何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語。 「遠慮なくお申し付けください」って英語で何ていう?

「お申し付けください」は正しい敬語?目上への使い方と例文

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「お申し付けください」の意味は? 「お申し付けください」は要望を出して欲しい旨を伝える敬語を意味する 「お申し付けください」は要望を出して欲しい旨を伝える敬語を意味しています。 「お申し付けください」という表現はビジネスにおいて非常によく使われている表現になります。 実際の意味をあまり考えずに、接客業などでは自然と出る挨拶のような言葉になっている節もあります。 非常に馴染みの強い敬語表現です。 「お申し付けください」という言葉をそのままの言葉尻で捉えるならば、言われた方は要望を遠慮なく言ってもいいというニュアンスの言葉になるのですが、基本的にはそうはなっていません。 そう言われても余程のことがなければ要望やクレームが中々出せないのが日本人気質だからです。 「お申し付けください」はメールでも会話でも使える敬語表現 「お申し付けください」はメールでも会話でも使える敬語表現です。 敬語表現の中にはどちらかというとメール等の文書でよく使われる表現や、逆に会話がメインで使われるような表現が数多くあるのですが、「お申し付けください」という表現についてはメールでも会話でも両方使える敬語表現になっています。 「お申し付けください」は「言ってください」の敬語表現になります。 そのため、フレンドリーな店員だと「なんでも気軽に言ってくださいね」というような言い方をするかと思います。 昔は接客業はきちんとした敬語を使うべきと教育されてきましたが、最近では少し崩すくらいがちょうどいいとされている節もあるようです。 「お申し付けください」は社交辞令にもなっている定例句 「お申し付けください」は、社交辞令にもなっている定例句です。 お店に行くと「お気軽にお申し付けください」「お気軽におっしゃってください」「気軽に声をかけてくださいね」というような言い方で接客をされるケースがありますが、このような場合、この言葉は本来の意味は少し薄れた常套句の意味合いが強くなっています。 こういった言葉をかけられた客側の心境としては何も言われないよりも相手に対して親近感を持つことになります。 「ごゆっくりどうぞ」という言葉も似たような効果のある表現になります。 この表現は「お申し付けください」という定例句に「お気軽に」という言葉が付け足されています。 「お気軽に」という言葉があることで、何も言わずとも安心感が生まれるのです。 この表現は接客業でよく使われる言葉になりますが、ビジネスメールのやり取りにおいても使われる言葉になります。 こういった表現が添えられているだけでも相手とのコミュニケーションにおける安心感が格段に変わってくることが少なくありません。 例文を確認しながら表現のポイントを押さえていきましょう。 ご注文は以上になりますがすべてお揃いでしょうか?何かございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。 ごゆっくりどうぞ。 この表現は「お気軽にお申し付けください」と非常によく似たニュアンスの表現になりますが、どちらかというと声をかけてもらいたい時に使う表現になります。 「お気軽にお申し付けください」という表現においては、積極的に声をかけてほしいというニュアンスはないのですが「いつでもお申し付けください」に関しては、店員側が顧客側からの申し込みを待っているような状況の時に使われる表現になりますので、店員側としては声をかけられる状況を期待しての言い回しとなっています。 この表現は「何でも言ってほしい」という強い気持ちがある状況は多くないのですが、最大限相手にいいサービスを提供したいと考えている状況でよく使われる表現になります。 「お気軽にお申し付けください」と言われるよりも、「何でもお申し付けください」と言われた方が誠心誠意サービスを提供しようという気概が伝わりやすくなります。 ただしこの表現を使うことで顧客側の発言量は増えますので仕事の量は増えることになります。 どちらの表現がふさわしいかは商売により検討の余地があります。 お気兼ねなく何でもお申し付けください。 フロントには常にスタッフが24時間待機しておりますので、ご不明な点やご要望はいつでも遠慮なくおっしゃってください。 この表現は「お気軽にお申し付けください」同様に、一般的に使われる定例句の一つと言えますが、「遠慮なくお申し付けください」の方がビジネス感の強い表現となっています。 そのため、特に「遠慮なくお申し付けください」という表現は接客の場で使われるよりも、ビジネスメール等でよく使われる表現になります。 ビジネスメールにおいて「お気軽にお申し付けください」はあまり使われず、「遠慮なくお申し付けください」は接客でもビジネスメールでも両方で使われる表現になります。 ご不明な点やご要望がございましたら遠慮なくお申し付けください。 随時ご対応をさせていただきます。 この表現は今までに紹介してきた言い回しに比べると馴染みのない表現になるかもしれません。 今まで紹介してきた言い回しは主に個人を対象にした言い回しですが、この表現は集団を対象にした表現です。 こういった表現が使われるケースとしては社員旅行でのシチュエーションが挙げられます。 ホテルのスタッフが何かを説明し最後に「どなたでもお申し付けください」と伝えることは、幹事等に通さず直接気軽に言って欲しいというようなニュアンスを伝えていることになります。 こういったシーンで使われる珍しい表現です。 宿泊時にお困りごとがございましたたらどなた様も遠慮なくお申し付けください。 スタッフが常に回っておりますのでお近くのスタッフまでお声がけいただけたらと思います。 「お気軽にお申し付けください」も「お気軽におっしゃってください」も、どちらも敬語表現ではあるのですが、「お気軽におっしゃってください」の方がやや砕けた印象があるため相手との距離を近づけやすい表現です。 言葉は同じ意味合いを表していたとしても表現を少しいじるだけで、相手が受け取るニュアンスがガラッと変わったりします。 「おっしゃってください」も敬語なのですが、「おっしゃってください」の方が「お申し付けください」よりもライトなニュアンスに変わるのがいい例だと言えるでしょう。 お困りごとがありましたらお気軽におっしゃってくださいね。 当店は全員女性スタッフですので気軽に相談しやすい環境になっているかと思います。 この表現のニュアンスは「お申し付けください」と非常に似ているのですが、「お申し付けください」という表現が、何か言う場合の条件について漠然としているのに対して「お申し出ください」は明確な場合が多くなります。 例えば「故障や破損がありましたら遠慮なくお申し出ください」というような使い方になります。 「お申し付けください」に変えて使うこともできるのですが、条件が明確な場合は「お申し出ください」の方が好んで使われる傾向にあります。 この2つの使い分けができるとビジネスで活用できることでしょう。 不良品がございましたら遠慮なくお申し出ください。 万全を期しておりますが万が一の場合は新品と交換させていただきます。 この表現はビジネスにおいて「お申し付けください」と同じか、それ以上の頻度で使われる表現になります。 「お申し付けください」が要望を聞き出す表現に対して、「ご教示ください」は質問をする際の敬語表現になります。 「ご教示ください」という表現はビジネスにおいて非常によく使われる言葉になりますのでその使い方はしっかり押さえておきたいところです。 下記の関連記事は「ご教示ください」の意味や使い方について詳しくまとめた内容になっています。 こちらの記事も時間がある時で構わないので是非参考にしてみてください。 「お申し付けください」の英語の使い方は? 「お申し付けください」の英語の使い方は数パターンある 「お申し付けください」の英語の使い方については数パターン存在します。 「お申し付けください」という言葉は日本語に直すと「言ってください」「伝えてください」「教えてください」「指示してください」など、様々な言い方ができますのでそれぞれを英語に直すと、使われる英語表現も違ってくることになります。 「お申し付けください」をはじめとした日本語表現は意味が一つと決まっていませんので、その都度その状況にふさわしい一般的な日本語表現を考えて、それを英語に直す作業が必要となります。 そのため、その状況に合わせてその都度翻訳をする必要性が出てくるのです。 これはほかの表現の英訳にも同様に言えることです。 「お申し付けください」の英語の使い方の例文 「お申し付けください」の英語の使い方の例文を紹介します。 英語の表現では「~ください」という表現は命令形に当たりますので、それを丁寧な表現にするには「Please」という単語を使うのが一般的になりますので、まず一つ目の例文については「Please」を使った命令形の表現を紹介しています。 そして2つ目の表現は中学英語でも出てくるのですが「あなたは~できる」という表現です。 これは命令形ではないのですが英語ではこういう表現をすることで「必要なことを気軽に言っていいんだな」という認識を顧客側が持ちますので日本語の「お申し付けください」と同じ効果が期待できる表現となるので覚えておきましょう。 「お申し付けください」の英語の使い方の例文• ・Please tell us everything you hope. (あなたが望むことを何でも言ってください)• ・You can request what you need. (必要なことは何でも言ってください) 「お申し付けください」を使いこなしてビジネスでの印象値を上げよう! 「お申し付けください」という表現を使いこなすことでビジネスシーンでのコミュニケーション力が格段に上がることでしょう。 「お申し付けください」という表現は様々なシーンでその状況に合わせて活用することができます。 ここで紹介した「お申し付けください」の情報を、今後のビジネスに生かしてもらえたらうれしいです!.

次の

「お申し付けください」は間違い?意味、社内での使い方、別の言い方、英語も紹介

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「お申し付けください」は「申し付ける」を丁寧に表現した言葉 「お申し付けください」とは、 「言い付ける」の謙譲語である「申し付ける」をさらに丁寧した言葉です。 接頭語に「お」を加えて尊敬を表し、丁寧語の「ください」を付け加えているため敬語として正しい表現となります。 命令や指示の意味合いを含む「言い付ける」をそのまま使ってはビジネスシーンにおいて失礼にあたる場合があります。 相手を敬ってへりくだる形で「お申し付けください」とお願いすることで、目上の方や取引先の方などに敬意を表すことが可能です。 「お申し付けください」と同じ意味を持つ類語も存在します。 同じ言葉を使って表現しても良いですが、デキるビジネスパーソンを目指すのであれば語彙力を高め、時と場所によって使い分けできるよう、準備しておくことが大切です。 「お申し付けください」の意味 「お申し付けください」は、わかりやすく言うと 「なんでも遠慮なく言ってください」という意味です。 「なんでも遠慮なく言ってください」では目上の人やクライアントに対する言葉として軽い感じがするため、ビジネスシーンでは丁寧な敬語表現として「お申し付けください」を使いましょう。 「お申し付けください」の使い方 「お申し付けください」の意味を知ったうえで 正しい使い方を確認しましょう。 「お申し付けください」はビジネスシーンで目上の方や取引先との交渉など、相手側の要求を求める場面で使われます。 「部長にはよろしくとお言付けください。 」 「ことづけ」と読み、相手に対して伝言を伝えたい時や言葉を取り次いでもらう時に使います。 「言い付ける」という 命令や指図などの意味を持つ言葉ですが、告げ口や密告などと同じ読み方なので「言付け」とした方が丁寧です。 「お申し付けください」と「お申し出ください」に違いはある? 「お申し付けください」と「お申し出ください」は、共に同じ意味を持つ言葉なので使い方に大きな違いはありませんが、「お申し付けください」のほうが 要求や指示の度合いが高い言葉として使い分けることが可能です。 「お申し付けください」と「お申し出ください」はどちらも、指示や命令、要求などに対し丁寧に表現している言葉です。 目上の方や上司、クライアント、顧客など相手の立場や場面によって使い分けると良いでしょう。 ・If you have any questions, please let me know. 英語表現の場合は相手の行動に合わせた単語を使えばよいため、上記の場合は相手の「希望・願望」と「質問」を英語で表しています。 「お申し付けください」は間違いではない正しい敬語表現! 「お申し付けください」は「言い付ける」の謙譲語「申し付ける」をさらに丁寧した言葉です。 謙譲語を丁寧にした言葉であることからもわかる通り、相手の要望や命令に対して引き受けますという受け身の姿勢、へりくだった表現であるため、 正しい敬語としてビジネスシーンで使用可能です。 「お申し付けください」が正しく使える立派なビジネスパーソンを目指してくださいね。

次の

「お申し付け下さい/お申し付け頂ければ」とは?意味と使い方

何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 英語

「お申し付けください」の意味は? 「お申し付けください」は要望を出して欲しい旨を伝える敬語を意味する 「お申し付けください」は要望を出して欲しい旨を伝える敬語を意味しています。 「お申し付けください」という表現はビジネスにおいて非常によく使われている表現になります。 実際の意味をあまり考えずに、接客業などでは自然と出る挨拶のような言葉になっている節もあります。 非常に馴染みの強い敬語表現です。 「お申し付けください」という言葉をそのままの言葉尻で捉えるならば、言われた方は要望を遠慮なく言ってもいいというニュアンスの言葉になるのですが、基本的にはそうはなっていません。 そう言われても余程のことがなければ要望やクレームが中々出せないのが日本人気質だからです。 「お申し付けください」はメールでも会話でも使える敬語表現 「お申し付けください」はメールでも会話でも使える敬語表現です。 敬語表現の中にはどちらかというとメール等の文書でよく使われる表現や、逆に会話がメインで使われるような表現が数多くあるのですが、「お申し付けください」という表現についてはメールでも会話でも両方使える敬語表現になっています。 「お申し付けください」は「言ってください」の敬語表現になります。 そのため、フレンドリーな店員だと「なんでも気軽に言ってくださいね」というような言い方をするかと思います。 昔は接客業はきちんとした敬語を使うべきと教育されてきましたが、最近では少し崩すくらいがちょうどいいとされている節もあるようです。 「お申し付けください」は社交辞令にもなっている定例句 「お申し付けください」は、社交辞令にもなっている定例句です。 お店に行くと「お気軽にお申し付けください」「お気軽におっしゃってください」「気軽に声をかけてくださいね」というような言い方で接客をされるケースがありますが、このような場合、この言葉は本来の意味は少し薄れた常套句の意味合いが強くなっています。 こういった言葉をかけられた客側の心境としては何も言われないよりも相手に対して親近感を持つことになります。 「ごゆっくりどうぞ」という言葉も似たような効果のある表現になります。 この表現は「お申し付けください」という定例句に「お気軽に」という言葉が付け足されています。 「お気軽に」という言葉があることで、何も言わずとも安心感が生まれるのです。 この表現は接客業でよく使われる言葉になりますが、ビジネスメールのやり取りにおいても使われる言葉になります。 こういった表現が添えられているだけでも相手とのコミュニケーションにおける安心感が格段に変わってくることが少なくありません。 例文を確認しながら表現のポイントを押さえていきましょう。 ご注文は以上になりますがすべてお揃いでしょうか?何かございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。 ごゆっくりどうぞ。 この表現は「お気軽にお申し付けください」と非常によく似たニュアンスの表現になりますが、どちらかというと声をかけてもらいたい時に使う表現になります。 「お気軽にお申し付けください」という表現においては、積極的に声をかけてほしいというニュアンスはないのですが「いつでもお申し付けください」に関しては、店員側が顧客側からの申し込みを待っているような状況の時に使われる表現になりますので、店員側としては声をかけられる状況を期待しての言い回しとなっています。 この表現は「何でも言ってほしい」という強い気持ちがある状況は多くないのですが、最大限相手にいいサービスを提供したいと考えている状況でよく使われる表現になります。 「お気軽にお申し付けください」と言われるよりも、「何でもお申し付けください」と言われた方が誠心誠意サービスを提供しようという気概が伝わりやすくなります。 ただしこの表現を使うことで顧客側の発言量は増えますので仕事の量は増えることになります。 どちらの表現がふさわしいかは商売により検討の余地があります。 お気兼ねなく何でもお申し付けください。 フロントには常にスタッフが24時間待機しておりますので、ご不明な点やご要望はいつでも遠慮なくおっしゃってください。 この表現は「お気軽にお申し付けください」同様に、一般的に使われる定例句の一つと言えますが、「遠慮なくお申し付けください」の方がビジネス感の強い表現となっています。 そのため、特に「遠慮なくお申し付けください」という表現は接客の場で使われるよりも、ビジネスメール等でよく使われる表現になります。 ビジネスメールにおいて「お気軽にお申し付けください」はあまり使われず、「遠慮なくお申し付けください」は接客でもビジネスメールでも両方で使われる表現になります。 ご不明な点やご要望がございましたら遠慮なくお申し付けください。 随時ご対応をさせていただきます。 この表現は今までに紹介してきた言い回しに比べると馴染みのない表現になるかもしれません。 今まで紹介してきた言い回しは主に個人を対象にした言い回しですが、この表現は集団を対象にした表現です。 こういった表現が使われるケースとしては社員旅行でのシチュエーションが挙げられます。 ホテルのスタッフが何かを説明し最後に「どなたでもお申し付けください」と伝えることは、幹事等に通さず直接気軽に言って欲しいというようなニュアンスを伝えていることになります。 こういったシーンで使われる珍しい表現です。 宿泊時にお困りごとがございましたたらどなた様も遠慮なくお申し付けください。 スタッフが常に回っておりますのでお近くのスタッフまでお声がけいただけたらと思います。 「お気軽にお申し付けください」も「お気軽におっしゃってください」も、どちらも敬語表現ではあるのですが、「お気軽におっしゃってください」の方がやや砕けた印象があるため相手との距離を近づけやすい表現です。 言葉は同じ意味合いを表していたとしても表現を少しいじるだけで、相手が受け取るニュアンスがガラッと変わったりします。 「おっしゃってください」も敬語なのですが、「おっしゃってください」の方が「お申し付けください」よりもライトなニュアンスに変わるのがいい例だと言えるでしょう。 お困りごとがありましたらお気軽におっしゃってくださいね。 当店は全員女性スタッフですので気軽に相談しやすい環境になっているかと思います。 この表現のニュアンスは「お申し付けください」と非常に似ているのですが、「お申し付けください」という表現が、何か言う場合の条件について漠然としているのに対して「お申し出ください」は明確な場合が多くなります。 例えば「故障や破損がありましたら遠慮なくお申し出ください」というような使い方になります。 「お申し付けください」に変えて使うこともできるのですが、条件が明確な場合は「お申し出ください」の方が好んで使われる傾向にあります。 この2つの使い分けができるとビジネスで活用できることでしょう。 不良品がございましたら遠慮なくお申し出ください。 万全を期しておりますが万が一の場合は新品と交換させていただきます。 この表現はビジネスにおいて「お申し付けください」と同じか、それ以上の頻度で使われる表現になります。 「お申し付けください」が要望を聞き出す表現に対して、「ご教示ください」は質問をする際の敬語表現になります。 「ご教示ください」という表現はビジネスにおいて非常によく使われる言葉になりますのでその使い方はしっかり押さえておきたいところです。 下記の関連記事は「ご教示ください」の意味や使い方について詳しくまとめた内容になっています。 こちらの記事も時間がある時で構わないので是非参考にしてみてください。 「お申し付けください」の英語の使い方は? 「お申し付けください」の英語の使い方は数パターンある 「お申し付けください」の英語の使い方については数パターン存在します。 「お申し付けください」という言葉は日本語に直すと「言ってください」「伝えてください」「教えてください」「指示してください」など、様々な言い方ができますのでそれぞれを英語に直すと、使われる英語表現も違ってくることになります。 「お申し付けください」をはじめとした日本語表現は意味が一つと決まっていませんので、その都度その状況にふさわしい一般的な日本語表現を考えて、それを英語に直す作業が必要となります。 そのため、その状況に合わせてその都度翻訳をする必要性が出てくるのです。 これはほかの表現の英訳にも同様に言えることです。 「お申し付けください」の英語の使い方の例文 「お申し付けください」の英語の使い方の例文を紹介します。 英語の表現では「~ください」という表現は命令形に当たりますので、それを丁寧な表現にするには「Please」という単語を使うのが一般的になりますので、まず一つ目の例文については「Please」を使った命令形の表現を紹介しています。 そして2つ目の表現は中学英語でも出てくるのですが「あなたは~できる」という表現です。 これは命令形ではないのですが英語ではこういう表現をすることで「必要なことを気軽に言っていいんだな」という認識を顧客側が持ちますので日本語の「お申し付けください」と同じ効果が期待できる表現となるので覚えておきましょう。 「お申し付けください」の英語の使い方の例文• ・Please tell us everything you hope. (あなたが望むことを何でも言ってください)• ・You can request what you need. (必要なことは何でも言ってください) 「お申し付けください」を使いこなしてビジネスでの印象値を上げよう! 「お申し付けください」という表現を使いこなすことでビジネスシーンでのコミュニケーション力が格段に上がることでしょう。 「お申し付けください」という表現は様々なシーンでその状況に合わせて活用することができます。 ここで紹介した「お申し付けください」の情報を、今後のビジネスに生かしてもらえたらうれしいです!.

次の