライザークイズ」です! ロボットのガラピコは「ガラライザー」という装置を目にとりつけると、物と話すことができることをご存知ですか?人形劇〈ガラピコぷ〜〉の中では、ガラライザーをつかってスキッパーさんが落とした鍵とお話したり、2016年春のファミリーコンサート「しりとりじまでだいぼうけん」でも、しりとりで活躍できない名前に「ん」がつく物たちとお話をして友達になるシーンがありました。 何が入っているかはガラピコも知りません。 「スイッチョン!」してヒントを聞いてみよう! ガラライザーボックスについている3つのボタンを順番に押して、ヒントを聞いていきます。 大きすぎてこのボックスの中には入らないよ、とムームーから指摘されます。 そんなムームーの予想の「スプーン」もハズレでした。 さて、2つめのヒント! (ある物)「わたしは、楽器の仲間です」 (ムームー)「銀色で、楽器の仲間か〜」 (チョロミー)「わかった!ラッパだね!」 (ある物)「オシイ!銀色の楽器ですが、ちがいま〜す」 (ムームー)「なんだろう〜?みんなはわかった?」 会場の子どもたちも賑やかな声で予想を叫んでいます。 さてさて、なんでしょうね? 最後のヒントは? (ガラピコ)「ガラライザークイズ、ヒント その3。 お、この特徴的な形は・・・アレですね! 会場のみんなと声をあわせていっしょに答えます。 「トライアングル!」。 小さい子には少し難しかったかな? 3人はガラライザーボックスを片付けながら「バイバーイ!」と去って行きました。 ゆういちろうお兄さんはオレンジのパイピングがされたグリーン系の大柄チェックのジャケットを、あつこお姉さんもオレンジのボレロ(襟や袖口があったかボア系素材)を着て登場。 1月の〈今月のうた〉として記憶に新しいこの曲が歌われました。 ステージではどんな風に歌われるかと気になっていたのですが、これがもう・・・ 終始かわいすぎるんだな!!!! あつこお姉さんが歌っているパートでは、ゆういちろうお兄さんがハーッとお手々に息をふきかけて「ちっちゃなくも」を作るんですよ。 横山だいすけお兄さん・三谷たくみお姉さん時代の2015年秋のファミリーコンサート《わくわく!ゆめのおしごとらんど》ではだいすけお兄さんが虫歯菌、たくみお姉さんがナース役で歌われ、そのダンスというか振り付けは観ているほうをちょっとドキドキさせるものがありましたっけ。 まわりに小さいお友だちがいない時のよしお兄さんの一人ブンバボーンはダイナミックですよね!テレビ越しでも、我が家の子どもたちも歓声をあげていました。 エンディング『べるがなる』 最後はガラピコがベルをふり、番組と同じく、この曲。 (ムームー)「みんなとお友だちになれて嬉しかったよ〜」 (チョロミー)「キュン!また一緒にあそぼーねー!」 (ガラピコ)「ピピッ!みなさん、お元気で」 (よしお兄さん)「元気に体操、ありがとう!」 (りさお姉さん)「お父さん、お母さんも楽しかったですか~!?」 (あつこお姉さん)「みんなに会えて、とっても嬉しかったでーす!」 (ゆういちろうお兄さん)「宇佐のみんなー!ありがとーーう!」 ゆういちろうお兄さんの「そろそろ、おしまーい!」のコールで曲が終盤へ。 コンサートのワクワクした時間をギュッとつめこんでプレゼントしてくれるような素敵な曲です! ちょ、ちょっと待ってくれ!あの曲は?この曲は!? 1時間の公演が24分に短縮するのだから、プログラムの曲全部が放送されないのは当然こと。 今井ゆうぞうお兄さん・はいだしょうこお姉さん時代の『ふしぎはすてき』がセトリにあったようなんですが、実際は歌われたんでしょうか? ミニミュージカル内で歌われているという『シンデレラのスープ』と『まほうのくつ』『魔法のピンク』も、毎度しつこいですが早く聴きたいです!年度末にあると思われるテレビ放送を待つしかないですね。 ただ、場合によっては月末の再放送週にもう一度流れることもあります。 今回流れなかった曲は、2016年度の場合は年末と年度末にファミリーコンサート未放送曲の特集があったので、2017年度も同様の企画で放送されるのではないかと期待しています。

次の