ゆあちゃん 事件 ノート。 結愛ちゃん「もうゆるして」虐待死亡事件 母親 船戸優里のFacebookも

東京目黒で虐待されて死んだ5歳の結愛(ゆあ)ちゃんですが、母親は再婚で...

ゆあちゃん 事件 ノート

net 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。 同日発表した。 2人とも容疑を認めているという。 捜査1課によると、2人は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせ、2月下旬ごろには結愛ちゃんが衰弱して嘔吐(おうと)するなどしたにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院を受診させることをせずに放置。 3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。 雄大容疑者は2月末ごろに結愛ちゃんを殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されていた。 結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代の平均の約20キロを下回る12・2キロだった。 部屋からは、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと結愛ちゃんが書いたノートが見つかっていた。 毎朝4時ごろに起床し、平仮名の練習をさせられていたという。 都や一家が以前住んでいた香川県などによると、結愛ちゃんは同県で2016年と17年に計2回、県の児童相談所で一時保護された。 2回目の保護が解除された後の同年8月末には、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報があり、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と話したが、県は一時保護の必要はないと判断していた。 一家は今年1月に目黒区に転居。 県の児相から引き継ぎを受けた品川児相が2月9日に家庭訪問していたが、優里容疑者とは会えたものの、結愛ちゃんには会えなかったという。 雄大容疑者については、結愛ちゃんに暴行を加えてけがをさせたとして香川県警が昨年2月と5月に傷害容疑で書類送検していたが、いずれも不起訴になっている。 asahi. 警視庁捜査1課によると、結愛ちゃんは毎日午前4時前に1人で目覚まし時計を使って起きて「反省文」を書かされていた。 従わなければ父親の雄大容疑者(33)に暴力を振るわれたという。 反省文は大学ノートに鉛筆で書かれ、死亡する10日ほど前の2月20日ごろまで続いていた。

次の

虐待死を防げ 結愛ちゃん元主治医のメッセージ|「NEWS23」スタッフノート|note

ゆあちゃん 事件 ノート

船戸結愛=ふなと ゆあ この事件は3月2日、両親の長期間にわたる虐待により、船戸結愛ちゃんが低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡したもの。 東京都目黒区東が丘1丁目に住む父親の 船戸雄大容疑者(33)が傷害容疑で逮捕・起訴されていましたが、警視庁は保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕するとともに、新たに母親の 船戸優里容疑者(25)も逮捕しました。 船戸雄大=ふなと ゆうだい 船戸優里=ふなと ゆり 2人は今年1月下旬から、船戸結愛ちゃんに十分な食事を与えず栄養失調状態に陥らせ、さらに暴行を加えるなどして衰弱させた上、虐待が発覚することを恐れて病院に連れて行くことをせずに放置。 その結果3月2日、船戸結愛ちゃんは死亡しました。 5歳児の平均体重は約20kgですが、死亡した当時の船戸結愛ちゃんの体重はわずか12kgほどだったということです。 警視庁は、船戸結愛ちゃんが死亡する前にひらがなで書いた手書きの文章を残していたことを公表し、文章の内容も明らかにしました。 内容は以下のとおり。 もうパパとママにいわれなくても しっかりじぶんから きょうよりか あしたはもっともっと できるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして きのうまでぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたことを なおします これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶって あほみたいだからやめる もうぜったい ぜったい やらないからね わかったね ぜったいのぜったいおやくそく あしたのあさは きょうみたいにやるんじゃなくて もうあしたはぜったいやるんだぞとおもって いっしょうけんめいやって パパとママにみせるぞというきもちでやるぞ 警察によると、船戸雄大容疑者と船戸優里容疑者は共に容疑を認めているということです。 船戸優里容疑者のFacebookと顔写真 船戸優里容疑者のFacebookでは、自らの顔写真や結愛ちゃんの写真などを投稿していました。 さっきニュースの記事で船戸結愛ちゃんの記事読んだが… 両親に虐待されて亡くなったやつ 結愛ちゃんが書いたノートが見つかりそこには もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして って書いてあったらしい 冗談抜きで泣いた まだ5歳の女の子が苦しんで亡くなったと考えたら胸が痛い… — 狐狗狸さん SHINKAIKITSUNE4 船戸雄大 船戸優里を許すな ゴミ夫婦が、お前らは人間じゃない 怪物だ 刑務所にかかるお金も勿体ない ホームレスになってそのまま朽ちろ — アニメ大好き rider nakukoroni7 如何なる理由あれども虐待は許されない。 船戸雄大と船戸優里は死刑にすべき。 この手の犯人は、司法を経ずに死刑でもいいと思う。 どれだけ子どもを追い詰めたんだ。 — フライパンパン flyingpanx2 どうして5歳児を虐待するような低脳が目黒区に住めるのか、俺はそっちが不思議だ。 おかしいだろ。 一ミリづつ死ぬまで身体を刻む刑にしても生ぬるい。 — makihiro makihiro89 なんとも やりきれない・・ 東京 目黒区・・船戸結愛ちゃん 5歳・・ 食事を与えられず 死亡・・船戸雄大(33)船戸優里(25) 逮捕・・普通20キロの体重 12. 息がおかしくなる。 船戸結愛ちゃんのご冥福をお祈りします。 ノートは結愛ちゃんの遺書。 胸が苦しくなる。 そして雄大と出逢い、やっとの思いで結婚し、こうなった。 結愛のため。 その言葉を信じて、荷担し、堪えてきたんだと思う。 みんなに聞きたい。 5歳の女の子が言うこと聞かないくらいで、まるでサッカーボールを全力でシュートするくらいの蹴りを雄大はしたらしい。 できます?普通。 さすがの優里もそこで信頼、裏切り、すべてがガラガラと音を立てていくなかで、なんとか、声に出し、やめてー。 と、叫んだと。 然し絞首刑による死刑執行には大反対です。 死刑で犯人を殺すのと、犯人が被害者を殺すのとの間には法医学的には差が無いように思います。 そこで、犯人永富直也住吉会組員を失明刑にすべきと考えました。 然し、失明のまま刑務所に収容するのには経費が掛かり過ぎます。 そこで、天賦人権説では「人」=「ヒト」+「人権」であることに気付きました。 この等式の両辺から「人権」を引きますと、「人」ー「人権」=「ヒト」となります。 死刑囚から人権を奪い家畜として働かせること以って死刑としたく思いました。 昔、陸海軍省は工廠と言う工場を持っていました。 そこでは兵器を作っていました。 法務省が刑務所内に巨大な法務工廠を作り、そこで受刑者を生産に従事させます。 乳幼児には育て方によっては素晴しい才能を引き出せる可能性があります。 乳幼児は国民全体の宝です。 全ての殺人犯は死刑にすべきです。 私は死刑大賛成ですが、絞首刑等による執行には大反対です。 私は塵の中からナンバープレートを見つけ、盗難車の物かと思い、交番にとどけて、窃盗の冤罪になりそうになりました。 (朝日新聞掲載) 冤罪が多い死刑で絞首刑による執行は大反対です。 「ヒト」は生まれた瞬間に天賦人権説により「人権」を与えられ「人」になります。 人権を奪って「人」を「ヒト」にして、家畜として保釈の無いようにして、刑務所で働いて貰うことで死刑としたく思います。 幼児虐待死刑囚には刑務所で死ぬまで乳幼児の衣類の縫製作業に従事させます。 不注意で申し訳有りませんでした。 船戸愛結さん 有難う、私は貴女のお陰で頗るやる気が出てきました。 最初、NHKのニュースで貴女の死を知りました。 とても悲しく思いました。 その後色々な放送局から貴女が貴女の両親から虐待を受け亡くなる過程を詳しく視て、一層悲しくなり胸が潰れそうになりました。 3年ほど前、新井礼人さんが暴力団住吉会の組員から殴られ殺された事件がありました。 そのときもとても悲しくなり、何も出来なくなってしまいました。 時間が経ってとの悲しみが多少薄れてきた頃に愛結さんの殺されたニューです。 胸が潰れ、何も出来なくなりました。 処が、その後の報道で愛結さんが叱られないように毎日4時に起きて一生懸命勉強されていたことを知りました。 そのとき(昨夜)は悲しくて辛くて眠れませんでした。 処が今朝は4時代に目が覚め、物凄くやる気が出ていました。 こんなことは初めてです。 頗るやる気が出てきました。 有難う御座いました。 とても心が痛みました。 愛結さんが書かれた文章からすると 「嫌々」 ではなく、空腹と寒さと暗い部屋でさの中で、何とか巧くなって母親に気に入って貰おうと一生懸命練習されたようです。 報道を胸の潰れる思いで視聴しました。 然し、「愛結さんに負けないように」 とやる気が出ました。 やる気を出して前へ進むことが愛結さんに対する感謝と供養になるのだと思います。 愛結さんが生きておられたら何か素晴しいことを成し遂げられた乎と 思うと、残りの人生を有意義に生き、何か成し遂げようと言う気になりました。 愛結さん、有難う御座いました。 愛結さんが殺されたのは冬ですから、目覚ましで起きた4時は外は真っ暗です。 電気も暖房も入っていない室内で机に向かって、紙に鉛筆を乗せ書き取りの格好をして明るくなるのを待ちます。 書き取りの格好をしていないと小用に起き、様子を見に来た親に痣になるほど殴られたり蹴られたりするのです。 下を履かせて貰えないので足は霜焼けです。 時々カーテンを開けて外の明るさを見ます。 紙の上が見えるようになったら、一生懸命書き取りをします。 朝になると両親は暖かい朝食を摂ります。 愛結さんにはダイエットとして、食事が与えられないことが多いのです。 愛結さんが空腹を訴えると痣が出来るほど殴られたり蹴られたりするのです。 が、でも痣が出来るほど殴られたり蹴られたりするのが怖いので、じっと我慢しました。 耐寒訓練として、真冬のヴェランダへ裸足で出されたり、空腹のストレスで愛結さんの副腎は同年代の幼児の5分の1に萎縮してしまいました。 栄養失調と殴られたときのチョッとした 傷から細菌が入り、ストレス(浸襲)に耐えられなくなっていた愛結さんは敗 血症になり死を迎え、やっと地獄の苦痛から開放されました。 私も正確を期すため、朝日新聞と読売新聞で確認していました。 報道も少なくなってきましたが、結愛さんの記事を毎朝視ることで駄目な自分に活を入れて生活致します。 本欄への投稿も間も無く無くなることでしょう。 残念です。 文責署名の無いのも残念です。 ありがとうございます。 結愛ちゃんの件、目にするだけで、耳にするだけで、どうしようもなく胸が痛みます。 「親の親権剥奪に踏み切れいない旧態依然とした行政の対応が問題」とか、「政治家は児童保護は票に結びつかないから本腰にならない」とか、いろいろ問題を指摘されていますが、結愛ちゃんの遺した文章で、状況が一変してほしいものだと思います。 企画にしたいと思いますが、どんな方法が考えられますでしょうか? お知恵をお借りしたく存じます。 拉致問題とか振り込め詐欺には政府も大衆報道も誌面も時間も割いてくれます。 それよりもっと多い乳幼児虐待には、余程のことでなければ取り上げられません。 8時40分、朦朧とするも洗顔と珈琲を飲んで乗り切りました。 結海さんが亡くなったのが3月2日であることを今日知りました。 私がNHKの報道で知ったのは今月に入ってからです。 何故こんな悲惨な事件を100日も放置したのでしょうか。 政治家は 「選挙権のない子供、乳幼児」 と考えているのでしょう乎。 人口ピラミッドを見ますと、高齢者を支えるのは乳幼児たちです。 経済的、知的には結海さんの命は爺、婆の四五人分に相当します。 NHKは民放の真似をせず、世論を導いて欲しいものです。 NHKで 「結愛さん虐殺」の特集番組を作って貰いたいと思うこと頻りです。 夕食は天丼でとても美味しかったのですが、何も食べさせて貰え名かった結海さんのこと思い、涙が出ました。 だんだん食欲が無くなってきました。 7時のニュース 「ダンボールに20の約束」とても実行出来ない目標、出来ないと暴行を受けます、悲しい。 9時のニュース中揺り椅子で居眠り。 覚醒すれば頭爽快、寝付けなくなるのが不安。 世人は「死ぬ気になれば何でも出来る」と言う。 然し私が思いますに「死ぬ気になって出来るのは自殺だけ」、私は結愛さんなったと思って、自分の悪い所を治してゆきます。 家の中を片付けて塵屋敷から家内を解放します。 貧相な集合住宅の三階でした。 虐殺犯人の船渡夫妻は東京拘置所でこんな快適な生活をしています。 起床時間はおおむね7時から7時半の間です。 起床したら布団を畳み、洗面、掃除をして刑務官の点検を待ちます。 点検が終わると朝食になります。 朝食後は、裁判がある人は裁判所に向かいます。 未決拘禁者は作業がないので、空いている時間は読書や書物などすることができます。 また、午前中に運動の時間が設けられている拘置所が多いようです。 12時頃昼食で、昼食後は一時間昼寝をすることが出来ます。 夕食を仮就寝の時間になると、布団を敷いて横になることができます。 就寝時間には、読書などをやめ床に入らなければなりません。 電気は全部は消えず、減灯という形になります。 拘置所の一日は以上のようなものになります。 収容される部屋(居室)は原則個室です。 トイレは部屋にあるので行きたい時に行けます。 入浴は週2回か3回あります。 居室ではラジオを聴くことや図書、雑誌、新聞の閲読ができます。 衣類・寝具は施設から貸与されますが、自己の物を使用することができます。 また、食料品や日用品については、規律や衛生上支障がない限り、かなり広範囲に購入や差し入れができます。 未決拘禁者はあくまでも犯罪の被疑者なので、その権利・自由の制限は受刑者に比べれば幾分かゆるくなっています。 「結愛さんは虐殺されて、乳幼児,,障害者を護る 結愛地蔵菩薩 になって生まれ変わります 」と自分を慰めています。 私は私たち年金受給者は社会のお荷物で、乳幼児は社会国家の宝であると考えています。 お荷物である私たち高齢者にはお金と選挙権があります。 乳幼児にはお金も選挙権も有りません。 仏教人の大原則は慈悲には非ずして、「布施無き経は詠むべからず」 のようです。 決海さん事件に就いて言及した宗教人を見つけることは出来ませんでした。 創価学会を母体とする公明党が真っ先に結愛さん虐殺に言及してもよさそうですが、梨の礫です。 まず、ウソ泣きはやめて欲しい。 死んでくれてせいせいした。 ぐらいの言葉が結愛ちゃんの前では言えるくせに。 寧ろ、結愛のせいでぐらいに思っていそう。 というか法廷で真顔で言って欲しい。 「自分は間違ったことをしていません」と。 なぜなら、本当に愛している物や大好きなものにはどうやったって手は出せませんから。 この問題に限らず介護での虐待や幼児虐待なんかでもありますが、それは本当にお年寄りや子供が好きではないから虐待が平気で行えるんです。 自分が本当に大好きなものには例え自分が弱ていても、時間に追われていても、自分よりも上の人間からの命令であっても絶対に手は出せません。 例えば、本当に動物好きの人間が動物を虐待しますか? もう書いていて不愉快です。 結愛ちゃんに対して行った行為を本当に反省しているのなら、判決後に控訴なんてしません。 何が「死んで償うしかないのか」とか言っているんでしょう。 自分は刑務所の中で毎日3食栄養バランスの取れた食事が食べられ、プロレスラーやボクサーから殴られない天国にいるくせに。 すみません。 長くなりすぎました。 自分の幼稚さに反省します。

次の

目黒女児虐待事件

ゆあちゃん 事件 ノート

net 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに逮捕した。 同日発表した。 2人とも容疑を認めているという。 捜査1課によると、2人は1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態に陥らせ、2月下旬ごろには結愛ちゃんが衰弱して嘔吐(おうと)するなどしたにもかかわらず、虐待の発覚を恐れて病院を受診させることをせずに放置。 3月2日に低栄養状態などで起きた肺炎による敗血症で死亡させた疑いがある。 雄大容疑者は2月末ごろに結愛ちゃんを殴ってけがをさせたとして傷害容疑で逮捕、起訴されていた。 結愛ちゃんの体重は死亡時、同年代の平均の約20キロを下回る12・2キロだった。 部屋からは、「もっとあしたはできるようにするからもうおねがいゆるして」などと結愛ちゃんが書いたノートが見つかっていた。 毎朝4時ごろに起床し、平仮名の練習をさせられていたという。 都や一家が以前住んでいた香川県などによると、結愛ちゃんは同県で2016年と17年に計2回、県の児童相談所で一時保護された。 2回目の保護が解除された後の同年8月末には、病院から「こめかみ付近と太ももにあざがある」と児相に通報があり、結愛ちゃんは「パパに蹴られた」と話したが、県は一時保護の必要はないと判断していた。 一家は今年1月に目黒区に転居。 県の児相から引き継ぎを受けた品川児相が2月9日に家庭訪問していたが、優里容疑者とは会えたものの、結愛ちゃんには会えなかったという。 雄大容疑者については、結愛ちゃんに暴行を加えてけがをさせたとして香川県警が昨年2月と5月に傷害容疑で書類送検していたが、いずれも不起訴になっている。 asahi. 警視庁捜査1課によると、結愛ちゃんは毎日午前4時前に1人で目覚まし時計を使って起きて「反省文」を書かされていた。 従わなければ父親の雄大容疑者(33)に暴力を振るわれたという。 反省文は大学ノートに鉛筆で書かれ、死亡する10日ほど前の2月20日ごろまで続いていた。

次の