遊戯王 クロノ ダイバー。 遊戯王 │ デッキ紹介 │ しの【クロノダイバー】

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「クロノダイバー」テーマ紹介

遊戯王 クロノ ダイバー

こんにちはジョンです。 今回はエクストラパック2019で新登場のテーマ 「クロノダイバー」デッキの紹介となります。 クロノダイバー自体枚数が少なく、その分拡張性がくいろいろな組み方が 出来るデッキですが、今回紹介するのは「RR」及び「幻影騎士団」を採用し 先行で強い盤面を整えやすいデッキとなっています。 複雑な動きが無く、シンプルなので初心者でも扱いやすいデッキに仕上げており (おそらく)値段も安めなのでこれからデュエルを始める人にもオススメです。 では早速デッキ紹介です。 の自由枠には好きなカードを入れてください。 このデッキの中心核となるのがクロノダイバーのエース 「クロノダイバー・リダン」です。 1 :自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 2 :自分・相手ターンに発動できる。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下を適用する。 相手のカードを素材にする効果や、素材によって使える効果が変わるという ユニークなエクシーズモンスターです。 罠を素材にしている時の効果が特に強力で表側表示限定ではありますが 相手のカードをデッキトップまで送ることができ、単純に除去として 使用するほか、デッキトップにカードを送りドローロックをしたり出来ます。 また、スタンバイフェイズに相手のデッキトップのカードを加える効果で 相手ターンにデッキトップに戻したカードをこちらのスタンバイにそのまま 素材にしたりという動きも可能です。 魔法素材の1ドローは単純にアドが稼げて強いですし、モンスター素材で使える 除外効果により場持ちもいいモンスターです。 基本的にこのカードに罠を常時素材に持たせておき、相手の動きを コンしていくのがこのデッキの戦い方になります。 それではこのデッキの初動を説明します。 このデッキには「RR」及び「幻影騎士団」をタッチで採用することにより 相手の妨害手段が多い盤面を初手で構築しやすいようになっています。 動き方は何パターンかありますが、基本的に必要なカードは 「クロノダイバー・ベゼルシップ」と「レベル4のモンスター」で この2枚があれば相手からの妨害が無ければ理想的な場を作れます。 では動かし方を順番に説明します。 (リンクでに飛びカード効果を確認できます。 このデッキでは「」や「」 等でこの条件を出来るだけクリアしやすいように構築してあります。 また、手札のベゼルシップと「」で出したレベル4モンスターでも同じ 動きをすることができるので結構簡単にそろえることは可能です。 レギュレーター始動が一番理想的で、レギュレーターの効果でデッキから 「」をし「」を サーチすればリダンの効果を使ってしまっても再び罠をリダンに補充できます。 幻影騎士団を混ぜた理由ですが、やはり罠を素材にしたリダンを安定して 場に出したいというのが大きな理由です。 それにはシェード・ブリガンダインを サーチできるラスティが一番簡単であり、ラスティ を出すルートに必要になるので最低限のRRを採用したといった感じです。 RRにした理由はメインデッキに一番邪魔なモンスターを入れずに済むからです。 違うカードを入れるとその分最終盤面も強力には出来ますが、デッキから引いては いけない邪魔なカードも増え、手札事故につながるのは僕的に好きではありません。 その点で素引きしても使えるシンギングスだけを入れたRRを通しての ラスティへのルートは僕の理想にマッチしている感じです。 ラスティを使うにあたり、サイレントブーツを使用せざるを 得ないのは仕方が無いと割り切り、手札に来た場合には「」のコストに 使用しています。 リダンが場を離れることにより相手のダイレクトアタックも通りやすく、攻撃を 抑制できる幻影霧剣もついででサーチ出来るという相性の良さもあるので少し リスクがあってもラスティは外せませんでした。 妨害盤面を揃えたら、あとはこちらが動きやすいように場を荒らし 隙を見つつ「」からのコンボで一気に ライフを持っていくのがこのデッキのスタイルです。 クロノダイバー単体では妨害手段ばかりでどうしても決定打に欠けるので 相性のいいギミックを採用しています。 デッキ構築の性質上どうしても横に大量展開をするのが難しいデッキなので 少ないカードで最大限のライフを削れるはこのデッキと相性がいいです。 以上がこのデッキの解説です。 ちなみに、規カードの「」ですが 効果も強力で可愛らしく、もし高レアリティなら高そうだな って心配をされている方もいるでしょうが安心してください 最悪この娘いなくてもいいです。 ぶっちゃけなのですがこの構築でデュエルをした限りリダンに 罠補充はこの娘使わなくてもコンスタントに行えますし、 この娘を出して盤面を維持するよりも出して倒した方が早い ってケースばかりで 出す機会がほぼほぼありませんでした。 出したケースがこちらの盤面が更地になってしまった後に 1体しかランク4を出せないという状況しかなくかなり限定的なので この娘に関してはピン差しで充分だと思います。 ただ何だかんだリダンに罠を補充できるエクストラから出るモンスターで また墓地からリダンやベゼルシップを蘇生も出来るので強いことには強いので 保険として1枚は欲しいカードですね。 では今回はここまで 読んでいただきありがとうございました。 johnk72.

次の

遊戯王 │ デッキ紹介 │ しの【クロノダイバー】

遊戯王 クロノ ダイバー

1 :自分フィールドのX素材を1つ取り除いて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「クロノダイバー・リューズ」以外の「クロノダイバー」カード1枚を手札に加える。 で登場した・の。 1つを取り除くことでからする、場合に以外のをするを持つ。 1 は1つをにした。 大概のはに要求するは1つなので、残り1つをにできる機会は多い。 2 は場合のの。 1 の等でを温存していれば、した4のをする事で4のが可能。 できる場所がない場合はそのままするか、あるいはを含めた3体でに繋げてしまうのが良いだろう。 は自身のでを補充できるため 1 のを用意するのは容易い。 また、あちらは自身のでからに移動でき、その場合でもに1つを確保できる。 元々は、版で追加された12種の海外新規の内の1枚である。 名前の「リューズ」は、時計を構成する部品の一つであり、を巻いたりする際に使う「 竜頭 りゅうず 」が由来だろう。 の「Winder」は英語で「巻く人」などの意味だが、時計の「竜頭」を指す単語でもある。

次の

遊戯王カードWiki

遊戯王 クロノ ダイバー

テーマ特徴 時間を操るイケメンな怪盗達 ・時間を操る泥棒をテーマとしたテーマである ・闇属性のレベル4モンスターが中心でエクシーズ召喚を軸に戦う ・相手の墓地やデッキのカードをオーバーレイユニットにしてそれを活用する ・カードの縛りが少なく他のランク4用のカードを混ぜやすく出張もさせやすい ・遅れてすみません。 怪盗アンデス 特殊な装置を埋め込んだ手袋をつけたイケメンな怪盗と 恐らく彼らが活用するあろう様々なツールがあり 人型のモンスターがサイキック族、ツール的なのは機械族に分類されています。 タイムシーフと名乗るだけあり彼らは時間を操る能力を持っているようで その力を駆使して怪盗をしているのでしょう。 カード名は ベゼル:風防の周りに取り付けられるリング状の時計部品 リダン:文字盤の仕上げ直し フライバック:クロノグラフの数値をリセットし瞬時に再計測する機能 といずれも腕時計に関する用語がモチーフとなっています。 さてそんな時を操るイケメンな怪盗がするべき事と言えば そりゃ勿論「レディの救出」ですよ テーマの説明にも「あなたの計画を崩壊させる」といった表記がなされており 悪い組織から盗みを働き美女を助ける実に王道な怪盗をしています。 こういうのは特に女性にはたまらない人が多いでしょう。 あなたの墓地やデッキよりカードを頂戴しに参ります メインデッキのモンスターはいずれもレベル4であり エクシーズが戦闘破壊されると墓地から蘇生できるTime Thief Regulatorや エクシーズ素材を取り除く事で手札から特殊召喚できるTime Thief Winderなど エクシーズ召喚に特化した性能をしています。 エースモンスターがランク4のクロノダイバー・リダンである事からも ランク4のエクシーズ召喚に特化したテーマと言えます。 それと同時に相手の墓地のカードをエクシーズ素材にできる Time Thief Bezel ShipやTime Thief Flyback、 相手のデッキのカードをエクシーズ素材にするクロノダイバー・リダンなど 「相手のカードを奪ってエクシーズ素材にする」 というのを主なコンセプトにしています。 このテーマのエースとなるランク4エクシーズ、クロノダイバー・リダンは モンスターだけでなく魔法や罠をエクシーズ素材にする事で真価を発揮するので いかに相手の魔法罠をエクシーズ素材として奪うかが重要になってくるテーマです。 他のカードを出張させるのも他のデッキに出張させるのも まずTime Thief RegulatorからRegulatorとWinderを特殊召喚し Winderのサーチ効果を発動しつつリダンのエクシーズ召喚、 というのがこのテーマの基本的な動きとなってくるでしょう。 リダンはエクシーズ素材が多いほど真価を発揮できるカードですが Winderの効果で素材を取り除いたり自身の効果で一時的に除外する事も多いので いかにエクシーズ素材を調整するかがテーマのカギとなってきます。 現在判明しているメインデッキのモンスターは3体しかいませんが 専用のレスキューラビットとも言える効果を持つTime Thief Regulatorに 召喚、特殊召喚時にサーチ効果を発動できるTime Thief Winder、 エクシーズ素材を取り除いて自己蘇生ができるTime Thief Winderと いずれも粒ぞろいでアドバンテージを確保しやすいカードが揃っています。 その上でエクシーズ素材の縛りも召喚制限も特に存在せず 他のランク4用のカードを出張させやすい拡張性の高いテーマとなっています。 逆にTime Thief Bezel Shipなんかは エクシーズモンスターを活用するデッキ全般で繰り返しの蘇生が狙えるカードであり 他のランク4テーマにこのカード、 どうせなら他のクロノダイバーも一緒に出張させるなんて選択肢もアリです。 海外より参上したこの正統派ながらもトリッキーなクロノダイバーを活用し 新時代のエクシーズデッキを作り出していきましょう。 その墓地のXモンスターを特殊召喚し、 その相手のカードを下に重ねてX素材とする。 この効果の発動後、 ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。 エクシーズモンスター3体をリンク素材に要求するリンクモンスターです。 クロノダイバー・リダンは自身を一時的に除外する効果を持っており 結果として複数のエクシーズモンスターが並ぶ場面が結構起こりえます。 3体並べられる状況も十分ありえるので そんなときにそれらを素材にリンク召喚出来るこのカードがあると何かと役立ちます。 幻影騎士団シェード・ブリガンダイン 通常罠 「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」は1ターンに1枚しか発動できない。 自分の墓地に罠カードが存在しない場合、 このカードはセットしたターンでも発動できる。 幻影騎士団に属する罠モンスターの一種です。 クロノダイバー・リダンはモンスターだけでなく 魔法罠もエクシーズ素材にしている事で真価を発揮するカードであり 「罠モンスターをエクシーズ素材にする」という動きも結構大事になってきます。 レベル4の罠モンスターの中でもこのカードは条件次第で即時特殊召喚が可能であり 特にエクシーズ素材として活用しやすいカードと言えるでしょう。 専用の通常罠であるTime Thief Flybackも墓地から除外する効果を持っており 条件を満たせる機会は結構多かったりします。 ちなみにシェード・ブリガンダインに限らず クロノダイバーに幻影騎士団を混ぜたタイプのデッキもあったりします。 相手の墓地のカード1枚を選び、 そのモンスターの下に重ねてX素材とする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 墓地のこのカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 デッキから「Time Thief Regulator」以外の 「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 墓地のこのカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 相手のデッキの一番上のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。 このカードのX素材を3種類(モンスター・魔法・罠)まで取り除く。 その後、以下の効果を適用する。

次の