牧場物語 アプリ。 【完全版】牧モノオタクが選ぶおすすめ『牧場物語』シリーズランキング

あの「牧場物語」がモバイルゲームに。マーベラスが素材を提供し,テンセントゲームズが開発,配信,運営を担当

牧場物語 アプリ

マーベラスは本日(2019年3月28日), 「牧場物語」の モバイルゲーム展開について, テンセントゲームズとライセンス契約を締結したことを発表した。 牧場物語は,自然がいっぱいの牧場を舞台に,作物づくりや動物の飼育,里に住む人達との恋愛や結婚など,人生を丸ごと楽しめる「ほのぼの生活ゲーム」と謳われる作品。 1996年の第1作を皮切りに,これまで33作品が発売され,日本のみならず欧米やアジアでも展開されているシリーズである。 マーベラスのプレスリリースによると,今回の取り組みでマーベラスは素材の提供を,テンセントゲームズは開発,配信,運営を担当するという。 両社のノウハウを合わせることで,モバイルカテゴリーでの牧場物語IPの展開を狙うとしている。 『牧場物語』モバイルゲーム展開に関する ライセンス契約をテンセントゲームスと締結 株式会社マーベラス(代表取締役会長 兼 社長 CEO:中山 晴喜/所在地:東京都品川区)は、『牧場物語』のモバイルゲーム展開について、テンセントゲームスとライセンス契約を締結しましたのでお知らせいたします。 『牧場物語』は、マーベラスのコンシューマ(家庭用)ゲームソフトの代表作のひとつで、自然がいっぱいの牧場で、作物づくりや動物の世話、里に住む人たちとの恋愛・結婚など、人生をまるごと楽しめる「ほのぼの生活ゲーム」です。 1996年の第1作より20年以上に渡りお客さまからの支持を受け続け、現在までに33作品が発売され、欧米およびアジアにおいても展開している人気シリーズです。 今回の取り組みでは、マーベラスが素材の提供、テンセントゲームスが開発・配信・運営を担当します。 両社のノウハウを合わせることで、モバイルカテゴリーでの『牧場物語』IPの展開を狙います。 マーベラスは、現在自社コンテンツの海外展開を推進しており、特に中国市場に向けては、スマートフォンゲーム『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』『戦刻ナイトブラッド』の配信決定や、アミューズメント施設向けプライズ(景品)ゲーム『TRYPOD』の投入など、展開を強化しています。 このたびの取り組みを通じ、さらなるIP展開の推進、グローバルビジネスの拡大を図ってまいります。

次の

農場ゲームのおすすめ人気ランキング20選【無料アプリも豊富】

牧場物語 アプリ

マーベラスは本日(2019年3月28日), 「牧場物語」の モバイルゲーム展開について, テンセントゲームズとライセンス契約を締結したことを発表した。 牧場物語は,自然がいっぱいの牧場を舞台に,作物づくりや動物の飼育,里に住む人達との恋愛や結婚など,人生を丸ごと楽しめる「ほのぼの生活ゲーム」と謳われる作品。 1996年の第1作を皮切りに,これまで33作品が発売され,日本のみならず欧米やアジアでも展開されているシリーズである。 マーベラスのプレスリリースによると,今回の取り組みでマーベラスは素材の提供を,テンセントゲームズは開発,配信,運営を担当するという。 両社のノウハウを合わせることで,モバイルカテゴリーでの牧場物語IPの展開を狙うとしている。 『牧場物語』モバイルゲーム展開に関する ライセンス契約をテンセントゲームスと締結 株式会社マーベラス(代表取締役会長 兼 社長 CEO:中山 晴喜/所在地:東京都品川区)は、『牧場物語』のモバイルゲーム展開について、テンセントゲームスとライセンス契約を締結しましたのでお知らせいたします。 『牧場物語』は、マーベラスのコンシューマ(家庭用)ゲームソフトの代表作のひとつで、自然がいっぱいの牧場で、作物づくりや動物の世話、里に住む人たちとの恋愛・結婚など、人生をまるごと楽しめる「ほのぼの生活ゲーム」です。 1996年の第1作より20年以上に渡りお客さまからの支持を受け続け、現在までに33作品が発売され、欧米およびアジアにおいても展開している人気シリーズです。 今回の取り組みでは、マーベラスが素材の提供、テンセントゲームスが開発・配信・運営を担当します。 両社のノウハウを合わせることで、モバイルカテゴリーでの『牧場物語』IPの展開を狙います。 マーベラスは、現在自社コンテンツの海外展開を推進しており、特に中国市場に向けては、スマートフォンゲーム『シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK』『戦刻ナイトブラッド』の配信決定や、アミューズメント施設向けプライズ(景品)ゲーム『TRYPOD』の投入など、展開を強化しています。 このたびの取り組みを通じ、さらなるIP展開の推進、グローバルビジネスの拡大を図ってまいります。

次の

農場ゲームのおすすめ人気ランキング20選【無料アプリも豊富】

牧場物語 アプリ

キミと育つ島 DS で発売された『 キミと育つ島』。 島に漂流した主人公たちが牧場を営み、島の謎を解き明かしていくストーリーです。 このタイトルの問題点は「 タッチペン操作オンリー」という点。 これが非常に難しいのですよ! 畑に水を撒こうと思ったら走ってしまったり。 畑の中で移動しようと思ったら間違えてアイテムを使うといった誤操作が頻発します。 最高レベルの品質のカブを作れたのに、 ミスってカマで刈り取ってしまった時は怒りと悲しみでタッチペンを折りそうになりました。 この誤操作は 鉱山で起きると本気で怒り狂います。 というのも、本作の鉱山には 落とし穴があり、不用意に歩き回ると落とし穴に落ちてしまいます。 一応体力を増やしたりダメージを減らしたり出来ますが、こんなのが続くと鉱山探索がトラウマ化します。 鉱山のトラウマは『 ミネラルタウンのなかまたち』の 呪われたアイテム捜しだけで充分だよ! 冬の鉱山で全部揃えるのはメッチャ大変だったんだからな! oh! これは用ソフト『 』の移植版です。 生まれてくる子供に女の子が追加されるなど、版には無い要素が追加されています。 完全版に近いタイトルなのですが……。 言ってしまうと 不完全版そのものです。 版『oh』は 動作が重すぎるんです。 まず主人公の移動スピードが遅い! ohの問題点はこの一つが全てです。 移動が遅いということは動きが遅い訳であり、よって牧場作業も動物の世話も遅く、スピーディーなプレイは不可能です。 もちろん住人の動きも遅い! 後ろから話しかけるとユックリユックリとこちらを振り返ります。 この振り返りが遅すぎる。 まるで古典的ジャパニーズホラーの如し。 今にも「 見ぃ~たぁ~なぁ~ッ!」と言ってきそうなほどゆっくりと振り返るんです。 こんな感じで、ゲームスピード全てが遅いです。 といえば限られた時間で全てをこなすため、自然と操作がスピーディになっていき、いつしか「 って何だっけ?」状態になる。 ぼくものプレイヤーあるあるの一つであり、の醍醐味の一つでもあります。 舞台である『 わすれ谷』の雰囲気は素晴らしいんですよ。 自然に囲まれているし、海辺に村があり、牧場の立地も良い。 3Dで描かれたわすれ谷の癒し感は最高です。 ぼくものシリーズの住みたい村ベスト3には間違いなくランクインするほど。 私も隠居したら住みたい村・第2位にわすれ谷がランクインしています。 1位はもちろん ミネラルタウン だからこそoh! の鈍足な操作感は残念。 というより No! 『』は版より版を買った方が絶対に良いです。 ミネラルタウンのなかまたち 一番のオススメはで発売された『 ミネラルタウンのなかまたち』です。 操作性、音楽、雰囲気、全てにおいて最高の一作。 余分なモーションが無いので操作性グンです。 ボタンを押したらその瞬間にアクションを起こせます。 例えばクワを使うために道具ボタンを押したら、 クワを取り出すとか振り上げるといったモーションが限りなく短いのです。 一瞬振り上げ、すぐさまクワが降り下ろされます。 住人に話せば振り返るモーションなども無く、会話ボタンを押した瞬間にメッセージが表示されます。 操作面が全体的に洗練されています。 街の雰囲気も良し。 時間によって住人達が移動しますし、移動している姿もちゃんと見られます。 「今ならあの人は雑貨屋にいるな」と予想して会いに行けるのでリアルです。 このソフトは用ソフト『 ハーベストムーン』のリメイクであり、PS版ももちろんオススメ。 今なら に移植されているので、ソチラを買うと良いでしょう。 シュガー村とみんなの願い これは用ソフト『 ハートに火をつけて』のリメイクです。 版に追加要素を多く加えた、完全版といえます。 舞台となる シュガー村はミネラルタウンよりも自然に囲まれており、『 わすれ谷』の雰囲気に似ています。 この作品はには珍しく、「 短期間でエンディングを迎える」という特徴があります。 シュガー村はテーマパーク建設の為に潰される危機に瀕しており、立ち退き期日までの村を救うための手段を探し出すというストーリーだからです。 村を救う手段も誰と仲良くかったかによって変わります。 マルチエンディンク方式で明確なゴールがあるのも異色な所。 の雰囲気や方向性はちゃんと守られているので、「今から始めたい」という人にオススメです。 DSならコレがオススメ!『 ふたごの村』 近年のは携帯機でリリースされる事が多いです。 DSでのオススメ作品は『 ふたごの村』です。 この作品は ペットが牧場の仕事を手伝ってくれます。 さすがに水撒きなどは自分でやるのですが、動物の放牧は犬、猫が自動的にやってくれます。 牛やニワトリ、羊といった動物の愛情度を上げるには外に放牧するのが大切です。 しかし動物の数が増えると毎日やるのは大変。 その放牧をペットが手伝ってくれるので畜産関係の大変さがなくなっています。 農業が得意な村と畜産の得意な村に別れていますが、気分によっていつでも引っ越しが可能です。 仲の悪い村同士を仲直りさせる達成感もなかなかのもの。 森にもキノコ型のジャンプ台などのギミックがあったり、野性動物に野菜などをプレゼントして仲良くなれたりと、探索の楽しみもあります。

次の