細江予想。 先週の競馬を終えて―NHKマイルカップ―

【競馬】<画像>細江純子の春G1予想が何気に凄い件

細江予想

夕刊フジは産経新聞社が発行している夕刊紙。 新聞名は同じサンケイグループのテレビ局・フジテレビが由来になっているといわれています。 政治面や芸能面が充実しているのはもちろん、競馬面への評価が高いことでも知られていて、や、週刊Gallopは夕刊フジの姉妹誌にあたります。 ここでは、夕刊フジの値段や発売日をご紹介するほか、競馬欄の見方や特徴、予想力が高いおすすめの記者の情報をお届けします。 値段や発売日は? 値段は1部 140円。 夕刊紙のライバルであるや(通常版)も同じ値段です。 発売日は中央競馬のレースが開催される日の前日になります。 土曜日にレースが開催される場合は金曜日の午後から、日曜日にレースが開催される場合は土曜日の午後から新聞の発売が開始されます。 月曜日開催や金曜日開催など、変則開催の時もレースが開催される日の前日に発売されますので、ぜひご活用ください。 夕刊フジ競馬欄の見方や特徴は? 夕刊フジの馬柱は「 タテ書き」になっています。 多くの新聞はタテ書きの馬柱を採用していますから、他の新聞からの乗り換えもスムーズにできるかと思います。 夕刊フジの競馬欄は質の高い予想を提供するのはもちろん、知名度の高いトラックマンのコラムを読める点が大きな特徴です。 特に、フジテレビの日曜競馬中継『スーパー競馬』で鋭い解説を披露していた名物トラックマン・吉田均記者(競馬エイト所属)のコラム「攻めの吉田~G1豪打一振」は読み応え十分! 競馬の奥深さを体験したい!という方にはうってつけの新聞です。 夕刊フジ競馬欄の予想は当たる?おすすめ記者を紹介! 水谷圭助 「万券製造機」という異名を持つ水谷圭助記者。 夕刊フジきっての穴党として知られています。 やや無理筋な予想をする時もありますが、穴狙いの予想スタンスをずっと貫いている点は好感が持てますよね。 森田しの 夕刊フジが誇る女傑・森田しの記者。 2015年夏には小倉記念(G3)とレパードステークス(G3)で三連単を的中させていることから「真夏の女神」という愛称をもっています。 森田大王(森田実) サンケイスポーツの記者時代から「大王」の異名を持っている森田大王。 内海裕介 夕刊フジの記者はもちろん、競馬エイトやサンケイスポーツ、週刊Gallopの記者が予想成績を争う「予想王」の回収率ランキング初代チャンピオン。 近走の成績を重視しながら、当週の追い切りで見せた動きを参考にして予想を組み立てる、というスタンダードな予想スタンスです。 村瀬信之 43歳という若さで夕刊フジ関東版の本紙予想を担当している村瀬信之記者。 2008年の秋競馬スタートと合わせて本紙予想を担当することになり、鋭い予想を披露しています。 予想スタンスは本命党。 他の競馬新聞でも本紙予想担当者は堅実な予想をすることが多いですけど、村瀬信之記者も堅い予想をすることがほとんどです。 中央競馬の全レースを隅から隅までチェックすることを日課としていて、チェックしたレースの中で特にレベルの高いレースを見つけ出し、そのレースの好走馬に狙いを定めます。 夕刊フジのトラックマンはクセのある予想を出す人が多いのですが、村瀬信之記者はとてもシンプルな予想を出すことで知られています。 競馬初心者の方はまず本紙予想担当の村瀬信之記者の予想を参考にしながら、自分の馬券を組み立ててみてくださいね。 漆山貴禎 馬券を安定的に的中させることよりも、収支をプラスに持っていくことを第一に考えている漆山貴禎記者。 東京大学の文学部出身というインテリ馬券師でもある漆山貴禎記者は注目度が高い特別レースからとっておきの1レースを選び、おすすめの馬券を推奨しています。 予想スタンスは「穴狙い70%・堅い予想30%」というバランス型。 トレセンでの徹底的な取材で得た馬券に役立つ情報を予想にどんどん組み込んでいきますので、厩舎関係者のレースへの手応えを知りたい場合は漆山貴禎記者の見解を参考にしてみるのはいかがでしょう。 秋谷哲 関東・夕刊フジのデスク担当である秋谷哲記者。 トレセンや競馬場へ取材に行く立場ではないため、予想に変な感情が入ることがありません。 デスク担当ならではの分析力でレースの本質を見抜いていきます。 予想スタンスは穴狙い。 三連単3点買い、という競馬玄人でもしないような難易度の高い馬券を推奨しています。 的中率はどうしても低くなってしまいますが、1レースでも的中すると回収率が一気に跳ね上がり、夕刊フジの回収率ランキングで上位に食い込むこともあります。 志賀弘惟 2013年3月まで発刊されていた「ダービーニュース」で本紙予想を担当していた志賀弘惟記者。 50年近く競馬に携わっているベテラントラックマンです。 2016年秋のG1戦線からは、夕刊フジの紙面に掲載されている出走予定馬のカラー馬体写真の中から、馬券対象となる馬を選び抜く、という馬体診断の企画を担当しています。 2015年度JRA賞・最優秀障害馬の投票で、中山大障害で3着に敗れたサナシオンに一票を投じたことで話題になった志賀弘惟記者は馬券予想でも奇をてらった印をつけるケースが多くなっています。 ダービーニュース時代から穴党として知られていた志賀弘惟記者がつける印にも注目です。 まとめ 夕刊紙は競馬新聞よりも値段が安いこともあり、信頼できる予想が載っていないのでは?と思われがちですよね。 しかし、夕刊フジは予想力が高い記者ばかり! 競馬歴が長いファンでも納得していただける予想が勢ぞろいしています。 競馬初心者の方でも利用しやすい新聞ですから、どうぞご利用ください。

次の

元競馬騎手「細江純子」の予想が見られる3サイトと下ネタ事情を紹介

細江予想

細江純子の競馬予想ブログが酷すぎる!下ネタを封印した理由とは? 細江純子の競馬予想ブログが酷すぎると話題に! 細江純子は、JRA初の女性騎手として活躍した元騎手で、引退後は競馬評論家として活動しています。 現在は、「週刊アサヒ芸能風俗」というサイト内の「ギャンブル」コーナーで競馬予想ブログを連載していますが、下ネタが酷すぎると話題です。 夫婦の夜の営みについてや、幼い息子の性器にまつわる話など、かなりきわどい内容を「ナンチッテ」の一言で片づけるのがお決まりのパターンとなっています。 ネット上には「下ネタ毎週楽しみ」という肯定的な意見に対し、「欲求不満すぎ」「40過ぎたおばさんのこんな話は聞きたくない」といった否定的な男性読者の声も。 特に、母乳などの下ネタは、男性ウケがよろしくないようです。 細江純子が下ネタを封印した?!きっかけと結末は? 細江純子は、男社会の競馬界で生き抜くため、他の女性には真似できないような高い下ネタスキルを身につけ、躊躇なく下ネタを口にすることができるようになったのかもしれません。 そんな細江純子も子を持つ母親。 取材先では、「下ネタばかり言って将来子供がいじめられたら可哀想」と子を持つ親に心配され、下ネタ封印を考えたこともあったと言います。 しかし、「ネットにアップされたブログ記事は消せない」とも言われ、それならば今更下ネタをやめても手遅れなのでは、との思いに至ったとか。 現在も細江純子の競馬予想ブログは、雑談(下ネタ)9割、真面目な競馬予想1割の割合で展開されています。 細江純子のJRA騎手時代の成績!結婚した旦那や子供は? 細江純子のJRA騎手時代の成績は?初めて尽くしの女性騎手だった 細江純子は、小学生の時に見たアニメ「ハロー!レディリン」で馬が好きになり、武豊を見て騎手に憧れるようになりました。 2度目の試験でやっと合格をつかみとり、高校卒業後に競馬学校へ入学。 高卒で競馬学校に入学した唯一の騎手と言われています。 1996年に中央競馬初の女性騎手としてデビューすると、その年にレゾンデートルなどに乗り3勝。 2000年には、シンガポールでのレースに出場して、日本人女性騎手として初めて海外競馬での勝利を収めました。 デビュー以来、毎年勝ち星を挙げ続けた細江純子でしたが、重賞制覇などのビッグタイトルは残せず、徐々に出場レースが減っていき、2001年6月にケガを理由に引退しています。 細江純子のJRA騎手時代の成績は、493戦14勝。 収得賞金は2億3839万でした。 細江純子が結婚した旦那や子供は?下ネタに対する旦那の反応は? 細江純子が結婚した旦那は、取材を通じて知り合った橋田満厩舎に所属する調教助手の児玉武大で、2011年2月4日に入籍しています。 2013年9月24日に出産した子供は現在3歳半で、託児所に通うヤンチャ盛りの男の子。 細江純子の競馬予想ブログでは、細江純子の息子の下半身事情(?)も頻繁に報告されています。 とはいえ、夫婦仲はとても良い様子。 細江純子の旦那は、将来的には自分で厩舎を開いて調教師になることを目標にしており、その際には細江純子も協力し、競馬界の現場に戻りたいと語っています。 細江純子が騎手時代を真面目に振り返った!藤田菜七子騎手も見習って 細江純子はJRA初の女性騎手でしたが、2016年、16年ぶりに日本競馬界に女性騎手・藤田菜七子が誕生しました。 その際に、女性騎手の先駆けとしてインタビューを受けた細江純子も、騎手人生を真面目に振り返っています。 当時の日本競馬は完全な男社会で、「女には無理」という目で見られるのがつらかったと明かした細江純子。 失敗してはいけないというプレッシャーがのしかかり、緊張や不安な気持ちが馬に伝わってしまうことから思うようにレースが運ばなくなってしまっていた時に、武豊のフランス遠征に同行しました。 海外には女性騎手がたくさんおり、そこでの女性騎手たちの活躍を目にすることで、勝つことばかりを考えて視野が狭まっていたことに気付いたそうです。 シンプルに「馬が好き」という気持ちを思い出した細江純子は、この遠征を機にシンガポールの競馬に出場するチャンスを獲得。 日本女性騎手海外戦初勝利という記録を打ち立てました。 今思い返せば、しっかり馬の気持ちに寄り添い、馬に声を掛けたり、リラックスさせたりと、力が強くない女性騎手でももっとできることがあったはずだったと騎手時代を語った細江純子。 「史上初」の記録をたくさん残した細江純子の騎手生活は6年でしたが、引退後も競馬評論家として息の長い活動を続けています。 藤田菜七子騎手にも、細江純子の「下ネタ以外」を見習って、馬を愛して、長く活躍し続けてほしいですね。

次の

細江純子の競馬予想や下ネタがヤバ過ぎ!結婚した旦那や騎手時代の成績も調査

細江予想

When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account. 人気記事ランキング 1ヶ月• 8,900 Views 2週間前• 7,550 Views 2日前• 6,300 Views 2週間前• 6,050 Views 3週間前• 5,650 Views 3週間前• 5,550 Views 4週間前• 5,400 Views 3週間前• 5,200 Views 3週間前• 5,150 Views 6日前• 5,050 Views 2週間前• 5,050 Views 2週間前• 5,000 Views 1週間前• 4,950 Views 2週間前• 4,900 Views 3週間前• 4,650 Views 2週間前• 4,600 Views 4週間前• 4,600 Views 2週間前• 4,550 Views 2週間前• 4,450 Views 4週間前• 4,450 Views 2週間前.

次の