Zoom 画面 共有 操作。 Zoomの画面共有方法と遠隔操作のやり方!共有できない時の対処法も解説!

Zoomの画面共有が便利!基本操作と共有できない場合の対処法を解説

Zoom 画面 共有 操作

自分のPC画面を参加者にそのまま見せられる 「 Zoom」(ズーム)を使ったWeb会議に、毎日のように参加している人もいるでしょう。 そのときに使う資料はどうしていますか? すぐに思いつくのは、メールやクラウドストレージを使って資料のファイルを事前に共有しておき、参加者が各自のパソコンで閲覧する方法です。 しかし、資料の説明者からすると、参加者が資料のどの部分を見ているのかがわかりません。 そんなときに使ってほしいのが「 画面共有」の機能です。 画面共有を使えば、Web会議の参加者に見せたい資料を自分のパソコン上で選択できます。 ポイントは、説明に使う資料を開いたウィンドウなど、参加者に見せたい画面だけを選択できることです。 自分のパソコンの画面が丸見えになるわけでないので安心してください。 さっそく画面共有の操作方法を見ていきましょう。 INDEX• 共有する画面を選択する 画面共有の基本操作は簡単です。 共有したい画面(ウィンドウ)をあらかじめ開いておき、Zoomの画面下部にある[画面を共有]をクリックするだけ。 こではExcelの画面を共有してみます。 1画面を共有する Web会議が開始した状態です。 共有したい画面を開いておいてください。 画面下部にある[画面を共有]をクリックします。 2画面を選択する 共有する画面を選択します。 左上の[画面]を選択すると、自分のパソコンの画面全体が共有されます。 ここでは、あらかじめ開いておいたExcelの画面を選択して、[共有]をクリックします。 3画面が共有された 選択した画面が共有されました。 「画面を共有しています」とデスクトップ上部に表示されます。 自分と相手のサムネイル画面が右側に表示されます。 画面の共有を停止したいときは、画面上部にある[共有の停止]をクリックします。 画面を共有されたときに便利な操作 画面を共有された側の画面を見てみます。 初めて画面を共有されたときはフルスクリーンで表示されるはずです。 急に画面が切り替わりますが、落ち着いて操作しましょう。 初めて画面を共有された状態です。 共有された画面がフルスクリーンで表示されています。 落ち着いて[ESC]キーを押しましょう。 画面をダブルクリックしてもOKです。 フルスクリーン表示が解除され、Zoomのウィンドウ内に共有された画面が表示されました。 倍率を指定することも可能です。 説明用のツールを利用する 今度は、共有した画面を説明するためのツールをいくつか見てみましょう。 ツールの名称から使い方は連想できると思います。 なお、記入した線やスタンプなどは、共有を終了すると破棄されます。 保存しておきたい場合は ツールバーの[保存]からスクリーンショットを記録できます。 1ツールを表示する 画面を共有した状態です。 上部のメニューから[コメントを付ける]をクリックします。 2ポインターを表示する ツールバーが表示されました。 まずは使用頻度が高いポインターに切り替えてみます。 [スポットライト]から「スポットライト」のアイコンを選択します。 3ポインターが表示された マウスポインターの位置に赤いポインターが表示されました。 プレゼンで使うポインターのように扱えます。 注目してほしい部分に視線を誘導できますね。 4描画ツールに切り替える 続けて、フリーハンドで線を記入できる描画ツールに切り替えます。 [線を書く]から左上のアイコンを選択します。 4線を記入する マウスポインターの形が鉛筆に切り替わり、任意の位置に線を記入できるようになります。 線の色を選択してマウスをドラッグしてください。 ホワイトボードを共有する さらに、図解などで使える「ホワイトボード」を共有してみましょう。 共有する画面を選択するとき、[ホワイトボード]を選択します。 先ほどと同じく、記入した結果を保存しておきたいときは[保存]をクリックです。 1ホワイトボードを共有する Zoomの画面下部から[画面を共有]をクリックします。 共有する画面の一覧から[ホワイトボード]を選択して[共有]をクリックします。 2ホワイトボードが表示された ホワイトボードが共有されました。 マウスをドラッグして自由に記入してください。 コメントを記入するツールとほぼ共有です。 指定した範囲を共有する 画面(ウィンドウ)内の指定した範囲のみを共有することも可能です。 共有する画面を選択するとき、[詳細]タブにある[画面の部分]を選択します。 例えば、Web会議中に参考動画などを見せたいときなどに使えます。 1画面の一部を共有する Zoomの画面下部から[画面を共有]をクリックします。 [詳細]タブをクリックして、一覧から[画面の部分]を選択します。 動画などを参照する際は[コンピューターの音声を共有]にチェックを付けます。 [共有]をクリックします。 2共有する範囲を指定する 画面の共有が開始されます。 共有中の範囲には緑の枠が表示されます。 枠をドラッグして、共有したい位置に合わせてください。 2操作説明が表示された パソコンのネットワーク名とミラーリング先の名称(Zoomのミーティング名)を確認してください。 画面右上を下方向にスワイプして、コントロールセンターを表示します。 iPhone 8以前では、画面下から上方向へスワイプします。 [画面ミラーリング]をタップします。 4ミラーリング先を選択する ミラーリング先の一覧が表示されました。 なお、ZoomのWeb会議は相手がいなくても開催でき、自分ひとりでも画面共有の機能は動作します。 実際のWeb会議で慌てないように、試しにひとりで操作してみてはいかがでしょうか。 close 閉じる.

次の

Zoomのウィンドウを”画面共有”でも表示できる【ZoomだけでOK】ミーティング参加者へ操作を伝えられる

Zoom 画面 共有 操作

Contents• Zoomの画面共有では何が出来るのか? Zoomでオンライン会議を開く際、画面共有のやり方を覚えておくとその会議は必ずやスムーズな進行が可能になるはずです。 参加者にいちいち 「このファイルを開いて下さい。 」 みたいなやりとりが必要なくなり、自分の画面を共有することで参加者は画面を見ているだけで済み、会議に集中が可能ですね! ではZoomの画面共有は具体的にどのようなことが出来るのかをまずは説明していきます。 ファイルが共有出来る 主催者が会議の資料として、パワーポイントやPDF資料、画像などを準備します。 会議の前に参加者にこれを送ることも可能かもしれないですが、それは面倒な作業。 だったら自分のブラウザに映して、参加者と共有する方が簡単です。 参加者は主催者の画面を見るだけで資料が分かるわけです。 こんな使い方が画面共有の基本的な使い方になります。 ホワイトボードの使用 Zoomではホワイトボードを共有することも出来ます。 これを使うことにより、参加者も書き込みが可能になって思いついたことをホワイトボードに書けば、画面が共有されている為リアルに反映され、実際の会議みたいにホワイトボード係を決めて進行をすることも可能になります。 コメントの入力 コメントの入力は共有している画面に書き込みが出来る機能です。 画面にテキストやマーカーなどの書き込みメモが出来ますが、参加者全員に反映されますのでご注意を! 動画や音楽までも共有 動画ファイル、音声ファイルの共有も可能です。 共有したい音声が相手のスピーカーから流れるようになるので、これはオンライン飲み会などのプライベートで音楽や動画で一緒に盛り上がるのには便利ですね。 Zoomの画面共有のやり方を解説 では具体的に画面共有はどうやれば出来るのかを説明していきましょう。 但し、主催者はZoomのアカウントを持っていることが前提になりますので、持っていないな場合は以下の記事を参考にして登録を済ませましょう。 参考記事 主催者の画面を共有しよう ではZoomミーティングで画面を共有する手順を順番に説明していきます。 (スマホ画像) 参加者の画面共有のやり方 では次に主催者以外、つまり参加者の画面共有のやり方です。 この場合は主催者側の設定を変更する必要があります。 1対1だとしなくても出来ますが、3人以上ですと以下の設定をしましょう。 「画面を共有」の右にある矢印マークをクリックして共有オプションを選択します。 そして画像の通り、全参加者が共有出来るようにチェックを入れます。 これで参加者も同じ手順で画面共有が可能になります。 別の画面を共有したい時 共有している時に別の画面を出したい場合ですが、Web上での移動であればそのまま共有画面を切り替えていけば、相手も同じように切り替わります。 しかし画像や違うファイルを共有したい場合は「新しい共有」を選択して選べば良いだけです。 ホワイトボードの使用をやってみよう! ではホワイトボードはどうやれば使えるか? 先ほどの共有画面を選ぶ画面を思い出していただければ分かると思いますが、あの中に「ホワイトボード」がありますのでそれを選択するだけですね。 使い方はおそらく分かると思いますので省略させていただきます。 リモート操作を行う リモート操作はZoomミーティングで画面共有しながら何かを教えている時には役に立つ機能ですね。 例えば何かのやり方を教えている時などはリモート操作をすることで、相手にその場にいるような感覚で教えることが可能になります。 やり方は共有中に画面上部のオプション設定をクリックします。 その中にある「リモートコントロールを要求する」を選択します。 これで相手にリモート制御の要求を許可してもらえれば大丈夫です。 リモートが出来ない場合は設定を見てみましょう。 スポンサードサーチ.

次の

「話題の【ZOOM】使い方⑦」画面共有を覚えよう!会議には必須機能で超便利である

Zoom 画面 共有 操作

Zoomの画面共有は、アカウント作成していない参加者でも利用することができます。 対応機種 Zoomの画面共有は、ほぼ全てのパソコン、タブレット、スマートフォンで利用可能です。 0以降が必要です。 タブレットとスマートフォンについては、共有できる画面に一部制限があります。 共有できる画面は、• Android:画面、写真、ドキュメント、Box、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive、ウェブサイトURL、ブックマーク、ホワイトボード• iOS:画面、写真、iCloudドライブ、Box、Dropbox、Googleドライブ、Microsoft OneDrive for Business、Microsoft OneDrive、ウェブサイトURL、ブックマーク、ホワイトボード(iPadのみ) です。 もし、Zoomの画面共有が利用できない場合は、OSとZoomアプリを最新バージョンにアップデートしましょう。 Zoomの画面共有の使い方 ここからは、Zoomの画面共有の基本的な使い方・操作方法を解説していきます。 パソコン パソコンで画面共有を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「画面を共有」をクリックします。 共有するウィンドウまたはアプリケーションの選択画面が表示されます。 例えば、Photoshopを選択してから「共有」をクリックすれば、相手の画面に「Photoshop」の編集画面がそのまま表示されます。 Zoomで画面共有されている範囲は、緑色の線で囲まれます。 画面共有を終了したい場合は、上部の「共有の停止」をクリックすればOKです。 スマートフォン スマートフォンで画面共有を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「共有」をタップします。 画面共有する項目が表示されるので「画面」をタップします。 画面録画のメニューが表示されます。 アプリがいくつか並んでいるので「Zoom」をタップします。 Zoomを選択したら「ブロードキャストを開始」をタップします。 これでZoomの画面共有が始まりました。 画面共有を終了したい場合は、上部の「時間の部分」をタップします。 Zoomの画面共有で使える便利な機能 さらにZoomの画面共有で使える便利な機能を紹介していきます。 範囲を選択して画面共有 Zoomの画面共有では、画面の範囲を柔軟に変更することができます。 Zoomの画面共有時に「画面の部分」を選択してから「共有」をクリックします。 Zoomで画面共有されている範囲は、緑色の線で囲まれます。 この緑の枠は、移動させたり、四隅をドラッグすることで大きさを変更することも可能です。 これで音声と一緒にYou Tubeなどで再生している音楽も共有することができます。 ホワイトボード Zoomの画面共有には、 ホワイトボードという機能があります。 ホワイトボードを活用することで言葉では分かりにくい内容を絵や図を描いて伝えることができます。 ホワイトボードは、Zoomの画面共有時に「ホワイトボード」を選択してから「共有」をクリックするだけ利用可能です。 ホワイトボードの操作パネルには「テキスト」「絵を描く」「スタンプ」「スポットライト」「消しゴム」「色」「元に戻す」「やり直し」といった項目が用意されています。 次のようにテキストだけでなく、真っ白いボードに自由に書き込んで意見・考えを伝えることができます。 参加者もコメントを書き込める ホワイトボードは、参加者と共有して共同編集することも可能です。 上部に操作パネルが表示されるのでコメント・注釈(アノテーション)を付けましょう。 なお、参加者が書き込んだコメントも全員に共有されることになります。 参加者の書き込みを禁止する方法 主催者側で参加者のホワイトボードへの書き込みを禁止することも可能です。 TeamViewer、、Microsoft リモート デスクトップなどと似た機能となります。 自分のパソコンをリモート操作してもらう 自分のパソコンを相手側にリモート操作してもらう方法を解説します。 あとは相手がマウスをクリックすれば、リモート操作が始まります。 相手のパソコンをリモート操作する 相手のパソコンを自分がリモート操作する方法を解説します。 まず、相手に画面共有をしてもらいます。 これで相手のパソコン画面をリモート操作できるようになりました。 相手側は、マウスをクリックすることでリモート操作を終了させることが可能です。 複数の参加者が同時に画面共有 Zoomの初期設定では、2人同時に画面共有はできません。 仮に誰か1人が画面共有をしているとき、もう一人が画面共有をしようとすると、 他の参加者が共有中は、画面共有を開始できません。 というエラーメッセージが表示されます。 複数の参加者が同時に画面共有をできるようにするには、画面を共有の右横の矢印から「複数の参加者が同時に共有可能」をクリックする必要があります。 複数の参加者が画面を共有した場合、上部の「オプションを表示」から共有されている画面を切り替えることが可能です。 画面共有をデュアルディスプレイ(2画面)で表示すると便利 パソコンをデュアルディスプレイ(2画面)で使用している場合、2つの共有された画面を比較することが可能です。 次のように「参加者1」と「参加者2」の文書などの資料を比較することができます。 デュアルディスプレイを使用するには、Zoomのホーム画面で右上の「歯車アイコン」をクリック。 「デュアルモニターの使用」にチェックを入れておいてからミーティングを開始する必要があります。 パソコン使用時に「iPhone・iPad」の画面共有 Zoomでは、パソコンを使ってWeb会議をしているときでもWi-Fi経由で「iPhone・iPad」の画面を共有できます。 」というメッセージが表示されるので「インストール」をクリックします。 iPhone・iPadをパソコンと同じWi-Fiネットワークに接続します。 続いて、iPhone・iPadのコントロールパネルを開いてから「画面ミーティング」をタップします。 「Zoom — 名前」をタップします。 これでパソコンを使いながら「iPhone・iPad」の画面共有ができました。 Macであれば有線ケーブルで画面共有できる Macを使っている場合は、有線ケーブル接続で簡単に「iPhone・iPad」の画面を共有ができます。 MacとiPhone・iPadの接続に必要になるライトニングケーブルは、Amazonなどで安く購入することが可能です。 Zoomの画面共有に関するよくある質問(Q&A) Zoomの画面共有に関するよくある質問(Q&A)をまとめてみました。 Zoomの画面共有時にビデオ再生することも可能です。 Zoomでビデオ通話をしている時、一緒に映画鑑賞を楽しみたいことがあるでしょう。 そんなときにZoomの画面共有を使えば、動画配信サービス(You Tube、Netflix、、、、dTVなど)やDVDの映画、ドラマ、アニメなどを一緒に視聴できます。 Zoomの画面共有で動画を一緒に見るときは「コンピューターの音声を共有」にチェックを入れるようにしましょう。 動画配信サービスによっては、若干映像がカクカクしたり乱れる場面もありましたが、ほぼ問題なく視聴することができました。 参加者の画面共有を禁止にできますか? はい。 主催者側(ホスト)で参加者の画面共有を禁止にすることも可能です。 「画面の共有」の右横にある上矢印「高度な共有オプション」をクリックします。 参加者の画面共有を禁止したい場合は「ホストのみ」を選択しましょう。 画面共有を二画面に分割することはできますか? はい。 左右表示モードを使うことで可能です。 次のように共有画面が分割されて「自分の顔」と「相手の顔」が右側に表示されるようになります。 境界線の線を左右にドラッグ&ドロップすることで範囲を変更することも可能です。 Zoomの画面共有ができない原因 Zoomの画面共有の設定ができない・うまくいかない原因を解説していきます。 Zoomのバージョンが古い Zoomで画面共有が正常にできない場合は、Zoomのバージョンが古いことが考えられます。 「変更」をクリックしてから最新バージョンアのアップデートを行ってください。 また、スマートフォンのZoomアプリを最新版アップデートする場合は「App Store」や「Google Play」からできます。 Wi-Fiネットワークが異なる Zoomで「iPhone・iPad」の画面を共有する場合は、Wi-Fiネットワークが同じである必要があります。 例えば、• パソコン:自宅の無線LANルーター• スマートフォン:ソフトバンクなどのモバイルネットワーク で接続している場合は、画面共有がうまくいきません。 どちらも自宅の無線LANルーターを経由して繋げるようにしましょう。 画面共有を使えば、Web会議をする時に資料を見せながら分かりやすくプレゼンすることが可能です。 また、相手のパソコンを遠隔操作できる「リモート操作(リモートデスクトップ)」機能も使うことができるので、パソコンの操作方法に困った人を簡単に手助けすることができます。

次の