新型 肺炎 症状。 私も新型肺炎? 風邪より長引く症状「目安は4~5日」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型肺炎の症状や原因は?予防法にマスクや手洗いは効果的?感染経路などわかりやすく解説

新型 肺炎 症状

新型コロナウイルス感染者の身にいったい何が? 新型コロナウイルスの感染症による重症者は全国で51人、死者は8人にのぼっている(2月27日午後2時時点)。 患者の身にいったい何が起きているのだろうか? 「直撃LIVEグッディ!」では、実際に日本人の感染者を診察した医師を独自に取材した! 新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の60代男性町議を診察したA医師。 新型コロナウイルスには2つの大きな特徴がある。 その時点では 喉の軽い違和感と、それから 微熱。 微熱と言っても37度ちょうどくらいですね。 せきとたんが、その時点では全くなかった。 その症状を3日前から自覚されていて、それが何日か続いているということで、7日にいらしたということです。 通常の風邪よりも炎症反応が強かったというのがちょっと気になりましたので、一応 抗生物質と炎症を抑える薬を5日分お出しした。 それで結果を見ましょうと。 症状が出てから数日経過していたが、A医師は軽い風邪と診断。 薬を処方した。 しかし最初の診断から6日後の2月13日に患者が再び来院。 体調は改善するどころか体温が38度に上昇し、さらに せきとたんが少し出てきていると訴えたという。 A医師: 炎症反応を調べるための血液検査をやったんですけど、 ほとんど改善されていないという状況がありましたし、せきとたんが出てきていた状況でしたので、肺炎・気管支炎の合併を疑い胸部のレントゲン写真を撮りました。 A医師: 両方の肺に、肺炎と思われる影があった。 あまり両側の肺炎というのはなくて、例えばすごく免疫が低下しているとか、重症の肝臓や腎臓の病気があって抵抗力がないような方には、両方の肺炎を起こすこともあります。 けれど、その方は67歳ですし、その時点でも ふつうにお元気で。 呼吸苦とかもないですし、まさか影があるという印象では全くなかったですね。 そこでそういう影があったので、ふつうの肺炎、ふつうの病気ではないのかなと感じた。 グッディ!は、2度目の診察の前日にあたる2月12日に感染者と会議で一緒になったという知人に話をきくことができたが…「特別、具合が悪そうな感じはなかった」という。 感染が拡大する愛知県で感染者を診察したというB医師も、診断の難しさについて語っている。 B医師: 病院を訪れた 最初の日、 軽い風邪のようだということで風邪薬を出しました。 次に訪れた日は、 せきがひどく熱も出てきて、軽い肺炎という診断をしました。 新型コロナウイルス感染症の判断は難しいと思います。 B医師によると、2月8日に初めて患者を診察し、その4日後に電話で症状の確認をすると「熱は下がったけどせきは出る」という返事だったという。 B医師は新型コロナウイルス感染を疑い、保健所へ相談することを勧め、その後感染が確認された。 さらにグッディ!では、中国・武漢市で多くの患者を診察し、自身も新型コロナウイルスに感染し克服した余昌平医師にも話を聞いた。 余昌平医師: (自分は) 発症当時は発熱だけでした。 それに体温もそこまで高くありませんでした。 熱が出ただけで、 せきはありませんでした。 鼻水も出ていませんでしたし、 くしゃみなどもありませんでした。 2日間はコロナウイルスだとは気づきませんでした。 3日目も熱が続いたため検査した結果、新型コロナウイルス陽性、さらに肺炎だと診断されたという。 その後、入院した余医師。 余昌平医師: 入院3日後に、 突然体調が悪くなりました。 呼吸困難にもなりました。 数日、発熱が続くだけだった症状が一転、呼吸困難に陥る事態に…。 その後、 余医師は5日間立ち上がることができず、寝たきりの状態になったという。 なぜ、突然 呼吸困難になったのだろうか? 余昌平医師: 一般的な肺炎は片側だけ炎症することが多いのですが、 新型肺炎は両側が炎症することがほとんど。 片側だけ炎症しても、最終的には両側になります。 このようなレベルまでくると、非常にひどい病状で、 呼吸をするのすら、つらくなってくることでしょう。 余医師によると、 通常の肺炎の多くは片側の炎症のため、もう一つの肺で呼吸ができる。 しかし 新型コロナウイルスの場合、その 炎症が急激に両側に及ぶため、呼吸困難に陥りやすいのだという。 症状のとっかかりを見つけることが重要 新型肺炎の重症化は回避できるのだろうか? グッディ!のスタジオでは昭和大学医学部の二木芳人特任教授に解説してもらった。 大村正樹フィールドキャスター: 二木先生は「初期症状で入院などの処置がとられていれば、重症化のリスクを下げられる可能性はある」としています。 しかしグッディ!が話を伺ったお医者さんは皆さん、初期症状は風邪と同じで、診察で判断するのは難しいという見解を示しています。 安藤優子: まず、何をもってして重症化と言うんでしょうか?私は肺炎になったらとっくに重症じゃないかと思うんですが、どうでしょうか。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: 一つの目安として、例えば酸素投与が必要になるようなケース。 これが1つのフェーズです。 さらに酸素を投与しても肺炎の場合なかなか血液中の酸素が上がってこない。 この場合は管を入れて人工呼吸器でしっかり息をしてもらうことになる。 そんな状態になればもう1つフェーズが上がります。 安藤優子: では、基本的には酸素投与などしなければ自力の呼吸が難しい場合に重症と言えるんですね。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: しかし、今のお話を聞いていると、一番最初はほとんど風邪と変わらない症状です。 そういう人はいっぱい来るわけですから、その中から「この人だ」と見極めるのは、きわめて難しいでしょう。 田村勇人弁護士: 風邪と同じような症状のタイミングで肺を見ても、炎症は起きてないんでしょうか? 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: レントゲン、あるいはCT検査があります。 CTは、より細かく肺の中を見れるんですが、最初の段階ではそれで見ても(肺炎の影が)ないケースが多いようです。 安藤優子: ある程度の症状が出てからじゃないと、こういう特徴的な所見は見られないんですね。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: そのようです。 疑うのであれば、毎日毎日様子を見て、あるとき肺炎の影が一気に出るというより、はじめは少しずつ出てくる。 そういうとっかかりを見つけて、そこから積極的に治療すれば(重症化を防げる可能性がある)…というところです。 安藤優子: とは言っても「病床が足りないから重症化の人に空けましょう」と言われていますから、それはかなわないわけですよね…。 (「直撃LIVE グッディ!」2月27日放送分より).

次の

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

新型 肺炎 症状

もしかしたら新型コロナウイルスに感染しているかもしれない。 その時、どうしたらいいのか。 症状は発熱やせきで、普通のかぜやインフルエンザと同じ。 見分ける方法はあるのか。 新型コロナウイルスに感染すると、かぜやインフルエンザに比べて症状が長く続く傾向があることがわかってきている。 感染症に詳しい岡部信彦・川崎市健康安全研究所長はその目安として4~5日と指摘する。 「症状が安定しているならば、その間は自宅で過ごした方が得策だ」と話す。 医療機関に行っても確立した治療法はない上に、重症化のリスクがある高齢者らにうつしてしまう可能性があるからだ。 自宅で過ごす際の注意点として、奥野良信・大阪健康安全基盤研究所理事長は「家族とは別の部屋で休み、タオルなどを一緒に使わない。 換気をよくし、湿度を高めに保った部屋で安静にするとよい」という。 3度目の受診で新型コロナウイルス感染がわかった事例 なかなか症状が回復しない、あるいは悪化して感染したかもしれないと思ったら、中国・武漢市への訪問歴の有無などにかかわらず、各地の保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」に電話で問い合わせる。 そこで、担当者が聞き取りをし、感染が疑われると判断した場合には専門外来「帰国者・接触者外来」を紹介される。 専門外来がある医療機関は公表されていない。 2009年に大流行した新型インフルエンザの際に公表したところ、患者が殺到し、重症になるリスクのある患者への対応に時間がかかったためだ。 加藤勝信・厚生労働相は14日の閣議後会見で、「必要な医療を適時適切に受けていただけるよう理解を」と協力を求めた。 帰国者・接触者相談センターで新型コロナウイルスの感染の可能性が低いと判断されれば、一般の医療機関を受診することになる。 そうした場合でも、萱場広之・弘前大医学部付属病院感染制御センター長は「事前に電話で問い合わせをした方が良い」という。 他の患者に感染させることを防ぐために、受診時間や入り口を分けている医療機関もある。 健康な人も「お見舞いをする際に病室での長時間の滞在は避けた方がいい」と話す。

次の

中国新型コロナウイルスによる肺炎の症状と予防策は?

新型 肺炎 症状

具体的な体温は示さず、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけています。 厚生労働省はことし2月、感染が疑われる人が相談や受診をする目安として「37度5分以上の発熱が4日以上続く場合」などと具体的な体温を示していましたが、専門家からは必要な条件のようにとらえられ、受診の抑制につながりかねないなどといった声が上がっていました。 このため、厚生労働省はこうした表現を見直した新たな目安を5月8日に公表しました。 新たな目安では「37度5分以上」という表記を取りやめ、次のような症状がある場合は、すぐに相談するよう呼びかけています。 【次のような症状は「すぐに相談」を】• 息苦しさや強いだるさ、高熱などの強い症状がある場合• 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合• 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合 厚生労働省は「『高熱』かどうかは自分の平熱を踏まえた上で判断してほしい。 症状には個人差があり、強い症状だと思う場合はすぐに相談してほしい」としています。 一方、症状の1つとして報告が相次いでいる「味覚や嗅覚の異常」については専門家の間で意見が分かれたため記載は見送られましたが、厚生労働省は異常を感じた場合には相談するよう呼びかけています。 【症状が4日以上続く場合は「必ず相談」を】• 発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合 厚生労働省は、感染の疑いがある場合には、まずは全国の保健所の「帰国者・接触者相談センター」などに相談してほしいとしています。 初期の症状としては、いわゆる「かぜ」と同じようなものが多く、WHO=世界保健機関は、最も多い症状として発熱や乾いたせき、体のだるさを挙げ、患者によっては鼻づまりやのどの痛み、それに下痢なども起きるとしています。 また、アメリカのCDC=疾病対策センターは、症状について、これまで発熱とせき、息苦しさを挙げていましたが、4月に入って症状についての情報を更新しました。 せきと息苦しさについては変わりませんが、次の症状のうち、2つ以上の症状があると感染している可能性があるとしています。 筋肉痛• のどの痛み• 味覚または嗅覚の異常 子どもでも出る症状は大人と同様だとしています。 ほかにも重い症状など気になることがあれば医療従事者に相談し、息ができなくなったり、胸の痛みが続いたり、顔や唇が青ざめたりした場合などは、深刻なサインだとしてすぐに医療機関を受診するよう呼びかけています。 緊急性の高い13の症状 厚労省がリスト公表 2020年4月29日 新型コロナウイルスに感染して宿泊施設や自宅で療養する軽症の患者について、厚生労働省は4月29日、「唇が紫色になっている」「座らないと息ができない」など、重症化の前兆となる緊急性の高い症状を自分でチェックできるリストを公表しました。 緊急性高い13の症状 【表情・外見】• 顔色が明らかに悪い• 唇が紫色になっている• いつもと違う、様子がおかしい 【息苦しさなど】• 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)• 急に息苦しくなった• 生活をしていて少し動くと息苦しい• 胸の痛みがある• 横になれない。 座らないと息ができない• 肩で息をしている• 突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた 【意識障害など】• ぼんやりしている(反応が弱い)• もうろうとしている(返事がない)• 脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする 厚生労働省は当初、軽症の患者や症状のない人について、宿泊施設や自宅で療養してもらう方針を示していましたが、埼玉県で自宅待機中だった男性が死亡したことなどを受けて、宿泊施設での療養を基本とする方針に変更しました。 ただ、家庭の事情などで自宅で療養する患者もいて、容体が急変する可能性もあることから、緊急性の高い症状を自分でチェックできるリストを公表しました。 厚生労働省はこれらの項目を患者や家族が原則1日2回確認し、該当する項目が1つでもあれば自宅療養の人は自治体の連絡窓口、宿泊施設であれば配置されている看護師などにすぐに連絡してほしいとしています。 下記は2月17日時点の情報です。 (2020年5月8日追記) 2020年2月17日 どのような症状の時に相談や受診をすべきか。 厚生労働省はその目安を取りまとめ 2月17日に公表しました。 厚生労働省が示した目安は次の通りです。 相談・受診の前に心がけること• 発熱などのかぜ症状が見られるときは学校や会社を休み外出を控える• 毎日、体温を測定して記録する 相談する目安は• かぜの症状や37度5分以上の発熱が4日以上続いている人• 解熱剤を飲み続けなければならない人• 強いだるさや息苦しさがある人 このような症状がある人は、全国の都道府県にある「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう呼びかけています。 高齢者• 糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患がある人• 透析を受けている人• 免疫抑制剤や抗がん剤を使用している人• 医療機関を受診する際の注意点は• 「帰国者・接触者相談センター」に相談したあと、「帰国者・接触者相談センター」から受診を勧められた医療機関を受診する• 複数の医療機関を受診するのは控える• 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか手洗いやせきエチケットを徹底する 厚生労働省は、「現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザなどの心配があるときには通常と同様にかかりつけ医などに相談してほしい」としています。 新型コロナウイルス 特徴や気をつけることは 厚生労働省は、新型コロナウイルスの特徴や、感染を防ぐためのいくつかの対策をホームページ上で示しています。 新型コロナウイルスの特徴• ウイルス性の風邪の一種• 発熱やのどの痛み、せきが1週間前後続くことが多い• 強いだるさを訴える人が多い• くしゃみやせきなどによる飛まつ感染と接触感染によってうつると言われている• 高齢者や基礎疾患のある人は特に重症化しやすく、死亡例も確認されているので注意が必要 日常生活で気をつけること• 石けんやアルコール消毒液などを使った手洗い• せきやくしゃみをする際のエチケットを守ること• 持病がある人や高齢者はできるかぎり人混みを避けること• 発熱などかぜの症状が見られる時は学校や会社を休むこと 厚生労働省 相談窓口 自分の症状への不安など、一般的な問い合わせがある場合は、厚生労働省の相談窓口に、電話するよう呼びかけています。 電話番号はフリーダイヤルで FAXは 03-3595-2756 相談は午前9時から午後9時まで毎日受け付けています。

次の