夢特性 サンムーン。 【ポケモン剣盾】ドリュウズ夢特性・育成論・出現場所

ポケモンサンムーンSM/高個体値&隠れ特性の入手方法は仲間を呼ぶ(乱入バトル)!

夢特性 サンムーン

隠れ特性の内容や隠れ特性の遺伝の仕方などの紹介をしています。 隠れ特性 ポケモンウルトラサンムーンでは隠れ特性を持つポケモンを以下の方法で入手することができる。 仲間を呼ぶ 野生のポケモンはバトル中にピンチになると仲間を呼ぶことがある。 同一戦闘中に10回以上仲間呼びが成功すると以降は一定の確率で隠れ特性のポケモンが呼び出されるようになる。 隠れ特性のポケモンが出現したかを確認するために、「なかまづくり」「なやみのタネ」「スキルスワップ」などの技を覚えたポケモンを用意しておこう。 ポケモン関連データ• 道具関連データ• お役立ち情報• 捕獲関連• 厳選関連• 育成関連• 対戦関連• 施設関連• ゲームガイド• 掲示板• ニュース・動画• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

仲間呼び出し連鎖まとめ。4V色違い隠し特性の狙い方や限定ポケモン等

夢特性 サンムーン

カイリュー ドラゴンポケモン ぜんこくNo. 149 アローラNo. USUM 381 アローラNo. SM 283 高さ 2. 2m 重さ• 210. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Dragonite タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 30で『ミニリュウ』から進化• 55で『ハクリュー』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• 釣り ミニリュウ呼出 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• ミニリュウ呼出 主な入手方法 SM• なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 Lv. 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 交代しても効果は続く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 投げつけた道具はなくなる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けず、相手は行動できない。 『ひこう』タイプのポケモンはダメージを受けない。 相手が体重200kg以上の場合は失敗する。 通常攻撃。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代しても効果は続く。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 USUM New! 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 [ミニリュウ:HGSSもしくはVC版クリスタルにて、イブキに勝利後、『りゅうのあな』中央の祠にいる長老の質問に正しく答え、『りゅうのあな』に入り直すと『しんそく』を覚えた『ミニリュウ』がもらえる。 質問は順番に、「てした」以外、「インチキ」以外、「よわいひと」以外、「ぼうりょく」以外、そして最後の質問は「どっちも」と答える。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

仲間呼び出し連鎖まとめ。4V色違い隠し特性の狙い方や限定ポケモン等

夢特性 サンムーン

野生のポケモンが出にくくなる。 「ほのお」「こおり」タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。 相手と同じ優先度の技を出した時、後攻で攻撃する。 自分が最後に攻撃をすると1. 3倍のダメージで攻撃できる。 自分にかかるステータス変化の効果を全て逆にする(ステータスを上げるものなら下がるようになり、下げるものなら上がるようになる)。 天気が5ターンの間「あめ」になる。 ひこうタイプのポケモン、または「ふゆう」のとくせいを持つポケモン以外は、交代や逃げ出すことができなくなる。 野生のポケモンと出会いやすくなる。 自分と味方の行動を制限する効果を持つ技「アンコール」「いちゃもん」「かいふくふうじ」「かなしばり」「ちょうはつ」「メロメロ」を無効化する。 戦闘の際、相手の「こうげき」を1段階下げる。 フィールド上では、そのポケモンよりレベルの低い野生ポケモンと出会いにくくなる。 相手の攻撃が自分の急所に当たると自分の「こうげき」の段階が最大まで上昇する。 「わるあがき」「とびげり」「とびひざげり」以外は反動のダメージを受けない。 変化技を先制して出すことができる。 手持ちの最後のポケモンの姿・名前・性別・ボールで戦闘に出る。 能力は変わらず、攻撃を受けると元に戻る。 音に関する技のタイプを水タイプに変える。 天気が「あめ」の時、自分の状態異常を回復する。 全てのポケモンに天気の影響がなくなる。 ノーマルタイプの技がでんきタイプの技となり、技の威力が1. 2倍になる。 場をエレキフィールド状態にする 全ての技を相手に接触しないで出すことができる。 「ダークオーラ」「フェアリーオーラ」効果を1. 33倍から0. 75倍に減らす。 場のポケモンがおどり系の技を使用した場合、同じ技を直後に出す 戦闘に出た際、相手が持っている全てのアイテムがわかる。 単体の相手に攻撃する時、同じ攻撃を1ターンに2回繰り出せる。 戦闘に出ている時に天気が「ひざしがとてもつよい」になる。 この天気の下ではみずタイプの攻撃技が無効になり、天気を変える技や特性も発動しなくなる。 か行の特性 特性 効果 接触をした相手の「すばやさ」を下げる。 「こうげき」を下げられなくなる。 バトル中に倒れた仲間の特性に変化する。 ゴーストタイプを除いて、この特性を持つポケモンが出ている限り、ポケモンの交代や逃げたりすることができなくなる。 毎ターン自分の「すばやさ」が1段階上がる。 直接攻撃の威力が1. 3倍になる。 攻撃をする際、相手の特性の影響を受けない。 攻撃後に効果が表れる特性は影響を受ける。 相手の技で自分のステータスが下がった時、「とくこう」が2段階上がる。 急所に攻撃を受けない。 持っている道具がなくなると「すばやさ」が2倍になる。 道具を再び持つと元に戻る。 最初から道具を持っていないと効果がない。 戦闘に出た際、相手のポケモンにすぐに変身する。 一撃必殺の攻撃を受けない。 HPが満タンで即死級の攻撃を受けてもHPは1残る。 「かみつく」「かみくだく」「ひっさつまえば」「ほのおのキバ」「かみなりのキバ」「こおりのキバ」「どくどくのキバ」の威力が1. 5倍になる。 ほのおタイプの技のダメージが1. 25倍になる。 HPが半分以下になると手持ちに戻る。 相手が「こうかばつぐん」の技や一撃必殺の技を持っている際、身震いする。 技名まではわからない。 相手のポケモンを倒すと「サトシゲッコウガ」に姿を変える ゴーストタイプに自分のノーマル・かくとうタイプの技が当たるようになる。 HPが半分以下になると、とくこうが1段階上がる 相手を交代させる技「ふきとばし」「ほえる」「ドラゴンテール』を無効化する。 フィールド上では、つりざおでポケモンが釣れやすくなる。 自分の攻撃が相手の急所に当たりやすくなる。 ダブルバトル、トリプルバトルで、味方が道具を使った時、自分が持っている道具を渡す。 持っているきのみを通常よりも早く、HPが半分以下になった時に使う。 戦闘フィールドが草原(グラスフィールド)だった時、「ぼうぎょ」が1段階上がる。 物理攻撃を受けた際、「ぼうぎょ」が1段階下がり「すばやさ」が1段階上がる。 場をグラスフィールド状態にする。 相手のステータスを下げる技を無効化する。 5倍になる。 状態異常の時「こうげき」が1. 5倍になる。 「やけど」状態の時「こうげき」が半減する効果を受けない。 さ行の特性 特性 効果 場がエレキフィールド状態の時、すばやさが2倍になる 場をサイコフィールド状態にする。 天気が「ひざしがつよい」の時「とくこう」が1. 攻撃を急所に受けない。 ポケモンがダメージを受けた時、「ぼうぎょ」が1段階上がる。 相手を倒すと「こうげき」が1段階上昇する。 手持ちに引っ込めると状態異常が回復する。 全てのポケモンは「じばく」「だいばくはつ」を使えなくなる。 特性の「ゆうばく」の効果も発動しない。 天気が「ひざしがつよい」状態では必ず取り戻す。 「まひ」状態にならない。 自分と味方の技の命中率が1. 1倍になる。 相手は先制技が出せなくなる 相手のはがねタイプのポケモンは戦闘から逃げたり交代できなくなる。 相手のステータスを下げる技を無効化する。 「どく」「まひ」「やけど」状態になった時、相手も同じ状態異常にさせる。 フィールド上では同じ性格のポケモンと出会いやすくなる。 5倍になる。 自分と味方は「ねむり」状態にならなくなる。 天気が「あめ」の時、「すばやさ」が2倍になる。 ほのおタイプの攻撃を半減し、「やけど」状態にならない。 ノーマルタイプの技がひこうタイプの技となり、技の威力が1. 2倍になる。 反動ダメージを受ける技の威力が1. 2倍になる。 「わるあがき」は例外。 急所に攻撃が当たると、ダメージが2. 25倍になる 通常は1. 戦闘に出すと5ターンの間、天気を「すなあらし」にする。 天気が「すなあらし」の時、「すばやさ」が2倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない。 天気が「すなあらし」の時、回避率が1. 25倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない。 フィールド上が「すなあらし」の場合、野生のポケモンが出にくくなる。 天気が「すなあらし」の時、自分のいわ・じめん・はがねタイプの技の威力が1. 3倍になり、「すなあらし」によるダメージを受けない。 相手の「リフレクター」「ひかりのかべ」「しろいきり」「しんぴのまもり」「みがわり」の効果を受けない。 相手に命中率を下げられない。 フィールド上では、レベルの低いポケモンが出にくくなる。 戦闘に出てから5ターンの間、自分の「こうげき」と「すばやさ」が半分になる。 HPが半分以下になると、ジガルデ・パーフェクトフォルムにフォルムチェンジする あくタイプの技を受けると「こうげき」が1段階上がる。 相手の攻撃でひるまなくなる。 フィールド上では、でんきタイプのポケモンと出会いやすくなる。 常にゆめうつつ状態となる。 他の状態異常にかからない。 くさタイプの技を受けるとその攻撃を無効化し、自分の「こうげき」が1段階上がる。 ポケモンがひんしになる度に特効が上がる。 た行の特性 特性 効果 お互いに全てのあくタイプのポケモンの技の威力が1. 3倍になる。 相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 ほのおタイプの技によるダメージや「やけど」状態によって受けるダメージが半分になる。 相手の「ぼうぎょ」と「とくぼう」を比較し、「ぼうぎょ」の方が低い場合は自分の「こうげき」、「とくぼう」の方が低い場合は自分の「とくこう」が1段階上がる。 HPが半分以下になるとターン終了時にフォルムチェンジ 姿・タイプ・ステータスが変化 する。 HPが半分以上に回復すると元に戻る。 ステータスの変化量が2倍になる。 追加効果がある技は追加効果が発生しなくなるが、威力が1. 3倍になる。 自分の物理攻撃の威力が2倍になる。 「こんらん」状態の時、自分の回避率が上がる。 自分のタイプと同じタイプの技の威力の2倍になる 通常は1. 威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力が変わる技を受けても効果は発動する。 「パンチ」と名が付く技と、「アームハンマー」「スカイアッパー」の威力が1. 2倍になる。 相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 天気が「らんきりゅう」になり、ひこうタイプにとって弱点となる技のダメージが通常になる。 また、技や特性による天気の変更ができなくなる。 ダブルバトル、トリプルバトルにおいて味方の攻撃によるダメージを受けない。 でんきタイプの技のダメージや効果等を無効化し、「すばやさ」が1段階上がる。 天気によりポワルンのタイプが変わり、あめなら水タイプ、ひざしが強ければほのおタイプ、あられなら氷になる。 ダメージ、命中率等のステータス変動を受けなくなる。 技の追加効果の出やすさが2倍になる。 性別が同じ相手に対し技の威力が1. 25倍に上がる。 「どく」「もうどく」状態の時、自分の「こうげき」が1. 5倍になる。 倒された時に、相手にダメージを与える 相手と同じ特性になる。 「てんきや」「マルチタイプ」「イリュージョン」「トレース」「バトルスイッチ」の場合は効果はない。 「メロメロ」「ゆうわく」「ちょうはつ」の影響を受けない。 「あくむ」とも併用可能。 2ターンに一度しか攻撃できない。 技の反動があると、反動が優先される。 野生のポケモンとの戦闘で、必ず逃げることができる。 ポケモンのHPが半分になると、逃げたり交代したりする。 直接攻撃を受けると、相手の「すばやさ」を1段階下げる。 「やけど」状態の時、「とくこう」が1段階上がる。 持っている道具を相手に奪われない。 また、つりざおを使った時にポケモンが釣れやすくなる。 敵・味方共に命中率・回避率に関係なく、出した技が必ず命中する。 「そらをとぶ」等で画面外にいても攻撃が当たる。 フィールド上では、野生のポケモンが出やすくなる。 全てのポケモンは天気の影響を受けなくなる。 出す技がすべてノーマルタイプとなり、技の威力が1. 2倍になる。 2倍の時は1. 5倍、4倍の時は3倍になる。 はがねタイプの技の威力が上昇する。 1回だけ相手の技のダメージを無効化し、フォルムチェンジする。 戦闘に出ている間、天気が「つよいあめ」状態になる。 「あめ」と同じ状態であるのに加え、ほのおタイプの攻撃技が無効化され、天気を変える技や特性も無効化する。 野生のポケモンと出会いやすくなる。 味方の特殊技の威力を1. 3倍に上げる 相手に「ぼうぎょ」を下げられなくなる。 攻撃技を行うと「こうげき」「とくこう」が高いブレードフォルムにフォルムチェンジし、技である「キングシールド」を使うか手持ちに戻して再び戦闘に出すと「ぼうぎょ」「とくぼう」が高いシールドフォルムにフォルムチェンジする。 状態異常の時、「すばやさ」が1. 5倍になる。 フィールド上では、野生のポケモンと出会いにくくなる。 「ねむり」状態の時、通常より2倍早く起きることができる ねむっているターンが短くなる。 ひこうタイプの技の優先度が上がり、「すばやさ」に関係なく先制できる。 「こうげき」が1. 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍に下がる。 フィールド上では、レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 交代で出てきたポケモンに対して、2倍のダメージを与える 相手を倒すと実数値で一番高い能力が上昇する。 回復技の優先度が上がり、「すばやさ」に関係なく先制できる。 戦闘に出ると5ターンの間、天気が「ひざしがつよい」状態になる。 相手が「どく」状態の時、自分の攻撃が相手の急所に当たりやすくなる。 相手は先制技が出せなくなる ゴースト・むし・あくタイプの技を受けた時、「すばやさ」が1段階上がる。 でんきタイプの技を受けると、「とくこう」が1段階上がる。 ダブルバトル、トリプルバトルでは敵・味方関係なく、でんきタイプの技を受ける。 物理攻撃のダメージを半分に減らす。 HPが最大の時、受けるダメージを減らす。 2倍の時は1. 5倍、4倍の時は3倍になる。 敵・味方共にフェアリータイプの技の威力が1. 3倍になる。 ノーマルタイプの技がフェアリータイプの技となり、技の威力が1. 2倍になる。 持たせている道具の効果が発動しない。 「がくしゅうそうち」「しあわせタマゴ」等の経験値やきそポイントに関する道具は例外。 また、技の「なげつける」「しぜんのめぐみ」が失敗するようになる。 技の命中率が1. 3倍になる。 道具を持った野生のポケモンと出会いやすくなる。 ひるまされると、「すばやさ」が1段階上がる。 状態異常の時、「ぼうぎょ」が1. 5倍になる。 「こうかがばつぐん」の技しか攻撃を受けない。 タイプに関係ない技(わるあがき等)は攻撃を受ける。 はがねやどくタイプの相手もどく状態にすることができる 「ねむり」状態にならず、技の「ねむる」も使えなくなる。 「すなかけ」以外のじめんタイプの技を無効化する。 特性が「プラス」か「マイナス」を持つポケモンが戦闘に出ていると、自分の「とくこう」が1. 5倍になる。 天気が「ひざしがつよい」状態の時、自分と味方の「こうげき」「とくぼう」が1. 5倍になる。 自分と味方のくさタイプのポケモンは、ステータスが下がらなくなり、状態異常にならない。 ただし、技の追加効果でステータスが下がる効果は影響を受ける。 ノーマルタイプの技がこおりタイプの技となり、技の威力が1. 2倍になる。 「こうかはばつぐん」の時に受けるダメージが減少する。 相手から受けた技のPPを2減らす。 レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 自分の「おもさ」が2倍になる。 自分がHPを吸い取られる攻撃を受けた時、相手のHPは回復せず、吸い取ったHP分のダメージを与える。 自分が繰り出した技と同じタイプになる。 相手から受けた技と同じタイプになる。 「いやなおと」「なきごえ」等の音に関する技を無効化する。 アイテム「ポケモンのふえ」も無効化する。 天気によるダメージを受けず、粉系の技や特性「ほうし」を無効化する。 「みずでっぽう」「ハイドロカノン」「ラスターカノン」以外の弾や爆弾系の技を受けない。 フィールド上では、手持ちのタマゴが2倍かえりやすくなる。 ま行の特性 特性 効果 特性が「プラス」か「マイナス」を持つポケモンが戦闘に出ていると、自分の「とくこう」が1. 5倍になる。 「こんらん」状態にならない。 「こおり」状態にならない。 フィールド上では、手持ちのタマゴが2倍かえりやすくなる。 相手によってステータスを下げられた時、「こうげき」が2段階上がる。 自分が道具を持っていない時、攻撃を当てた相手が持っている道具を奪う。 天気や反動などでダメージを受けず、相手から攻撃を受けた時のみダメージを受ける。 ただし、「みがわり」「はらだいこ」「わるあがき」の反動、混乱時の自分への攻撃はダメージを受ける。 ステータスを変化させる技等の変化技を、相手にそのまま跳ね返す 技の「マジックコート」と同様の効果。 HPが最大の時、受けるダメージを半分にする。 連続技では初撃のみ効果があり、ダメージが固定の技では効果はない。 持っているプレートによってタイプが変わる。 直接攻撃を受けると、相手の特性を「ミイラ」にする 相手の特性をかき消す。 みずタイプの技を受けると、防御が2段階上昇する 場をミストフィールド状態にする。 「やけど」状態にならない。 道具を持っていない時、戦闘後に「あまいミツ」を拾っていることがある。 レベルが高くなるにつれ、拾ってくる確率も上がる。 5倍になる。 ターン終了時にステータスのいずれかが2段階上がり、いずれかが1段階下がる。 「はどう」と名の付く技の威力が1. フィールド上では、異性のポケモンと出会いやすくなる。 「どく」「もうどく」状態にならない。 5倍になる。 自分が道具を持っていない場合、毎ターン終了時に、相手がそのターンに消費した道具を拾って自分のものにする。 ダブル・トリプルバトルでは味方の道具も対象となる。 直接攻撃のダメージが半減するが、ほのおタイプの技を受けるとダメージが2倍になる。 ほのおタイプの技を無効化し、自分のほのおタイプの技の威力が1. 5倍になる。 や行の特性 特性 効果 「ねむり」状態にならず、技の「ねむる」も使えなくなる。 フィールド上では、レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 天気が「あられ」の時、「すばやさ」が上昇する。 天気が「あられ」の時、相手の命中率が0. 8倍になり、「あられ」によるダメージを受けない。 フィールド上では、吹雪の場所では野生のポケモンと出会いにくくなる。 戦闘に出ると5ターンの間、天気を「あられ」にする。 天気が「ひざしがつよい」の時、「すばやさ」が2倍になる。 物理攻撃の威力が2倍になる。 戦闘に出た時、相手の中で最も威力の高い技が何かわかる。 同じ威力の技が複数あれば、ランダムでわかる。 みずタイプの攻撃を無効化し、「とくこう」が1段階上がる。 ダブル・トリプルバトルの時は、みずタイプの技の攻撃対象が全て自分になる。 HPが半分を下回ると、「すばやさ」以外のステータスが2段階下がる。 ら行の特性 特性 効果 自分の「おもさ」が半分になる。 天気が「ひざしがつよい」の時、状態異常にならない。 状態異常にならない。 HPが半分以下になると殻がやぶれ、攻撃が高くなる 技の追加効果を受けない。 バトル中に倒れた仲間の特性を引き継ぐ。 特性とは? それぞれのポケモンが持つ特殊能力 特性とはそれぞれのポケモンが持つ特殊能力のことです。 全てのポケモンが持っており、ポケモンごとに持っている特性は異なります。 「いかく」や「かたやぶり」などのような対戦で効果を発揮するものもあれば、「ものひろい」のようなフィールドで効果を発揮するものも存在します。 通常入手できない特別な物もある 特性には「通常特性」に加えて、通常では入手できない「 夢特性 隠れ特性 」と呼ばれる特別な特性もあります。 夢特性は通常の野生ポケモンは持っておらず、特別な方法で捕まえる必要があります。 夢特性の詳しい捕まえ方は下記の記事に載せてありますので、ぜひ御覧ください。 関連記事 特性一覧.

次の