ネモフィラ 意味。 ネモフィラの花言葉の由来、まるで初恋の様な清々しい神話

ネモフィラの花言葉の由来、まるで初恋の様な清々しい神話

ネモフィラ 意味

ネモフィラの花言葉 ネモフィラの花言葉は3種類あります。 詳しい内容を見ていきましょう。 ネモフィラの花言葉は、縁起が良いから人に贈りやすい 【1】ネモフィラの花言葉 どこでも成功 【2】ネモフィラの花言葉 可憐 【3】ネモフィラの花言葉 愛国心 ネモフィラの花言葉、どの言葉も縁起のいい言葉ばかりなので、人に贈る花言葉としておすすめです。 まずは、 「どこでも成功」という花言葉。 仕事でも学業でも、何か挑戦しようとしている人に贈ると良い言葉です。 また、引っ越しや転勤などで新たな環境に挑戦する人にも適した花言葉です。 縁起が良い言葉なので、喜ばれることでしょう。 そして、 「可憐」という花言葉。 可憐はかわいらしいというニュアンスの意味なので、女性にピッタリです。 特に未成年の女の子にピッタリの言葉です。 最後に、 「愛国心」という花言葉。 自衛隊の人や右翼の人に向いている花言葉です。 自衛隊や右翼の人にとっては、愛国心という言葉は縁起の良い言葉に当たるので、贈ってもおかしくない言葉でしょう。 ネモフィラ以外の花言葉を調べたい場合 ネモフィラの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからネモフィラの花言葉以外の花言葉を調べることができます。 花を指定して花言葉を探したい場合… へ• 花言葉を指定して花を選びたい場合… へ ネモフィラという植物について ネモフィラという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。 匍匐性 ほふくせい があるため、ネモフィラを多く植えると、満開になった時はそれは見事なものです。 特に、茨城県の内のみはらしの丘のネモフィラは有名で、 みはらしの丘のネモフィラが開花した有り様は、まるで天国にいるかのような素晴らしい景観です。 By 日本における、ネモフィラは大体、ゴールデンウィーク頃が見頃になります。 ちょうど大型連休と重なるので、ネモフィラの丘へ見に行っても良いでしょう。 誕生日の花としてのネモフィラ ネモフィラは、以下の月日の誕生日の花です。 そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてネモフィラの花をプレゼントすることは良いことです。 しかし、ネモフィラ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のネモフィラ以外の誕生花を調べてください。 ネモフィラの英語と名前の由来 ネモフィラの英語とその英語の由来、またネモフィラの和名とその和名の由来をご紹介致します。 ネモフィラは英語で Nemophila。 その言葉の由来とは? 匍匐性があるため、森一面に見られる植物です。 そのため、「森を愛する」という意味のギリシャ語が由来のNemophilaという英語になりました。 ネモフィラの和名は、 瑠璃唐草 ルリカラクサ。 その言葉の由来とは? ネモフィラの葉の形が唐草模様に似ており、花の色が瑠璃色に近いため、瑠璃唐草になりました。 ネモフィラの花はどんな花? By ネモフィラの花は、小ぶりの青い花が有名ですが、実は品種によって花の色が違います。 有名な品種は以下の通りです。 ネモフィラ・メンジーシー インシグニスブルー …澄んだ青色が特徴的な花です。 ネモフィラ・マクラータ ファイブスポット …白色の花で、花びらの先端に紫色の斑点がある花です。 ネモフィラ・スノーストーム…名前の通り、真っ白な花の色です。 ネモフィラ・ペニーブラック…濃い紫色の花で、花に白色の縁取りがあります。 カテゴリー• 470• 215• 145• 1,007• 379• 366• 615•

次の

ネモフィラの花言葉や誕生花・特徴・由来・英名など一挙紹介!

ネモフィラ 意味

ネモフィラの基本情報• 植物名:ネモフィラ• 科名:ムラサキ科(ハゼリソウ科)• 学名:Nemophila maculata• 属名:ネモフィラ属• 別名: ルリカラクサ (瑠璃唐草)• 開花期:3月~5月• 分類:耐寒性1年草• 草丈:20~25cm前後• 耐寒性 : 強• 耐陰性:弱(日当たりが必要です)• 原産地:カリフォルニア ネモフィラとは?特徴も ネモフィラは、北アメリカに10数種が分布する、 ムラサキ科の花後に枯れる一年草です。 秋にタネをまくと春に花を咲かせます。 草丈はあまり高くなりませんが、細かく枝分かれして横方向によく茂ります。 花色は青空のようなブルー のメンジェシー種が有名です。 花色はブルーの他に、白、黒に近い濃紫などの品種があります。 満開時は株を覆うくらいの花を付けます。 1株でもボリュームが出ますが、複数株植えると満開時は見事で花壇に適しています。 葉っぱは細長くて細かく切れ込み、そこからルリカラクサの和名があります。 最近、ネモフィラは、国営ひたち海浜公園をはじめとした公共施設などの広い花壇で植栽されて有名になったことから、ご存知の方も多い草花ではないでしょうか。 ネモフィラを広い空間に植えると、ほふく性の性質なので一面ブルーのカーペットような状態になり、満開時はそれは見事な風景です。 グランドカバーや花壇の前面、鉢植えのネモフィラは、コンテナの脇に植えたり、垂れるように咲くのでハンギングにも向いています。 ネモフィラの花は? ネモフィラの苗は年明け~2月あたりから苗が出回り始めますが、実際のネモフィラの 開花時期は3月~5月くらいまでの一年草です。 長日で開花するネモフィラは、多肉質の繊細な茎の先に愛らしい花を咲かせます。 種類によって色が異なり、青と白、紫と白、真っ白といったカラーの花を、株を覆うほどに数多く咲かせます。 花の中心部には、黒い点が5つ見られます。 なお葉も様々な色をしており、タマゴ型や楕円形の羽状の複葉で、切り込みが入っているものもあります。 ネモフィラの育て方 栽培環境・日当たり・置き場 ネモフィラは、日照が多く、冷涼な気候を好みます。 秋まきの一年草ですが、寒冷地では春まきも可能です。 長日で開花します。 葉が茂りすぎると通気性が悪くなり蒸れるので適宜、間引きします。 耐寒性は高いので霜や凍結を避ければ十分屋外でOK。 逆に室内だと間延びしてしまいます。 終わりかけの花は早めに取り除いてください。 耐暑性は低いですがもともと夏前には終わるお花です。 水やり 少し乾燥気味にします。 多湿は根腐れや病気の原因となります。 水はけをよくしておいて、完全に土表面が乾いてから、たっぷりと与えるようにします。 肥料 肥料は控えめで、庭植えではほとんど必要ありません。 肥料分が多いと徒長して軟弱に育ちます。 鉢植えでは、春先に追肥のイメージで固形肥料を株周りに2~3粒、一回与えれば十分です。 病気と害虫 病気:灰色かび病・ウドン粉病に注意 日当たり、風通しが悪い場合や、多肥多湿の環境だと、葉にカビが生えて腐らせる灰色かび病が出やすくなります。 害虫:アブラムシ 春になると出やすくなります。 見つけしだい早めに防除します。 用土(鉢植え) 水はけのよい用土であれば特に選びません。 市販の草花向けの培養土も利用できます。 肥料分の多いものは使わないほうがよいでしょう。 ネモフィラは水はけのよい、乾燥気味の土であれば、特に問題ありません。 そのため、市販の草花向けの培養土でも育成は可能です。 ただし肥料分の多いものは、使わないほうが美しく生長させられるでしょう。 なお自作で配合する場合、鉢植えの場合は、赤玉土小粒6・腐葉土4の割合の配合土にしてください。 植えつけ、 植え替え ポット苗の流通が多く、2月からぐらいから4月頃まで出回ります。 購入した苗など植え替え時は根を傷めないように注意します。 また深植えはよくありません。 苗が不安定なようなら、株元をバークチップや小砂利などで固定します。 ふやし方 タネまき:ネモフィラを増やす方法は種まきが基本です。 環境の変化に弱い性質から苗を移植するのが難しいため、約10センチほど感覚を空けつつ、庭の土やプランターに直接種を撒いて、弱い芽を間引きしつつ育てる必要があります。 春に花が咲き、ネモフィラが枯れる5月〜6月に種を採種したら、それらを秋まで乾燥し貯蔵しておきます。 そして9月〜11月の間に秋播きしましょう。 軽く覆土しておけば、10日ほどで発芽するでしょう。 直まきの場合、株間10cm以上になるよう間引きを行います。 主な作業 霜よけ、マルチング:冬期、霜柱などで苗が浮き上がらないよう注意します。 霜よけやマルチングが有効です。 また、水はけをよくして、余分な水分が残らないようにしておくことも大切です。 葉にたくさんの白い斑点がありました。 どの苗も全部の葉に直径2mm程度の小さい斑点が10数個ずつあります。 初めて育てた方はビックリしますよね。 これは 実は病気ではないんです。 サカタのタネのサイトや、ネモフィラの苗を販売しているサイトにも・・・ ネモフィラは、葉に白い斑点が出ることがありますが 生理現象であり病気ではないのでご安心下さい!! と、注意事項が記載してあります。 また この白い斑点は、特にブルーのネモフィラに多く出る特徴のようです。 ただ一方で 「ウドンコ病」という病気の見え方も白い粉状のものが付きます。 しかし、ウドンコ病であれば枯れてきますし、葉の表面が白く粉をかぶったようになるので、斑点とは少し様子が違うため見分けがつくと思います。 ネモフィラの特徴の斑点だとしたら問題なく元気に育ってくれます。 そのまま気にせず、育てて下さいね。 小さな花が次々とたくさん咲いてくれるのを楽しみに育てたいと思います。 今回は『 ネモフィラの育て方や特徴|葉に白い斑点が出たら?原因や対処方法も!』のタイトルで、お届け致しました。 それでは以上になります。 最後までご覧頂きありがとうございました。 少しでもこの記事が、お役に立てれば嬉しいです。

次の

ネモフィラの花言葉/アメリカ生まれの超ポジティブ花言葉!

ネモフィラ 意味

夏の水やり ネモフィラは秋播きの一年草のため、夏には枯れてしまうので水やりは必要ありません。 冬の水やり 冬はまさにネモフィラが生長する時期です。 とはいえ、鉢の土の表面が乾いたら、都度水を与える程度で問題ありません。 ネモフィラの肥料・追肥 ネモフィラは、水や肥料が多すぎると茎葉が異常に茂り、背丈が高くなり草姿が大幅に乱れるなど、軟弱に育ってしまいます。 そのため、肥料を与える場合には少量ずつということを心がける必要があります。 鉢植え・プランター植えの場合には、緩効性化成肥料を置き肥として、葉の色がよくなくなった際には液体肥料を足す程度で問題ありません。 一方、地植えの場合には、肥料は元肥も控えめに与えておいたうえで、植え付けましょう。 その後は葉色が悪くなったときにだけ、即効性化成肥料を足すぐらいで大丈夫です。 頻度としては年2回ほど。 もしくは春・秋に月1~2回液体肥料を与えるのもよいでしょう。 比較的冷涼な気候を好む耐寒性一年草なので、特別な防寒なども必要ありません。 暖地ならばむしろ露地植えでも、充分に越冬が可能です。 軒下で育てるか、もしくは霜が降りなくなる春に植えてしまいましょう。 ネモフィラの育て方で注意すべき病気・害虫 ネモフィラを育てる際に注意すべき病気は、ウドンコ病、灰被病でしょう。 ウドンコ病というのは、葉や茎の表面が白い粉にみえるカビで覆われる病気です。 発見したら早い段階で、殺菌剤をまいて病気の広がりを抑制しましょう。 一方の灰色カビ病は、多湿状態で起こりやすい病気になっています。 菌による病気であり、茎や葉が溶けるようにして腐っていくのが特徴です。 その都度、茎、葉が混み合っていれば間引き、傷んだ花をこまめに取り除くことが対策となるでしょう。 ネモフィラはどんな花を咲かせる? ネモフィラには様々な種類がありますが、中でも人気なのは「ネモフィラ・メンジーシー」でしょう。 花の中心が雲のように白く、まるで青い空のような花を咲かせるのが特徴です。 花色は他にも紫や白いものもあります。 その他にも、5つの花びらの先に点々とした濃紺の斑点の入った「ファイブ・スポット」や、花弁が黒紫色でレースのような白い縁取りのついた「ネモフィラ・ペニー・ブラック」、白の斑点模様の入った「ネモフィラ・スノーストーム」などが挙げられます。 ネモフィラの風水 青色の「ネモフィラ・メンジーシー」は、イライラを抑制し、精神的に落ち着かせる効果があるとされています。 なお、東南方位に赤・桃色の花と一緒に飾れば、「こんな人が理想」というパワーを発揮してくれます。 ネモフィラの花言葉 属名であるNemophila(ネモフィラ)とは、ギリシャ語で「nemos」(意味:小さな森)と「phileo」(意味:愛する)を組み合わせた言葉です。 ネモフィラの原種が、森の周辺にある明るい日向に生息していることに由来しています。 このネモフィラという言葉を冠した「ネモフィラの花」というギリシャ神話が存在しています。 内容は、深く愛し合っていた男女が、男の「彼女と結ばれるならば死んでもいい」という神への誓いが原因で男が死に、一人取り残されたネモフィラという女性が、男を追って天国まで来て泣き崩れる姿を哀れに思った神が彼女を花に変えたというものです。 蛇足ですが、ネモフィラは、英語でその姿かたちから「Baby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」、日本では瑠璃唐草と呼ばれています。 ネモフィラの育て方はポイントを抑えれば簡単! 今回は可憐な少女のような花・ネモフィラの育て方について簡単にご紹介しました。 ネモフィラは水やりの手間があまりかからず育てやすいですが、美しく咲かせるには、手入れとチェックが多少欠かせません。 先に紹介させていただいたこと以外にも、開花している間に、花柄や枯れた葉をこまめに摘み取るなどの剪定も行うようにしてください。 また湿気が籠るのも嫌うため、密生し始めたら下草の部分を刈り込んで風通しを良くしましょう。 冬には霜柱などで苗が浮き上がらないように、霜よけやマルチングも必要です。 大事に育てれば、きっともっと愛らしく咲いてくれますよ。

次の