お 月 見 団子 レシピ。 お月見団子の作り方。簡単に出来る手作りレシピをご紹介!

【子どもに人気!おやつタイム】冷たくてモチモチ!みたらし団子【レシピ紹介】|地域ニュース|ジモ通

お 月 見 団子 レシピ

お月見団子の並べ方・積み方は、15個の場合は9個、4個、2個と盛っていく 十五夜には、十五にちなんで15個お供えします。 また、1年の満月の数にあわせて12個(閏年には13個)、15を簡略して5個にする場合もあります。 十三夜には、13個または3個です。 3段目の2個は、神事では正面からみて縦に2個並べます。 横に2個並べると仏事になります。 月見だんごをお供えする器 お供えものには三方を用いるのが正式なスタイル 本来は「三方(さんぽう)」に白い紙を敷いてお供えします。 三方は折敷に台がついたお供え用の器で、神事では白木でできた三方を用います。 仏事では塗りのものが用いられ、「三宝」と表す場合が多いです。 三方は3方向に穴があいていますが、穴が無いほうが神様側(お月見の場合はお月様側)になります。 ただ、 三方がある家庭は少ないので、お盆やお皿にお供えすればOKです。 白い紙は、奉書紙、半紙、てんぷらの敷紙などを使いましょう。 紙の敷き方には、長方形の紙を四辺または二辺に垂らす方法、正方形の紙を対角に敷いて端を垂らす方法、正方形に合わせる方法などがあります。 月見だんごを飾る(供える)場所 お月様から見えるところにお供えしましょう 月見だんごは、お月様から見えるところか床の間にお供えします。 マンションなどでは、月が出ている方の窓辺に供えればOK。 また、日本古来の考え方は左上位のため、ほかのものと一緒に並べるときは、お月様からみて左側に自然界のもの(ススキや野菜)、右側に人工のもの(月見だんご)を供えたほうが良いとされています。 こうして供えた月見だんごは、必ず食べてくださいね! お月見の楽しみ方や 月見どろぼうについては、「」をご覧ください。 月見団子のレシピ 月見団子は意外と簡単に作れます。 ご家族で手づくりしてもいいですね。 <ホームメイドクッキング>• <家事>• <離乳食> 【関連記事】•

次の

月見団子の簡単レシピ! 数や並べ方も!!

お 月 見 団子 レシピ

月見団子!お供えする団子の数はいくつ? お月見でお供えする 月見団子の数には、2つの説があります。 十五夜には 15個で、 十三夜には 13個をお供えする。 これを略して、5個と3個という場合もあります。 その年の 満月の回数の数を、お供えする。 この場合、 通常の年は 12個で うるう年は 13個になります。 月見団子の並べ方に決まりはあるの? 月見団子の並べ方をお伝えする前に、お供えをする時の器について少しだけ。 月見団子は、 三方 さんぽうに白い紙を敷いてお団子を並べるのが 正式です。 もし、三方がないという場合は、 お皿や お盆で 代用しても構いません。 白い紙は、てんぷら色紙や半紙などを使いましょう。 それでは、本題に入ります! 月見団子の並べ方 月見団子を供える数ごとに、並べ方をご案内いたします。 一番上の2個は、正面から見て 縦に2個並ぶようにしてください。 横に2個並べると、仏事になってしまいます。 月見団子で縁起を担ぐ!? 月見団子は、十五夜の十五にちなんで、 一寸五分(約4. 5cm)の大きさの丸い団子を作ると、 縁起が良いとされています。 ちょっと大きいような気がしますが、そこは置いておくことにして・・・ 月見団子の形ですが、まん丸ではなく ほんの少しだけつぶすようにするのが本来です。 なぜか?というと、ピンポン玉のように まん丸の白いお団子は、亡くなった方の枕元にお供えする 「枕団子」に通じるからです。 丸くない月見団子 関西地方に多く見られるのが、 里芋に見立てた月見団子です。 お団子を里芋のような形にして、こし餡を巻きます。 これは、 芋名月にちなみ、里芋の 衣被 きぬかづきを模したものです。 また、あんこが月にかかった雲を表しているとも言われています。 同じ里芋の形でも、名古屋市では 3色の月見団子をお供えします。 色は、白・茶色・ピンクで、• 白=皮をむいた里芋• 茶色=皮付きの里芋• ピンク=子供が好きな色 ということです。 この他にも、地域性の強い月見団子があるようですので、折々追記していきたいと思います。 月見団子を供える場所は? 月見団子は、 お月様から見えるところもしくは、 床の間にお供えします。 とはいえ、実際には月見団子だけではなく他のお供え物と一緒に並べるかと思います。 お供え物の並べ方は、お月様から見て 左側に ススキや野菜など(自然界のもの)を、 右側に 月見団子(人工のもの)を並べると良いとされています。 白玉粉を使う場合は、粉と水の量を同量もしくは、水の量を少しだけ控えます。 団子が浮き上がってきたら、そのまま2~3分ゆでてください。 お団子を丸める作業は、小さなお子様も楽しんで出来ます。

次の

お月見団子の簡単レシピ!だんご粉でもちもちに仕上げる作り方 [家族のお弁当レシピ] All About

お 月 見 団子 レシピ

ボールに粉を入れ、そこに少しづつ水を加えます。 耳たぶぐらいの固さになるまで、少しづつ水を加えてつつ練ります。 生地を15等分してから、一つ一つ丸めて団子を作ります。 大きな鍋にたっぷりお湯を沸かし、団子を2つぐらいずつ入れます。 団子が白くなって浮いてくるまで2~3分待ちます。 浮いてくれば、すくい上げて冷水を入れたボールで冷やします。 冷えたら取り出して軽く風に当ててツヤを出します。 器に飾って出来上がり。 作るポイントは、水を加えて練るときに 一度に水を入れ過ぎないことです。 団子づくりはお子さん、茹でるのは大人と、 親子で分担して作ると楽しいですよ。 かぼちゃは皮をむいてサイコロ状に切ります。 切ったかぼちゃにラップをして電子レンジで3分前後加熱します。 加熱したかぼちゃを潰します。 だんご粉や上新粉と一緒に、砂糖、水の順に加えて混ぜます。 生地を半分に分け、片方にはかぼちゃを、もう片方には抹茶パウダーを加えて練ります。 あとは基本の団子の作り方と同じく、お湯でゆでてから冷水で冷やして完成。 オレンジの団子は、かぼちゃの自然な甘みと色がプラスされて、そのまま食べても甘い味になります。 緑の団子は、抹茶の味と香りがほのかに加わり、少し大人の味わいに。 あんこを添えて食べると、より美味しい和スイーツになりますよ。 里芋型?!白血球型?! 月見だんごは白くて丸いものが一般的ですが、地方によっては違う形のものもあります。 大阪で食べられている月見団子は、団子を里芋の形に似せて作り、上に練りあんを乗せて並べます。 三角形に積み上げず、器におはぎのように並べるんですよ。 名古屋方面では、黒糖・食紅のピンク・白の三色の団子をしずく型に作ります。 こちらも里芋をイメージしているもので、砂糖で甘めの味付けするのが名古屋流だとか。 静岡の一部地域では、中心がへこんだ月見団子をつくります。 色は違いますが、赤血球にちょっと似てますね。 やはりこちらも積み上げずに、あんこを添えて食べるんですよ。 月見団子で美味しく可愛く和スイーツ! 【関連記事】• 和菓子作りは難しそうなイメージがありますが、 月見団子は誰でも簡単に作れるのが魅力。 揃える材料も少なく、これなら初めての和菓子作りにうってつけです。 あんこを添えるだけで簡単和スイーツになりますし、砂糖無しならお吸い物の具にうってつけ。 できれば月見団子の時は、ジュースやコーヒーではなく 一緒にお茶を頂きたいですね。 十五夜(中秋の名月)以外でも美味しい月見団子、たくさん作ってあなたの得意料理に加えてはいかがですか?.

次の