マチコ先生に抗議する会。 まいっちんぐマチコ先生 【概要・あらすじ・主題歌・登場人物・声優】 | いっぱいアニメを楽しもう

まいっちんぐマチコ先生

マチコ先生に抗議する会

検索 YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your quota. 1980年代前半にテレビアニメを中心に人気を博し、「まいっちんぐ! 」というセリフが当時ブームとなっていた。 1990年代後半からかつてのファンを中心にリバイバルブームとなり、単行本の再版のみならず新作も発表され、さらにはCDドラマ、実写化もされた。 非常に人気があったが、毎回乳房の露出があるという性質上PTAなどからの苦情も多かった。 1982年には京都で「マチコ先生に抗議する会」まで結成された。 原作者は、後に「友情の大切さを描いたつもりだったが、PTAの人達に理解してもらうことは難しかった」と語っている。 また「マチコ先生に抗議する会」結成と同時期に、近畿地方の放送局が広域放送局の読売テレビからテレビ大阪(大阪府域局)と奈良テレビ(奈良県域局)に放映権が移行したため、滋賀・京都・和歌山・兵庫の4府県では事実上放送が打ち切られた。 このような中、『マチコ先生』に対する抗議行動として学研の学習誌の不買運動に発展、学研としては『チャレンジ』での連載を打ち切ることにした。 なお、この打ち切りに伴い講談社への移籍も計画されていたが、学研側からの慰留により『アニメディア』、『中2コース』の連載が開始している。 話の最後にはだいたいマチコ先生の乳房(ボイン)が丸出しになる。 登場人物 (説明はWikipediaより) 麻衣 マチコ 声 — 吉田理保子 私立あらま学園に赴任した、ホルスタインを髣髴させる、グラマラスな女性教師。 担当教科は理科。 本作のヒロイン。 京都出身。 連載初期は、ケン太ら生徒から受けるセクハラ行為に怒っていたが、後に「まいっちんぐ! 」の台詞だけで、慣れた様子。 アニメでは、社会科の授業を行った。 好物はカレーうどん。 タラコが嫌い。 イタズラとマチコが大好き。 いつもマチコに対してセクハラ行為をするが、セクハラ行為は女子生徒にもする。 勉強は苦手。 スポーツ万能で、結構男気が有る為か人間的な人気は結構あったりする。 カメ 声 — つかせのりこ 通称・カメ。 渦巻きメガネがトレードマーク。 ケン太とは幼馴染であり、ケン太を「おやびん」と呼んでいる。 たまにブチ切れることがあるが、普段は冷静かつ内気な性格。 アニメでは語尾に「~ッス」が付く。 金三 声 — 龍田直樹 体型はまる子と同じ肥満体型である。 原作ではケン太と亀と敵対する番長グループのボスであったが、アニメでは一人称は「僕ちゃん」の気の弱いキャラ。 アニメでは語尾に「~だもん」が付く。 プロレスが好き。 アニメではケン太、亀、金三のトリオで行動することが多いが、原作ではあまり出てこない。 山形先生 声 — 千葉繁 あらま学園一の地味でダサい顔で短足のブオトコの変態教師。 エッチな妄想癖があり、「あかぱらち~」が口癖。 マチコにストーカー行為をし、休日には彼女をデートに誘おうとするが、いつもいい所でケン太達に邪魔される。 愛車はポンコツ。 驚くと顔が「エッ」の文字になる。 アニメでは、第1話からすでに変態だった。 実はでべそで、カナヅチ。 校長 声 — 大竹宏 何事も穏やかな一見いい加減そうに見える、あらま学園の校長。 マチコの入浴シーンを覗いたり、生徒たちと一緒にセクハラ行為をすることも。 ただし、教育者としては、しっかりとした考え方を持つ人格者。 愛知教頭 声 — 松金よね子 あらま学園の教頭。 見た目は老婆。 学園内では唯一の常識人であり、教育に熱心である。 ケン太達が騒動を起こすといつも、「日本の教育は終わった」と絶望したり、めまいを起こして失神する。 実は入れ歯。 福岡先生 声 — 塩沢兼人 鹿児島先生 声 — 塩沢兼人 青森先生 声 — 辻村真人 まどか 声 — 滝沢久美子 ケン太達のクラスの女子。 ほとんどの男子を魅了するほどの美人生徒。 金三曰く「クラスのマドンナ」。 テンコ 声 — 高木早苗 ヒロミの親友。 Aカップの貧乳で、気が強い女の子。 茶髪系のショートヘア。 ケン太に「ぺちゃぱい」と揶揄されることもしばしば。 ヒロミ 声 — 安達忍、重田千穂子 ケン太の同級生。 好奇心旺盛、すぐ脱ぎたがる癖がある。 黒髪のおかっぱがトレードマーク。 最近の作品では出番が減っている。 ヒロシとよい関係である。 女子生徒の殆んどは、中学生としては不自然なほどの体型である。 まる子 声 — 鈴木三枝 肥満体系の女子。 家は魚屋。 ケン太が好き。 力が強く、プロレスも強い。 一見乱暴そうに見えるが、心は非常に優しい。 ヒロシ 声 — 鈴木富子 ケン太のクラスの生徒。 秀才でかなり頭が良く、東京大学に行くつもり。 当初は勉強ばかりして周りと疎遠していた無愛想なキャラだったが、だんだんとクラスに馴染んでいった。 ヒロミとよい関係である。 後半はわけの分からない機械を発明したり、マチコを好きになったりと変なところも多い。

次の

えびはら武司プロフィール

マチコ先生に抗議する会

子供たちのエッチなイタズラを「まいっちんぐ〜」のひと言でやり過ごしてしまう、ご存じ「まいっちんぐマチコ先生」。 * マチコ先生=麻衣マチコといえば、いわゆるトランジスタグラマー体型が頭に浮かぶ。 「あんまり意識したことがないんだよね。 特にモデルとかもいないし。 ただ当時、アグネス・ラムちゃんとか宮崎美子さんが人気で、そのイメージが無意識にあったのかもしれない。 あと、大場久美子。 好きだったんですよ(笑)。 彼女、けっこうボインだしね。 もっとも、作画する時に使ったことはないな。 髪型くらいかな、意識したとしたら」 そんなマチコ先生は、イタズラ児童のケン太にスカートをめくられ、お約束の「決めゼリフ」を言うシーンが定番だ。 「実はね、みんなが思っているほどスカートめくりは描いてないんだよね。 描きにくいし、むしろスカートをはいていないパンティ姿のほうが多かった。 連載スタート直後にアニメが始まったんだけど、恐らくそのイメージが強いんだと思う。 アニメでは確かに多かったかもしれないね」 事実、アニメ化の影響は大きく、関西地方ではマチコ先生に抗議するPTAの会のようなものまでできたという。 ただし、 「編集サイドがずっと対応してくれていた。 僕は描いていればいいと。 「まいっちんぐポーズも、当初は決まっていなかったんだよね。 (アニメの)プロデューサーの方がモデルさんを連れてきて、ポーズを決めよう、と。 マンガの中では『まいっちんぐ』という言葉は使ってたけど、キメポーズまではなかった。 お恥ずかしい話だけどね」 もっとも、マチコ先生の人物設定にはえびはら氏の強いこだわりがあった。 「当時、『金八先生』とか学園ものがはやっていた。 いわゆる熱血ドラマ。 でも、僕はそうしたくなかった。 女性だし、逆にまったく説教しない先生にしようと。 そうそう、僕が中学生の時に、怒らない女性の先生がいてね。 それどころか、生徒にいじめられて泣いちゃうみたいな。 それも心のどこかにあったのかなぁ」 さらにマチコ先生には、こんな「秘密」も。 昭和から平成にかけて進化を続けているというのだ。 昔は4等身、5等身だったのが、読者の年齢が上がってきている現実もあり、 「じゃ、グッとアダルトにしようと、8等身に。 今考えているのは、アダルトになったマチコ先生の映画化ですよ。 どこかでやりたいね。 カラミとか? それは他(の作品)がやってるし、マチコには求められていないと思うよ(笑)」 主演は誰なんだろうか。 113• 193• 587• 220• 48 recent comment.

次の

団塊Jr.が泣く! : まいっちんぐマチコ先生

マチコ先生に抗議する会

男子のみなさん、お待たせしました。 みなさんのアイドル「まいっちんぐマチコ先生」が帰ってきますよ。 不買運動も起こっていた?映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生」ネタバレあらすじ?子供に見せられない漫画だった? 「まいっちんぐマチコ先生」とは、えびはら武司原作の子供向けのちょっとエッチなギャグ漫画です。 私立あらま学園のグラマラスな女性教師・麻衣マチコ(23)先生が主人公です。 物語は中学2年のマチコ先生のクラスの池上ケン太が、マチコ先生に対するエッチないたずらが毎回のお約束です。 1980年代前半に、テレビアニメが放送されると大人気になります。 あまりの人気ぶりに、京都ではPTAが「マチコ先生に抗議する会」が結成するほどでした。 また、漫画の発行元の学研が、発行していた全ての学習誌の不買運動にまで発展します。 学研はあまりの抗議運動の強さに驚き、連載の打ち切りを決断します。 ところが子供たちからの圧倒的な人気が凄まじいことから、再び「アニメディア」「中2コース」での連載が開始されることになります。 本作の物語はケン太たちが卒業した10年後からスタートします。 あらま学園を卒業して10年が経ち、池上ケンタ(村上純)は漫画家になる夢を叶えて上京していました。 ところが、ケンタはなぜか漫画が描けなくなり、スランプに陥ってしまいます。 そんな時、ケンタの幼なじみで、現在あらま学園の体育教師になった網走金三(池田一真)から突如連絡が入ります。 金三によると、学園が取り壊しになるので帰ってきてくれないかというものでした。 ケンタは漫画がスランプ気味だったことから、気分転換も兼ねて田舎に帰ることにしました。 ケンタは、旧友のカメこと亀山タマ夫(関町知弘)、成城ヒロミ(増田有華)、金三と久々の再会を喜びました。 その後「あらま学園取り壊し反対メンバー」に名を連ねます。 そんな時ケンタは、あらま学園の女教師、高代響子(華村あすか)と出会います。 ケンタは響子に、中学時代の恩師マチコ先生(大澤玲美)の面影を見出します。 するとケンタに、マチコ先生との楽しかった想い出が蘇ります。 マチコ先生との日々を思い出すうちに、ケンタは徐々に漫画を描く楽しさを取り戻しつつありました。 ところがそんな時、ケンタたちは取り壊し推進派の中心人物、松本ヒロシ(前田けゑ)と君嶋ナナオ(鈴木まりや)との全面対決へと突入していくのでした。 本作の公開予定日は2018年9月8日、配給元は不明です。 ナイスバディ?映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生」マチコ先生役は?主題歌も気になる?先行動画はエロいのか? 本作で麻衣マチコ役を熱演されたのが大澤玲美さんです。 2011年からcutestyleのイメージモデルを皮切りに、モデルデビューをされます。 また大澤玲美さんを一躍全国区の知名度に押し上げたのは、雑誌「popteen」でした。 大澤玲美さんはナイスバディの持ち主なので、今回のマチコ先生役にはピッタリですね。 そして、本作の主題歌「はi-nos綾(ryo)」さんが歌われます。 映画「初恋スケッチ~まいっちんぐマチコ先生」はどんな見どころがあるのか?PTA大激怒の見どころ大公開? 本作のみどころは、ケンタの学生時代の回想シーンです。 もちろんケンタの回想シーンの全てには、マチコ先生が登場してきます。 ボインでグラマーなマチコ先生の「パンチラ」シーンももちろん見られますよ。 そしてケンタが、漫画家になろうと決めたのも大好きなマチコ先生の一言でした。 マチコ先生はケンタの青春の全てだったのです。 実はマチコ先生は、もの凄い人気のある漫画で、過去にアニメ化はもちろんオリジナルビデオや劇場版映画も何本も作られています。 マチコ先生役にはその時代のグラビアクイーンが抜擢されており、グラビアクイーンの登竜門的作品でもあります。 元々の「まいっちんぐマチコ先生」の原作はエッチでおバカな話ですが、今作はみなさんの青春の中の1ページを描いたようなストーリーになっています。 みなさんも映画館でご覧になってみてはいかがでしょうか。

次の