ひなあい 最新話。 『B.L.T.』“ひなあい”特集の表紙解禁 日向坂メンバーの番組愛&MCオードリーの証言も

渡邉美穂、怪談話始めました!怖い話が苦手なメンバーは誰?【日向坂で会いましょう】ひなあい

ひなあい 最新話

若林正恭が『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて結婚したことを発表した。 この発表にいち早く反応したのが、日向坂46の1st写真集『立ち漕ぎ』公式Twitter。 「若林さんご結婚おめでとうございます。 結婚しても高本さんと小坂さんを贔屓すること、死んでもやめんじゃねーぞ!(中略)本当におめでとうございます」というツイートは話題を呼んだ。 日向坂46『こんなに好きになっちゃっていいの?』(通常盤) 日向坂46(以下、日向坂)とオードリーは、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京・以下、ひなあい)で共演中(オードリーはMCを担当)。 「見ていくうちに日向坂を好きになってた!」というオードリーファンもいるほど、双方のファンから愛されている番組だ。 この番組の面白みは、日向坂とオードリーが互いにいじり合い仲睦まじくしているところにあるだろう。 上記のツイートにもあるように、若林は高本彩花と小坂菜緒を贔屓していることを公言。 それ以降、先生や先輩をからかうかのように、メンバーが若林の贔屓についていじるという流れが定番となっている。 この番組は、オードリーがメンバーの良さを引き出すだけでなく、オードリーが彼女たちによって新たな魅力を引き出されている側面もある。 だからこそ、双方のファンからこれほどまでに愛されているのだろう。 そもそもこの二組の共演が始まったのは、2018年4月に放送された『ひなあい』の前身番組『ひらがな推し』から。 2016年に本格的な活動を始めた日向坂(当時のグループ名は、けやき坂46)は、番組スタート時点で2年のキャリアがあり、バラエティ能力はすでに備わっていた。 そのため「MCが新人を一から教える」ではなく「MCが視聴者とともに日向坂を知っていく」番組になっており、そのことが結果として日向坂とオードリーの関係性にいい影響を与えたように思う。 また、若林が結婚を発表した同日、『ひなあい』では「緊急特別企画 そろそろ若様のご贔屓メンバーを決め直しましょう」がオンエアされた。 一方で、加藤と富田は「某番組の若林チョイスコーデ」と題した衣装で出演。 これは、ある番組で若林が人気店の洋服をコーデネートし不評を浴びたものだ。 若林いじりを楽しそうにするメンバーと、それに嬉しそうに反応する若林。 両者の関係性が深まっていることが伝わる場面だった。 そして今回印象的だったのは、宮崎ロケの食事会で佐々木久美、加藤、松田、富田の4人に囲まれて止むを得ず「初めて手をつないだ話」を明かしたというエピソードだ。 4人から逃げられなかったからだとはいえ、なかなか心を開かないことで知られる若林が、プライベートな話をするとはよほどの信頼関係になった証ではないだろうか。

次の

日向坂で会いましょう【動画】《最新》

ひなあい 最新話

【2019年6月23日放送の感想】今回は男春日が本気で奢るBBQバスツアーという企画だった。 この企画は3週にわたって放送される。 今回は1回目であった。 進行はいつまであればオードリーの2人だが、今回はハマカーンの浜谷と春日という異色の組み合わせだった。 しかし、放送開始直後、実は若林がロケに参加しており、春日の日向坂46に対する愛を確認するという本来の趣旨を説明する。 選ばれたメンバーが若林の待つマイクロバスに乗り、共に本性をあぶり出すため様々なミッションに挑戦する。 今回はBBQで使用する食材買い出しのためスーパーに着いたところで放送は終わった。 これまでのスタジオ収録とは異なり、メンバーそれぞれが個性豊かな服装で収録していたためとても新鮮味があった。 また、ドッキリという企画を日向坂46メンバーに遂行させるというある種チャレンジ的な企画であったと考える。 とても内容が濃く、面白い場面も何度かあり、私を含め視聴者はとても楽しめたと思う。 また来週観たくなるような構成だった為、是非来週も観たいと思う。 (男性20代).

次の

日向坂で会いましょう

ひなあい 最新話

本日7月16日 火 22:00〜TOKYO-FM「SCHOOL OF LOCK! 」に渡邉美穂が生出演します🔑 ぜひお聴きください🏫 — 日向坂46 hinatazaka46 「ひらがな推し」時代に、「書き出し王決定戦」という企画があり、その時にも怖い話を披露していました。 実際に評判が良く、渡邉本人も手ごたえを感じているようです。 最近は怪談話の第一人者である「稲川淳二」を参考にお勉強していると話していました。 怪談話と言えばこの人【稲川淳二】 独特の口調で語る怪談の語り手としても知られている。 1986年、オールナイトフジでの『生き人形』の怪談が反響を呼ぶ。 翌1987年には数篇の怪談を収録したカセットテープが発売され、オリコンチャートの上位にランクインする(その後もCDやビデオ、あるいは書籍として数多くの怪談がリリースされた)。 また、1993年頃から『ミステリーナイトツアー』という怪談によるライブを毎年夏から年末にかけて行い、全国を廻っている(2001年には、正月にも開催された)。 演劇調の演出が施された稲川の怪談は従来の講談や落語のようなシンプルな演出をやや派手に発展させたものであり、特にテレビのコンテンツとしての相性が良かった。 稲川の登場により多くのタレントが怪談の語り手としてメディアに登場するようになったという点で怪談の現代化・ビジネス化に大きく貢献したと言える。 稲川淳二自身が口にしたくない程に恐い(話の内外で死者や負傷者が出ている)『生き人形』という話がある。 大抵、この話をすると呪いがかかると噂されている。 自身の著書でも、自分のお気に入り恐い話のランキング1位に持ってくるほどである。 より引用 怪談話と言えばこの人って感じですよね。 まだまだ現役で、怖い話が聞けるようです。 貫禄が凄すぎて、写真だけで既に怖いという状況になっています。

次の