インスタ ストーリー 質問スタンプ 複数。 【徹底解説】インスタのストーリーの基本から複数追加、足跡まで!文字や動画・スタンプのテクニック!

インスタグラム「質問」の使い方を徹底解説【新機能】

インスタ ストーリー 質問スタンプ 複数

Contents• インスタ・ストーリー【基本編】 ストーリーをサクサクみる!進む!戻る! ストーリーをみるのに、時間がかかりませんか?簡単に次に進むことと、戻ることができます。 方法は左端をタップすると「前に戻る」、他の部分をタップすると「次へ進む」。 これだけでサクサクみることができます。 そして、文字の多いストーリーなどを読みたいときは、タップして押さえたままにするとそのまま止まります。 スワイプすると次のユーザーへストーリーが移動します。 ストーリーの文字入力、移動、削除方法 まずホーム画面で自分のアイコンをタップし、ストーリー撮影画面に移動します。 写真を撮るか、アルバムから写真を選ぶと編集画面になります。 ここから説明を始めます。 まず右上の文字「Aa」ボタンをタップすると文字の入力画面となります。 入力画面で文字を入力し、下にある色をタップすることで文字の色を選択できます。 左上文字揃えボタンで、「中央揃え」「左揃え」「右揃え」を切り替えることができます。 左から2番目のボタンで文字に背景をつけることができます。 この場合も下の色を選択することができます。 文字の入力が終わって右上の完了をタップすると、文字の位置を決めることができます。 押しながら移動(ドラッグ)することで目的の位置へ動かすことができます。 様々な種類の文字表示を選択する 先ほどの例は「クラシック」という普通の文字を表示するモードでした。 「強」というモードにすると文字が大きく強調されます。 配置してみるとこうなります。 いろいろなモードを試してみて、ストーリーをデコレーションしてみてください。 デコレーションには次で説明する「ペン」や「ステッカー」も使うことができます。 「タイプ」は文字だけのストーリー 画面下の撮影モードを「通常」からスライドして「タイプ」にすると文字だけのストーリーを作成することができます。 文字を入力して「ペン」ボタンをタップすると画面に落書きをすることができます。 画面上部でペンの種類を変えたり、画面下で色を変えたりと自由なデコレーションができます。 描き終わったら「完了」をタップします。 「ステッカー」ボタンをタップすると、様々な種類の中からステッカーを選んで画面に貼り付けることができます。 前述したように、「ペン」や「ステッカー」は通常モードでも使えますので、試してみてください。 ストーリーを削除する方法 ストーリーを削除するにはまず、自分のアイコンをタップしてストーリーを表示します。 これは複数につないだストーリーの場合、一番後ろを削除することになります。 そして、ストーリーを表示したら画面下部の「・・・」もっと見るをタップします。 メニューが表示されますので、「削除する」をタップします。 これで削除は完了です。 ストーリーを保存、閲覧する方法 後述しますが、ストーリーは24時間表示後、自動的に保存される設定になっています(次々項を参照)。 まずは、保存方法から説明します。 ストーリーを保存するにはまず、自分のアイコンをタップしてストーリーを表示します。 そして、画面下部の「・・・」もっと見るをタップします。 メニューの中から「保存する」をタップします。 再度メニューが表示されますので、「ストーリーズを保存」をタップします。 この時、写真や動画を保存する上のメニューを選ぶと、そのストーリーに使われている写真や動画がカメラロールに保存されます。 保存が完了すると「ストーリーズが保存されました」というアナウンスが出ます。 保存したストーリーを閲覧する 自分で保存した、もしくは自動的に保存された過去のストーリーをみるには、プロフィールページへ移動し、右上の「時計」ボタンをタップします。 「アーカイブ」というページに保存されたストーリーが並んでいるので、タップすればもう一度表示することができます。 ストーリーの自動保存を解除・設定する 自動保存を設定するには、プロフィールページへ移動し、右上の「時計」ボタンをタップします。 アーカイブページの上部にある「・・・」メニューボタンをタップします。 メニューが表示されますので、「設定」をタップします。 ストーリー設定で「アーカイブに保存」がオンになっています。 これをオフにすれば自動保存が解除されます。 うざいストーリーをミュート(非表示)にする方法 自慢ばかりのストーリーなど、あまり見たくないユーザーがいるかもしれません。 その場合はそのユーザーだけ非表示、つまりミュートすることができます。 まず、ミュートしたい相手のプロフィールを表示します。 簡単な方法としてはストーリーの左上にある「アイコン」をタップするといいでしょう。 相手のプロフィール画面が表示されたら右上にある「・・・」オプションボタンをタップします。 表示されたメニューから「ミュート」をタップします。 ミュートの仕方を選択できますので、「ストーリーをミュート」をタップします。 すると案内が表示され、ミュートの操作が完了したとわかります。 ミュートした相手のストーリーが投稿されるとグレーで表示されます。 しかし順番にストーリーを見ていく時には表示されません。 必要があればアイコンをタップすることで見ることはできます。 ストーリーの非公開・公開範囲の設定 ストーリー(およびライブ)は公開範囲を設定することができます。 具体的には非公開のユーザーを設定します。 そのためには自分のアイコンをタップし、ストーリー投稿の画面にした後、右上の「歯車」マークをタップします。 ストーリー設定の中で「ストーリーを表示しない人」をタップします。 「表示しない人を選択」してチェックを入れたら「完了」をタップします。 すると公開範囲が設定されますので、「完了」をタップします。 この設定は毎回行うものではなく、内容が保存されます。 友達だけにストーリーを公開するなど、使いやすい設定にしておくとよいでしょう。 また「シェアを許可」(いわゆるリポスト)をオフにしておくと、より制限ができます。 スポンサーリンク インスタ・ストーリー【スタンプ編】 メンションスタンプの使い方 ハッシュタグにメンション、ユーザー名のスタンプを使うことができます。 このスタンプは相手に通知が届きます。 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 「@メンション」スタンプをタップします。 そして、ユーザー名を入力すると、候補が表示されます。 メンションしたい相手を選択します。 スタンプが配置されます。 位置などが変更できるとともにスタンプをタップすると色を変えることができます。 色が変わりました。 そして普通のストーリーと同じく、「ストーリーズ」ボタンで公開します。 すると、メンションされた相手には「ダイレクト」で通知が届きます。 相手はどのようなストーリーでメンションがされたのか、確認することができます。 一方、ストーリーを見たユーザーがタップすると、メンションしたユーザーが表示されます。 ユーザー名をタップすると、そのユーザー情報を見ることができます。 Twitterでよく使われるようになった「メンション」ですが、紹介したいユーザーがいるときなどに使えると思います。 ハッシュタグスタンプの使い方 スタンプにハッシュタグを使うことができます。 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 「#ハッシュタグ」スタンプをタップします。 ハッシュタグを入力すると下部に候補が表示されます。 ここでは「青山カフェ」を使ってみます。 スタンプが配置されます。 位置などが変更できるとともにスタンプをタップすると色を変えることができます。 色が変わりました。 色を決めたら普通のストーリーと同じく、「ストーリーズ」ボタンで公開します。 ストーリーを見た側にはスタンプが表示され、タップすると「ハッシュタグを見る>」というポップアップが表示されます。 これをタップするとハッシュタグの一覧が表示されます。 友達などにオススメのハッシュタグを紹介するときなどに使えるでしょう。 アンケートスタンプの使い方 ストーリーでアンケートを取ることができます。 これは2択の質問となるスタンプです。 それにはまず「スタンプ」ボタンをタップします。 「アンケート」スタンプをタップします。 質問の内容と、「はい」「いいえ」の部分を好きな選択肢にすることができます。 質問が出来たら、ストーリーとして公開します。 自分のストーリーを見直すと、アンケートの結果が表示されます。 そのストーリーを上にスワイプします。 すると誰がどちらを選択したのか、その詳細を見ることができます。 スライダースタンプの使い方 スライダースタンプはアンケートの応用版のようなもので、感情の大きさなどをスライドさせて投票してもらうことができます。 まずは「スタンプ」ボタンをタップします。 「スライダー」スタンプをタップします。 質問の内容と、表現してもらいたい感情のスタンプを下部から選択します。 スタンプが出来たらストーリーとして公開します。 ストーリーをみたユーザーはスライドを動かして、その感情の大きさを示します。 自分のストーリーを見直すと、現在の平均が表示されます。 そのストーリーを上へスワイプします。 すると、投票の詳細が表示されます。 ストーリーの文字やスタンプを削除する方法 例えば、アルバムから写真を選択すると、最初から文字(スタンプ)が入力されています。 これを削除してみます。 文字を押しながら少し動かすと、下部に「ゴミ箱」のアイコンが現れます。 そこまで指を移動して離すと削除ができます。 動画でみていただくとこうなります。 7秒ほどの動画になっています。 インスタ・ストーリー【動画編】 インスタのストーリーに動画を使う方法 自分のアイコンをタップして、ストーリーの「通常」撮影モードにします。 「通常」撮影モードでシャッターボタンを押したままにすると、動画が撮影できます。 動画を撮影後デコレーションの編集が写真の時と同じようにできるようになります。 それに加えて、画面下部のメニューを右へ移動していくことによって、動画を撮影するモードを選択することができます。 下記のようなモードがあります。 BOOMERANG:押している間動画が撮影され、それが繰り返し再生されます。 フォーカス:顔を認識し、それ以外の部分はぼかされることによって、一眼レフカメラで撮ったような効果が得られます。 SUPERZOOM:テレビのズームイン効果が得られます。 3段階程度に分けてズームインされ、迫力のある動画が撮影できます。 逆再生動:動画を撮影すると、その逆再生動画が作成できます。 ハンズフリー:通常モードでは押している間に動画が撮影されますが、シャッターボタンをタップすると撮影開始、もう一度タップすると終了という方法で動画を撮影できます。 ストップモーション:いわゆる「パラパラ漫画」のようなアニメーションを作成できます。 ストーリーに使える動画モード例 何気ない日常の動画をストーリーにするのも良いものですが、特殊効果を狙ったストーリーも面白いかもしれません。 先ほど紹介した「SUPERZOOM」では、上部にある「メガホン」ボタンで効果音をつけることができます。 5秒ほどの動画ですが、音量に注意してご覧ください。 インスタ・ストーリー【足跡編】 Instagramストーリーの足跡とは? ストーリーには誰が閲覧したかわかる機能、いわゆる「足跡」機能があります。 自分のアイコンをタップして自分のストーリーを見ます。 ストーリーの左下に閲覧したユーザーのアイコンが表示されます。 アイコンをタップすると、誰が閲覧したのかがわかります。 これが「足跡」です。 「足跡」をつけないで相手のストーリーを見ることはできる? 基本的にはできません。 実際にはそれができるアプリは存在します。 しかし信用できそうなアプリではないため、ここでは紹介しません。 信用できないアプリに自分のユーザー名とパスワードを教えてまで、足跡をつけない方法をとるか考えたいところです。 アカウントを複数持つことで、別のアカウントから見ることならできます。 複数のアカウントを持つ機能は、Instagramが標準で対応している機能です。 次の例は別のアカウントに切り替えて、検索してユーザーを選択、フォローせずにストーリーをみたときの足跡です。 この方法であれば、ストーリーの閲覧を工夫できるでしょう。 複数アカウントの作り方は後ほどお伝えします。 質問スタンプの使い方 質問スタンプはその名の通り「質問をしてもらう」スタンプになります。 応用次第で他の使い方もできるでしょう。 まずは「スタンプ(ステッカー)」ボタンをタップします。 「質問」スタンプボタンをタップします。 すると「質問はありますか?」というテキストが入ったステッカーが貼り付けられます。 このテキストは変更することができます。 「ストーリーを見た人」は質問をすることができます。 「質問をした人」は既読アイコンをタップするか、ストーリーを上へスワイプすることで質問の内容を見ることができます。 質問に答えるためには、解答欄の質問をタップします。 メニューが表示され「Share Response(回答を共有する)」をタップして回答します。 質問にはストーリーで答えることになります。 もし文字で答えたければ、写真を撮るか画像をアップロードしします。 そして、テキストボタンで回答すればよいでしょう。 「ストーリーを見た人」は質問の回答があると通知がされます。 そして「質問をした人」のストーリーを見ることで回答を知ることができます。 ストーリーのスクショは相手に通知されない! 2018年6月時点で、ストーリーのスクリーンショットを撮っても相手にはわかりません。 相手のストーリー上ではこのように既読がついただけになっています。 閲覧者の詳細を見ても、特に変化はありません。 2018年2月から「スクリーンショットの通知機能」をテストしていましたが、6月に「ストーリーのスクリーンショットは通知しない」と。 これからは安心してストーリーのスクショが撮れそうです。 インスタで相手にわかるスクリーンショットは? 1対1のストーリーと表現できるかもしれませんが、相手に「ダイレクト」メッセージで送信する際、「1回表示」もしくは「リプレイを許可」の設定で写真が送られてきたとします。 それをスクリーンショットすると、相手にはメッセージ履歴の横に小さなマークが付き、スクリーンショットが撮られたとわかるようになっています。 その上の写真のように期限つきでなければ、スクリーンショットを撮っても相手には通知されません。 インスタ「ストーリー」の便利な使い方編 お気に入りをいつでもそばに「ストーリーズハイライト」 お気に入りのストーリーをプロフィールに表示しておける「ストーリーズハイライト」という機能があります。 ストーリーズハイライトの設定方法 これを設定するには、まずプロフィールページで、「ストーリーズハイライト」のボタンをタップします。 ハイライトを追加するために「+」ボタンをタップします。 ストーリーの一覧が表示されるので、お気に入りのストーリーを選択し、「次へ」をタップします。 ハイライトのタイトルを入力し、「追加」をタップします。 すると、ストーリーハイライトとして表示されるようになります。 ストーリーハイライトを削除する方法 ストリーズハイライトから、1つのストーリーを削除するには、削除したいストーリーを「長押し」します。 すると、メニューが表示されますので、「ハイライトを削除」をタップします。 確認のアナウンスが表示されますので、「削除する」をタップします。 これでハイライトの削除は完了です。 Instagramで複数アカウントを作る、切り替える方法 デバイスやバージョンによって異なりますが、下部メニューの人型アイコンで自分のアカウントを表示した後、「・・・」もしくは「歯車」ボタンをタップします。 オプション画面が表示されます。 その一番下に「アカウントを追加」というボタンがあるのでタップします。 ログイン画面が表示されますが、一番下にある「登録はこちら」をタップ。 Facebookか電話番号でも登録ができますが、メールアドレスで登録すると複数アカウントとして使いやすいでしょう。 登録が完了して、複数アカウントを持っている状態になると、画面上部のユーザー名の横に「切り替え」ボタンができています。 切り替えボタンをタップすると、アカウントの切り替えができるようになります。 ストーリーにタイムラインの投稿を紹介する タイムラインで見かけた投稿や自分の投稿をストーリーで使うことができます。 タイムラインでシェアしたい投稿があったとします。 その紙飛行機マークの「シェア」ボタンをタップします 「ストーリーズに投稿を追加」という項目をタップします。 ストーリーの作成画面へ移動されます。 ここで文字やスタンプを追加できます。 「ストーリーズ」ボタンをタップするとストーリーズへ投稿されます。 インスタのストーリーに写真スタンプを貼る方法 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 スタンプ一覧の中に「写真」ボタンがあるのでタップします。 するとカメラロールが表示されます。 ここで、ストーリーに貼りたい写真をタップします。 これでストーリーに写真を貼ることができました。 ちなみにこの写真は「GIFアニメ」ですが、それには対応していません。 他のストーリーと同じようにデコレーションすることができます。 手書きの文字は写真の後ろに隠れてしまうので、工夫が必要そうです。 最後に「ストーリーズ」ボタンをタップすれば投稿されます。 インスタのストーリーに動画スタンプを貼る方法 まず「スタンプ」ボタンをタップします。 スタンプ一覧の中から「写真」スタンプボタンをタップします。 動画には画像の右下に「動画の長さ」が表示されています。 貼りたい動画をタップします。 そしてデコレーションなどをして、「ストーリーズ」ボタンをタップすれば投稿されます。 ストーリーのイメージを動画で観ていただきましょう。 執筆時点で流行していた動画が貼ってあります。 7秒ほどの動画です。

次の

インスタストーリー機能9選: ストーリー作成に役立つ情報まとめ

インスタ ストーリー 質問スタンプ 複数

このページの目次 CLOSE• インスタの質問スタンプの特徴 インスタの質問スタンプは、気軽に他のユーザーとコミュニケーションが取れる便利な機能です。 そこで気になるのが、 「質問に回答したら第三者に、どんな回答をしたのかバレてしまうのではないか?」という点でしょう。 間違った回答をしたことが他のユーザーにバレたら、かなり恥ずかしいですし、知っている人だったら笑いものにされかねません。 しかし、インスタの質問スタンプに対する回答は、第三者に知られる 仕組みはないので安心してください。 ただし、質問者には誰がどんな回答をしたのかバレてしまうので、その点は認識しておきましょう。 インスタで質問の募集・回答・返信する方法 インスタでユーザーと質問を通してやり取りする機能は、 ストーリーズのみに実装されています。 通常の投稿では、質問スタンプは使えないので注意してくださいね。 質問スタンプを使う方法を、以下から紹介していきます。 次にストーリーズの投稿画面を開き、 使用したい写真を選んでください。 写真を選んだら、画面上部にある 「スタンプアイコン」をタップ。 スタンプの一覧が出てくるので、 「質問」というスタンプを選択します。 質問スタンプの編集画面になるので、質問の内容を入力していきましょう。 ボックスの色なども変更できますから、自分好みに変えてください。 その後、いつも通りストーリーズを投稿すれば、質問の募集ができました。 質問に答えるには、まずインスタのアプリを起動してトップページを表示します。 次に質問が付いているストーリーズを開き、 「テキストを入力」という部分をタップしてください。 すると文字入力画面になるので、質問に対する答えを入力して 送信ができます。 これで、募集された質問に回答ができました。 もしくは通知設定がオンになっているなら、スマホに回答があった旨の通知が届くので、その通知をタップしましょう。 ストーリーズの画面が開いたら、画面を上にスワイプしてください。 すると届いた回答の詳細が表示され、どんな回答をしてくれたのかを確認することができます。 さらに返信した内容そのものを、ストーリーズに再度投稿できるので、回答した人との関係がさらに深まるでしょう。 回答メッセージに返信するには、該当するストーリーズを開きます。 次に画面を上にスワイプして、返信したい回答をタップしてください。 メニューが表示されるので、 「Share Response」をタップ。 ストーリーズの投稿画面が開くので、質問したのと同じ写真や動画を使いテキストを使って返信内容を入力します。 入力が終わったら「完了」をタップすると、質問と回答、さらに返信が一緒になったストーリーズが投稿されます。 そのため複数の回答があった場合は、答えに対して 一斉に返信しましょう。 まずは回答があったストーリーズの画面を開き、上にスワイプして回答の詳細を開きます。 回答をタップして、 「Share Response」を選択。 ストーリーズの投稿画面になるので、質問スタンプの位置を調整して画像としてスマホ本体に保存。 その後、 「x」を選択して 「Discard」をタップし編集を破棄。 再び回答されたストーリーズの詳細を開き、別の回答をタップして 「Share Response」を選択。 この作業を繰り返すことで、1つの画像あるいは動画に複数の回答に対する返信を掲載できます。 すべて手作業なので、回答の数が多い場合はちょっと大変です…。 インスタの質問スタンプが使えない場合の対処法 インスタの質問スタンプは、標準搭載されたばかりの新しい機能です。 そのため不具合が起こり、質問ができないという状況に陥ってしまい困っている人は少なくありません。 では、質問できない場合の 対処法には、どんなものがあるのでしょうか?.

次の

【7/13更新】インスタグラムのストーリーズの「質問」に一気に複数回答する方法

インスタ ストーリー 質問スタンプ 複数

インスタグラム:「質問」とはどんな機能か インスタグラムストーリーのスタンプに追加された新機能「質問」スタンプ。 これは、 ストーリーを作成したユーザーが、フォロワーから質問を受けることができるという仕組みになっています。 以前からあった、「アンケート」スタンプとの違いですが、アンケートの場合こちらで用意した質問に対して「はい」か「いいえ」の決まった回答を答える形になっていました。 一方今回の「質問」スタンプは、回答者は自由な回答をテキストタイプで答えることができるようになっています。 つまり、この「質問」スタンプは、フォロワーから質問を集めるために使うことができる機能なのです。 インスタグラム:「質問」機能の使い方 それでは実際に、「質問」機能の使い方をご紹介していきます。 まずは、質問を受け付ける側はどのように「質問」スタンプを設定したらよいのかを記載します。 その次に、質問への回答方法をご紹介します。 質問を受ける側の操作方法 Instagramを起動後、投稿したい画像を選択/撮影し、下記画像右上のスタンプを選択するマークをタップします。 スタンプの一覧が画面下部から表示されますので、「質問」というスタンプを選択しましょう。 すると、スタンプが表示されます。 「質問はありますか?」の部分をタップし、テキストフォームに質問内容を入力します。 質問に入力したテキストの色は変更できます。 テキストのスタイルの設定が完了したら、ストーリーに投稿します。 質問に回答する方法 ストーリーに掲載された質問をタップすると、下記画像赤枠部分に回答を入力することができます。 回答を入力したら、「送信」のボタンをタップして下さい。 相手に回答が送信されると、質問を募ったユーザーはストーリーの足跡を見る箇所から回答を確認することができます。 質問への回答は上記のようにユーザーから見えます。 インスタグラム:「質問」に関する不具合 「質問」スタンプの機能は、発表されたばかりでご自身のインスタグラムアプリでは見たことがない、という方も多いはず。 また、質問機能を実際に使ってみたが上手く使えないという場合、何らかの不具合が考えられます。 ここでは、質問機能でよくある不具合やその対処法について紹介します。 「質問」に投稿できない/使えない 「質問」機能が使えない原因に、アプリのアップデートがされていないという原因が考えられます。 現在お使いのインスタグラムアプリは最新版でしょうか。 2018年7月時点での最新版のバージョンは、「 52. 0」です。 スマートフォンアプリのApp StoreもしくはGoogle Playを起動し、確認してみましょう。 アプリは最新版なのに「質問」機能が使えない また、アップデートが完了し、アプリも最新版なのに使えないということもあるようです。 その場合の解決策は、以下を試してみてください。 インスタグラムアプリを英語版にしてみる• 質問スタンプが出現するまで待ってみる インスタグラムアプリは、アメリカで開発されています。 アメリカが出発地点ですので、アプリそのものを英語バージョンにしてみると、質問スタンプが表示されることもあります。 また、どうやってもスタンプが表示されない場合は、待つしかないようです。 アプリケーションが最新版であれば、質問スタンプは表示されますので、数日待ってみるのも有効手段といえます。 そのため、回答内容は他のユーザーからは見ることができません。 質問の投稿者は、回答内容を自分のストーリーにシェアすることができますが、シェアした場合でも回答者のユーザーネームは非表示となります。 回答がばれるかもしれない、という心配は不要ですので、安心してください。 「質問」への回答は何回できるのか 質問への回答は、何度でも投稿可能です。 質問の種類も様々で、例えば「この夏行きたい場所は?」というようなアンケート形式の質問をしたとします。 そうすればフォロワーは何度でも答えられますし、質問を募った側も様々な回答を得ることができるため、うれしいのではないでしょうか。 回答の順番について 複数回質問へ回答した場合や、何人ものフォロワーが回答した場合、質問を投稿したユーザーには、どんな順番で回答が見えているのか気になるところです。 投稿した側に見えている回答の順番ですが、これは回答した順番ではなく、投稿したユーザ-の関心度や関連度に応じて順番が左右されているようです。 そのためかなりランダムな順で、回答は表示されています。

次の